日本のテニス界は最高にエキサイティングだ!

テニスマニア1

ATP1000 アンディ・マリー

アンディマリーのランキング推移!1位のためのパリバの条件は?

アンディマリーが2016年年内に世界ランキング1位の座を得る可能性があります。
果たして、初めての世界ランキング1位になれるのでしょうか。>>なりました!ツアーファイナル決勝、2戦連続で同大会最長時間の試合をこなした後で決勝でジョコビッチに勝つとは思いませんでした。
これまでのランキングの推移と、年内1位のためのパリバマスターズでの条件を見てみましょう。

[ad#da-1]

アンディ・マリーのランキング推移!

まずはアンディマリー選手のプロフィールと評価をまとめてみました。

アンディ・マリーのプロフ

生年月日:1987年5月5日(現在29歳)
出身:スコットランド
国籍:イギリス
身長:190cm
体重:84㎏
右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち
世界ランキング2位(2016年10月31日時点)
その他:小学校の時ダンブレーン事件という世界を震撼させた事件に遭遇。
小学校自体は16名の生徒と教員1名があやめられ、マリーは机の下に隠れて難を逃れたことが有名。

ロンドン五輪とリオ五輪の両大会において、シングルスではオリンピック史上初となる連覇を成し遂げました。
また、4大大会では3度の優勝を果たしています。(地元全英で2度、全米1)

男子プロテニス界において”BIG4”と呼ばれる素晴らしい成績を残した選手の一人です。
ディフェンス重視で派手なプレーではありませんが、強くて重たいボールを打ち込みポイントを奪います。
安定した高い勝率を誇り、守りの中からの攻めに定評があります。
しかし、BIG4なのにまだ一度も1位を獲っていないという、1位と縁がない選手という印象もあります。

個人的にはマリーはキレやすいのであまり好きではありません。
ジョコビッチもキレますが、普段はそれをカバーするくらい面白いので私はジョコビッチの方が好き。

ランキング推移

これまでのランキング推移を見てみましょう。

2016年のマリー選手は5月に一度ランキングを3位に落としましたが、それ以外は1位のジョコビッチ選手を追う形で2位をキープしています。

ランキング推移 年間編

murry2016last

ランキング推移 詳細編

*(確認できたものをつなぎ合わせたものとなります。細かい部分の正確性は保証できません)

murry_syosairank

ジョコビッチとの差2016/11

現在ランキング1位のジョコビッチ選手とのポイント差はどうなっているでしょうか。

10月31日時点でのポイント差は1915ポイントです。
1位:ジョコビッチ 12900p
2位:マリー  10985p
シーズン開幕からランキング1位のジョコビッチ選手の独走状態でしたが、7月にマリー選手がポイント差を詰め、次のパリバマスターズの結果次第では十分に1位を狙えるところにいます。

[ad#da-1]

マリー選手が世界ランキング1位になるための条件は何でしょうか?

まずパリバのポイントですが以下のようになっています。

優勝 1000
準優勝 600
準決勝 360
準々決勝 180
3回戦 90
2回戦 45
1回戦 10
予選勝者 25
予選2回戦 16
予選1回戦 0

去年はジョコビッチ優勝・マリー準優勝なので、失効ポイントを計算すると、
ジョコビッチ:11900p
マリー   :10385p
すなわちその差は525pだけなのです!

マリーが世界ランキング1位になるには、マリー選手がパリバマスターズで優勝し、ジョコビッチ選手が決勝進出を逃す、もしくはそれ以下の時。
もしくはマリーが準優勝以上で、ジョコビッチが2回戦以下ならそうなります。

どちらにせよマリーは決勝進出は最低条件となります。
ジョコビッチも簡単には1位の座を渡さないと思います。が、ラケット破壊は見れそうな気が...

ネットの反応・予想は?

ネット上では以下のような反応が上がっています。

「マリー1位の可能性も十分にある」
「悲願の世界ランク1位になって欲しい」
「ジョコビッチの独占はそろそろ終わるといいな」
「1位がすぐそこまできた。マリー頑張れ!」
「楽しみで仕方がない」
「1位になったら嬉しすぎて卒倒しそう」
「いよいよマリー1位が現実味を帯びてきた」
「マリーのランキング1位になったところを是非見てみたい」

「ジョコは簡単には譲らないよ」
「ジョコが死守するね」
「マリーは好きじゃないし」

出典:yahoo!リアルタイム検索

これまでBIG4と言われながらもランキング1位の座に手が届かなかったマリー選手ですが、いよいよ悲願のランキング1位がすぐそこに見えてきました。
史上初のシングルス連覇を成し遂げたリオ五輪終了後には「来年はランキング1位になりたい」と話していましたが(今も年初にはと話している)、今シーズン中にもそれが叶う可能性が出てきたことにワクワク感を覚えるとともに、マリー選手の強さを感じます。

やはり2015年の結婚が転機なのでしょうかね。結婚したことで2位からブレイクする力を得たのかもしれません。
そして、忘れてはならないのは大変残念な、フェデラー・ナダルの陥落もあるでしょう。フェデラーは34なので仕方ないと思います。
錦織選手にマリーの勢いを止めてほしいところです。

マリーは育毛対策とかするのかしらん。
[ad#da-1]

-ATP1000, アンディ・マリー
-

Copyright© テニスマニア1 , 2019 All Rights Reserved.