男子テニス

錦織圭の身長が低いのは致命的なのか?海外選手や歴代で比べてみた結果

錦織圭選手の身長が低いのは致命的なのか?数字を見ればハっとするような事実が浮かび上がります。

日本テニス会のエースである錦織圭選手のグランドスラム大会2014年の全米OPで準優勝してから2年が経ちました。
この2年間で錦織選手は世界ランキングの上位の常連になり
上位8位で争われるATPワールドツアー・ファイナルにも3年連続出場しています。
日本の選手が出場すること自体が快挙ですが、気になるのがあの中で一番背が低いことです。

錦織圭の身長が低いのは致命的なのか?海外選手と比べてみた

まず錦織圭の身長を視覚的にも数字的にも見ていきましょう。

2016年10人並んだファイナルの写真を見て、2016年本人が叫んだ「小せぇな~」というのは、多くの人が思わずにはいられなかったのではないでしょうか?

*2016年ツアーファイナル

試合の終わったあとでの握手でもいつも小さいなと思ってしまいます。
頭ひとつ小さいので、言い方は悪ですが大人と子供くらいの差があるのではと感じます。

長身のカルロビッチ選手との試合ではいつも「パパと子供」のように見えます。

*カルロビッチは211cm

それでも錦織選手は勝負で勝ってしまいますからね!
錦織圭の身長は、何cmでしょう?ずばり178cmなので、日本人平均からすると決して小さくはないのです。
※2018年度時点の17歳で、男子170.6cmが平均。

現在の男子テニスのトップ10の身長一覧

ここで2016年のATPワールドツアー・ファイナルに出場した8名の身長です。

1位:アンディー・マレー  190cm
2位:ノバク・ジョコビッチ 188cm
3位:スタン・ワウリンカ  183cm
4位:ミロシュ・ラオニッチ 196cm
5位:錦織圭        178cm
6位:マリン・チリッチ   198cm
7位:ドミニク・ティエム  185cm
8位:ガエル・モンフィス  193cm

参考URL
ランキング
:http://tennis.jp/ranking/atp/singles
参考サイト
:http://shincho-navi.com/archives/1111

一目瞭然で世界のトッププレイヤーは身長が皆高いです。
錦織選手が一番身長が低いですが、一番高いチリッチ選手とでは20cm、2番目に低いワウリンカ選手とも5cmもの差があります。
逆にこれだけの体格差がある中で、今年のATPワールドツアー・ファイナルでも準決勝に進出する錦織選手はすごいと思います。

 

まだまだ面白い数字を示していきます。続きます。

現役の男子テニストップ選手で錦織選手以下の選手

現役選手の中で錦織選手以下の選手を探してみると以下の選手がひっかかりました。

・ダビド フェレール   175cm  ランキング21位(2016年12月26日現在)
・ダミル・ジュムール  175cm
・ドゥディ・セラ      175cm
・ビクトル・エステラ・ブルゴス 173cm
・マルク・ロペス     175cm
・ラドゥ・アルボット   175cm
・リカルド・ベランキス 175cm

の7選手くらいしか見つからず、フェレール選手のランキング21位(2016年12月26日現在)以外はあとは50位以下です。

こう見ると身長の低い選手でのトッププレーヤーは今は稀だということが分かります。
昔からそうなのでしょうか?

過去に低身長で活躍した選手

過去に低身長で活躍した選手で思いつくのはジミー・コナーズ(グランドスラム大会8勝)の177cmと
マイケル・チャン(全仏優勝1回)の175cmが思い返されます。

80年代前半まで活躍したビヨン・ボルグ(グランドスラム大会11勝)と
ジョン・マッケンロー(グランドスラム大会7勝)が共に180cmでしたので、
30年前であれば錦織選手の身長でも問題なかったかも知れません。

80年代後半からサーブアンドボレーのプレースタイルで活躍したボリス・ベッカー(グランドスラム大会6勝)の190cmや
ステファン・エドベリ(188cm)くらいから選手の大型化が進んだような気がします。

まとめ

日本人として錦織選手のグランドスラム大会の優勝を待望しますが、
178cmでも錦織選手が世界ランキング5位で活躍を続けている事実が変わりません。

オリンピックでもATPワールドツアー・ファイナルでも負ける時は、いつもファーストサーブが入らない気がします。
大坂なおみ選手からも、「たいしたことがない」と言われてしまったサーブが今より良くなれば、
錦織選手のグランドスラム大会の初優勝が見ることが出来ると期待します。
2017年の錦織選手のますますの活躍を期待します。

最後に身長差33㎝のカルロビッチとの試合の公式動画を紹介します。これだけの巨人とでも難なく勝ってしまうことで勇気をもらえます。

-男子テニス
-

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.