日本のテニス界は最高にエキサイティングだ!

テニスマニア1

デルポトロ 錦織圭・対戦成績

デルポトロと錦織圭の対戦成績と5分でよくわかるポトロ評価まとめ

2009年全米オープン王者のフアン・マルティン・デル・ポトロ選手がどのような評価の選手かご紹介します。
また、錦織圭との対戦成績も合わせて紹介していきます。
それでは見ていきましょう。

つぶらな瞳で優しい性格っぽいデルポトロにはファンが多い。そして、実際強い。ネックは怪我

デルポトロと錦織圭の対戦成績

まずは、ファン・マルティン・デルポトロと錦織圭の対戦成績からです。

錦織の2勝6敗で2012年までは4連敗の相手でしたが、2016年のスイスインドアバーゼルにて初の勝利をもぎ取りました。2016年以降は2勝2敗です。

■全米オープン 4回戦(Hard Court)
09/02/2008 ●錦織圭 vs デルポトロ〇 0 : 3 (3 : 6) (4 : 6) (3 : 6)

■SAPオープン 準々決勝(Indoor Hard Court)
02/13/2009 ●錦織圭 vs デルポトロ〇 0 : 2 (2 : 6) (2 : 6)

■ウィンブルドン選手権 3回戦(Grass Court)
06/30/2012 ●錦織圭 vs デルポトロ〇 0 : 3 (3 : 6) (6 : 7) (1 : 6)

■オリンピック男子シングルス 準々決勝(Clay Court)
08/12/2012 ●錦織圭vs デルポトロ〇 0 : 2 (4 : 6) (6 : 7)

■スイスインドアバーゼル2016 準々決勝(Hard Court)
10/27/2016 〇錦織圭vs デルポトロ● 2 : 0 (7 : 5) (6 : 4)
>>強烈なサーブに戸惑っている印象だったがしっかりと自分のサービスはキープ。長いラリーだったり、ジュースが続き、見ている方も苦しくなるような我慢比べの中、少ないチャンスをものにして勝利。デルポトロは後半は疲労が見えたか。

■ローママスターズ2017( Tennis Clay Court )
05/18/2017  ●錦織圭 - デルポトロ〇 0 : 2 (6 : 7) (3 : 6)

■シティーオープン2017(Hard Court)
08/04/2017 ●デルポトロ - 錦織圭〇 0 : 2 (4 : 6) (5 : 7)

■マイアミオープン
03/25/2018,   〇デルポトロ - 錦織圭● 2 : 0 (6 : 2) (6 : 2)

このように過去2勝6敗で錦織の劣勢ですが、負けは2012年までなので単純にデルポトロに分があるとはいえないでしょう。錦織選手が覚醒した2014年以降は2勝2敗の互角です。

2017年だったかな、復活しかけたけど、やっぱり怪我には勝てないか...

全米オープンでも、ワウリンカかデルポトロ、どちらかが準決勝に来る、という時に「デルポトロが来たら嫌だな」とこぼしていたのは
苦手意識、または対策が出来てないことから来るのでしょう。
>>追記
2016年10月のスイスバーゼルで過去の汚名を果たすようにストレート勝ちをしました。やはり錦織選手の方が上と言えるでしょう。
見た目は地味なのですが、本当にちょっとしたことや、ちょっとしたことでブレない淡々としたプレーで勝利をつかむという感じ。相手を圧倒する感じではないですが、体格に一番合った勝ち方と言えるでしょう。

では次にデルポトロのプロフィールです。

フアン・マルティン・デル・ポトロのプロフィール

フアン・マルティン・デル・ポトロのプロフィールをシェアしていきます。

出身:アルゼンチン・タンディル
出生:同上
年齢:1988年9月23日生まれの31歳
身長:198cm
体重:97kg
バックハンド:両手
特徴:高い身長を活かしたパワフルなサーブバックハンドも安定
世界ランキング:最高4位(2010/01) 2019年12月現在123位
ラケット破壊:あまりしない
その他:2009全米覇者

デルポトロは198cmという高い身長を活かした強烈なサーブが武器の選手です。
2009年全米オープン王者まで上り詰めた時は彼の時代が来るのかと思われました。
しかし、怪我に悩まされ、復活しかけては怪我、また復活しかけては怪我の繰り返しです。

スイスインドアバーゼルなんかでも2012,13と2連覇していますが、
現在はあまり活躍が見られません。やはり何度も見舞われた怪我によるものです。
何度もブランクを経験し、試合にまともに出られない年もありました。しかし懸命にリハビリを続け見事に復帰。
2016年のリオ五輪であのジョコビッチを破り、復活の兆しを見せ始めています。

また、見た目の通り、非常につぶらな目をしています。
先日の全米オープンでは、ワウリンカとの対戦の後半、負けを悟ったのか最後の方涙を流していました。
心は純なままのようです。だからこそ、彼のファンは世界に多く、今でも彼のカムバックを待ち望んでいる人は大勢いるのです。

デルポトロの一般的なみんなの評価

ではここで、デルポトロのネットでの評価を紹介します。

パワフルなプレーが魅力
故障したのがもったいない
守備力もある
怪我がなければ世界トップクラス
完全復活したらもっと上にいける
サーブが強力
バックハンドも上手いし、フォアハンドがやばい。大きいのに器用なんだよ。
デルポトロ最強説

出典:twitter

*リオ五輪表彰台

まとめ

デルポトロは単純な能力だけ見れば本当に世界トップクラスの選手です。
ですが、どうしても度重なる故障が彼の評価を下げてしまいます。
2016年は完全に復帰したとの見方も強く、実際五輪でジョコビッチを打ち破るほどなので、彼本来の調子が戻ってきているようです、がやはりその後落ちました...。

彼のパワフルなプレーは本当に魅力ですし、それに加えてバックハンドや守備の確かな技術が「デルポトロ最強説」に真実味を与えているのではないでしょうか。
ぜひこれからテニス観戦をするときは、デルポトロの快進撃を期待してご覧になると良いと思います。

最後に公式動画によるデルポトロのテニスを見てみましょう。あのつぶらな目からは想像もつかない素晴らしいパワフルなテニスをします。
実は五輪決勝でマレーに負けた後、デビスカップでリベンジしたのです。

-デルポトロ, 錦織圭・対戦成績

Copyright© テニスマニア1 , 2019 All Rights Reserved.