※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

ボクシング

2024年に飛躍期待のボクサー!【第三回】今年こそ世界挑戦できる?23戦無敗・チャンス待つ平岡アンディ

昨年、2023年の日本ボクシング界は井上尚弥選手の2階級世界4団体制覇や、井岡一翔選手の鮮やかな世界KO防衛など、日本が誇る世界チャンピオン達が大活躍の1年でした。

そして2024年も、この二人や他の世界王者たちに続け!と、リングには才能豊かなホープたちが続々登場、タイトルへ突き進んでいます。当サイトではそんな2024年に飛躍が期待される注目の日本人ボクサーを特集。第3回は「明石家さんまにいじられた?元天才少年」、無敗の平岡アンディ選手をクローズアップしてみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

 

◆ RIZIN LANDMARK 8 in SAGA◆

2024年2月24日(土)開催予定
ルイス・グスタボ vs 堀江圭功  他

開催場所:SAGAアリーナ

野球・サッカー・ボクシングなど

今までにないスポーツの観戦が楽しめる‼

╲登録後もお得なプロモーションがいっぱい!/スポーツベットのBeebetスポーツベット限定の入金不要$10のフリーベットをプレゼント!または$30のカジノボーナスをプレゼント!

BeeBetに登録する

※BeeBetの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジさん"の BeeBet登録方法 や 入金方法 などを参考にして下さい。

 

日本中量級期待の星・平岡アンディ

2023年12月に行われた、モンスター井上尚弥選手の2階級目の4団体世界王座統一戦。見事KO勝利でまたも4団体統一を果たしましたが、そのアンダーカードで登場したのが、同じ大橋ボクシングジム所属、中量級で期待を集める平岡アンディ選手でした。

ではその戦績や強さを以下に見ていきましょう。

戦績・経歴

平岡選手は横浜市出身の27歳。父はガーナ人、母は日本人というハーフです。元アマチュアボクサーだった父の指導で4歳からボクシングを開始。平岡選手で最も有名なエピソードは、小学生の頃「天才ボクシング少年」として「さんまのSUPERからくりTV」に出演し、さんま師匠においしくいじって(?)もらったことでしょうか。

横浜高校時代は陸上部にも所属し、国体出場経験があるほどの身体能力の高さを持ちます。2013年にプロボクシングデビュー。以来無敗街道を突き進み、初代日本スーパーライト級ユース王者、第44代日本スーパーライト級王者、元WBOアジアパシフィックスーパーライト級王者などのタイトルを次々と獲得しました。

早くからトップランク社と契約、ラスベガスでも何度も試合するなど常に世界を意識。日本の中量級の星だよねw

現在はIBF世界スーパーライト級10位にランキング。戦績は23勝(18KO)でいまだ無敗継続中です。

強さ・特徴

サウスポーの平岡選手は、なんと言っても恵まれた体格と身体能力が魅力。身長182cm、リーチ188cmとミドル級やそれ以上のクラスのフィジカルを生かしたパワーボクシングが身上です。

昨年末、尚弥戦アンダーでディアス選手(メキシコ)と対戦。約1年ぶりの久々の試合でしたがブランクを感じさせず、1回にジャブからいきなりダウンを奪うと、優勢に試合を進め5ラウンドで手数を増やして、持ち前のロングレンジからの威力ある攻撃でフィニッシュしました。

有効パンチをもらう場面もあって「ちょっと気を抜いた。65%の出来」と反省の弁も

昨年3月には約1カ月間、父・ジャスティストレーナーの故郷ガーナで合宿し、体全体のスピードを向上させた平岡選手。6月には世界戦を視野に入れ、WBOアジア・パシフィック王座を返上。7月には韓国で1週間のスパーリング合宿を行うなど精力的にトレーニングした成果で、好戦的なメキシカン相手に磨いたパンチのスピードと体のキレを発揮しました。

24年期待の試合やタイトル

アジアタイトルを返上して世界挑戦に備える平岡アンディ選手ですが、スーパーライト級は非常に強豪の層が厚く、王座挑戦はなかなか厳しい情勢だといえます。

現在の世界王者は、WBCが、ライト級4団体王者から上がってきたPFPトップランカーのデヴィン・ヘイニ-選手(米)。IBFがマティアス、WBOがあのロマチェンコ選手を破ったテオフィモ・ロペス王者と、いずれも相当な実力者ぞろいです。

他にもプログレイス、ライアン・ガルシア、ジョシュ・テイラー選手といった名だたるスターがひしめくウエイト。実力だけでなく、興行面の条件や巡り合わせなど様々な「運」が噛み合わないと世界挑戦までたどり着くハードルは高そうです。

今年の平岡選手はひたすら「ビッグチャンス到来」を願いつつ、世界上位ランカーを豪快に倒して王者たちにアピールすることが重要になるといえるでしょう。

ネットの声

ヘイニー、マティアス、テオフィモ・ロペスのレベルにはまだ遠く及ばない
明らかな格下とのマッチメイクだったからな
平岡はなんか打たれ弱くて不安やわ

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/b588bada62be594d0dd2bffc6c48d58f357b949a/comments

まとめ

要約しますと

  • 井上尚弥戦の前座で鮮やかなKO勝利を収めた平岡アンディ。23戦全勝で無敗を継続中
  • 長身長リーチのフィジカル恵まれたサウスポー。ロングレンジのパワーパンチ持ち味
  • Sライト級は世界的に強豪ひしめく。ハードル高いが勝ち続けてチャンス到来に準備

 

◆  ボクシング  ◆
2024年2月24日(土)開催予定
アレハンドロ・サンティアコゴ VS 中谷潤人

井上拓真 VS  ジェルウィン・アンカハス
    田中恒成   VS  クリスチャン・バカセグア 他

新クイーンカジノのおすすめポイント

スポーツベットはもちろん、
オールナイトでいつでもパチンコ・パチスロ4号機(実機)も打てる。

(新)クイーンカジノに登録する

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジさん"の(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

-ボクシング

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.