健康・保健

エアロゾル感染とは?空気感染との違いについて調べてみた結果分かったこと

エアロゾル感染とは?空気感染とは違いがあるのでしょうか?

2020年2月9日新型コロナウィルスがエアロゾル感染が認められたと報道がありましたが
「空気感染」という言い方ではなく、なぜマニアックなエアロゾル感染という呼び名なのか
疑問に思ったのは私だけではないようです。

そこで違いについて調べてみました。

わざわざ空気感染と呼ばない理由があるんかな?

エアロゾル感染とは?

エアロゾル感染とは、イメージ的には空気感染に似ているのですが、区別されることですので見ていきましょう。

エアロゾルの定義としては、

エアロゾルル=気体中に浮遊する微小な液体または、固体の粒子

となり、空気全体ではなく、空気(厳密には気体)のうちの一部を指す言葉だと言えるでしょう。
空気の定義は、「地球の大気圏の最下層を構成している気体」で一般的に窒素と酸素と二酸化炭素を指します。

つまり空気だと広義になりますが、エアロゾルだと狭義で「空気中の微小な液体または、固体の粒子」つまり
「新型コロナウィルス」のことを指していることになり
明確に区別したいがために、このように呼んでいるのかと思われます。

科学者はそういうのを区別したいんだよね。神経質かもしれないけど、確かに空気とエアロゾルは違う

空気感染との違い

また、「感染」という言葉が付く
「空気感染」と「エアロゾル感染」の違いについて見てみるとやはり明確に区別しています。

「空気感染」=別名「飛沫核感染」とも言われ、水分等が蒸発した状態。(エアロゾルより軽い)そのため、遠くにもいくし、一定時間とどまるので、2m以内でなくとも感染の可能性があるため、エアロゾル感染より「酷い」というイメージ。事例:麻疹(はしか)、結核、水痘(水疱瘡)

「エアロゾル感染」= 唾液・鼻水・痰など感染している人の口からでた飛沫を吸い込んだり、手についた病原体が自分の口や鼻から入り込んだりすることで感染するもの。
加湿器や浴場などの水が感染の原因になることも。比較的近距離で直接的なイメージ。

なるほどー。エアロゾル感染と報道されたのは、空気感染よりはマシだと言いたげだよね。
まとめると、一般人ならこういうイメージでいればいいだろうか...
エアロゾル感染=患者から直接的な飛沫を受けて感染するイメージ
空気感染=患者と直接かかわってなくても、離れたところの空気からも感染するイメージ

エアロゾル感染へのみんなの反応

まとめ

いかがでしたでしょうか。
専門的な文献もあるのですが、一般人が理解するという視点でまとめてみました。

今回は、「空気感染ではない」という当局のメッセージにも聞こえ
「空気感染よりマシだよ」ということかと思います。

が、実際空気感染もあとであるとか言われそうだよね。

とにかく、日本人もウカウカしていられないので悲観的になって準備した方が良い状況ですね...。

-健康・保健

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.