日本のテニス界は最高にエキサイティングだ!

テニスマニア1

ツアーファイナル

チチパスの海外の反応まとめ!ATPツアーファイナルズ2019制しついにBIG3の時代の終焉か!?

チチパスがティエムを2-1で、下しATPツアーファイナルズ2019を制しました。
昨年のズベレフに続き、若手がBIG3の優勝を阻んだことで、時代の終焉を意味するのかもしれません。
海外の反応をまとめました。

今年一番の素晴らしい試合だった!

チチパスの海外の反応まとめ!

ATPツアーファイナルズ2019で優勝したチチパスへの海外の反応をまとめます。

ファイナルズ初参加で、優勝を飾ったチチパスへの海外の反応をまとめました。
チチパス(21歳6位)は、ティエム(26歳5位)を、セットカウント2-1(6-7、6-2、7-6)で逆転し優勝しました。
昨年21歳で、ファイナルズを制したズベレフに続き、今年も若手がBIG3の優勝を阻止しました。

みんなの感想

素晴らしいシーズンを終わらせるのにふさわしい試合です。そして、これからの10年間を通して、ティエムとチチパスが多くの大きなトーナメントで勝つと確信しているので、2020年代に入る最後にふさわしい試合でもあります。 2人とも素晴らしい選手だが、Tsitsipasは間違いなく、並外れた可能性を持つ非常に特別なプレーヤーです。

ネットの反応

次世代のプレイヤーが、昨年、今年と2回のNittoファイナル優勝を獲得しました。
ビッグ4は、その年齢のためにシーズンの終盤では肉体を健全に保つのに苦労しています。いずれかが最後にATPファイナルで優勝したのは2016年のマレーでした。

みんなの感想

私の考えでは、2019年は間違いなく過去3年または4年で最高のテニスの年だった

ネットの反応

ナダルはATPファイナルでチチパスを倒した唯一のプレーヤーでした。皮肉なことに、ナダルはまだこのトーナメントで優勝していないあのに、デビューした21歳は優勝しました。

みんなの感想

彼は現在、グランドスラムの準決勝進出者であり、ツアーファイナルズのチャンピオンです!彼がメジャーチャンピオンになるのは時間の問題だと思う!

出典:Youtube
今シーズン最後を飾るにふさわしい良い試合であったとの感想と、チチパスへの期待、時代が変わるのを予感するというコメントが多いようでした。

今季最後を飾る良い試合を見て満足満足!

チチパスのランキングと来年の展望

View this post on Instagram

Inches make champions. @atptour | #nittoatpfinals

A post shared by Stefanos Tsitsipas (@stefanostsitsipas98) on

チチパスのランキング

チチパスはギリシャ生まれの21歳、現在のATPランキングは6位(11月11日現在)となっています。
右利きで、バックハンドが片手打ちというのが特徴です。

2016年プロ転向後の、進歩のスピードは素晴らしいもので、昨年度最終ランキング15位から今年は、トップテンに定着し、ファイナルズ出場につながりました。

ランキング推移から、その飛躍ぶりを見てみましょう。


年月日
シングルスランキング
2019/11/116
2019/11/46
2019/9/9
7
2019/8/198
2019/8/127
2019/8/55
2019/5/206
2019/5/13
7
2019/5/6
9
2019/4/29
10
2019/4/18
2019/3/4
10
2019/2/2511
2019/1/2812
2019/1/715
2018/8/13
15
2018/7/2
35
2018/4/30
44
2018/1/1
91
2017/1/2210

2018年に、NextGen最終戦優勝・ツアー初優勝・マスターズ1000決勝進出で、91位からトップテンへの足掛かりとなる15位に飛躍的な進歩を遂げ、2019年は3月4日にドバイ・テニス選手権で準優勝し、ランキング10位となってから、トップテンを維持し続けており、非常に安定しています。

来年の展望

現時点のランキング上位(11月11日)は1位 ナダル(33歳)、2位 ジョコビッチ(32歳)、3位 フェデラー(38歳)とBIG3が占めており、これまでマレーを含めたBIG4の時代が続いてきました。

ファイナルズで、昨年2度目の出場で優勝したズベレフ(当時21歳)に続き、今年は決勝にBIG3が残れず、チチパスvsティエム(26歳)の対決となったことから、いよいよ2020年代は、BIG3の時代の終焉が予想されます。

その中でも、チチパス(6位)、ティエム(5位)、ズベレフ(7位)が大きな役割を果たすことは間違いありません。

チチパスは2019年全豪オープンでフェデラーに、ムチュア・マドリード・オープンではナダルに、上海マスターズでは・ジョコビッチに勝利しており、BIG3との対戦を苦にしていません

特に、1月の全豪オープン4回戦で去年・一昨年と全豪を制しているフェデラーへ勝利した時を「決して忘れない魔法の瞬間」と表現しており、今年の大きな飛躍のきっかけになったものと思われます。
今大会でもフェデラーを破って決勝進出を果たしています。

昨年優勝のズベレフ(22歳)が今年もしっかりと結果を残し、ファイナルズに出場してきたことからも、同年代のチチパスも大きな怪我でもない限り、BIG3を脅かす存在になり、来年は5位以内に定着することもありうるのではと思われます。

進歩がすごすぎる!日本の若手もがんばって!

まとめ

ATPツアーファイナルズ2019を制したチチパスへの海外の反応をまとめ、今後を展望してみました。

ココがポイント

  • 決勝戦は今季最後を飾るにふさわしい最高の試合であった
  • チチパスがメジャーチャンピオンになるのは時間の問題
  • チチパスを含む若手によるBIG3時代を終焉させるきっかけとなった可能性がある

昨年は21歳の2回目出場のズベレフが、今年は初出場のチチパスがファイナルズを制しました。
BIG3が決勝に出場できずに敗れるなど、決勝戦は、時代の流れを多いに感じさせる最高の試合でした。
特に、チチパスを含む若手の来年の活躍に大いに期待したいところです。

チチパスは日本と関係深いから、ますます応援するわ!

-ツアーファイナル

Copyright© テニスマニア1 , 2019 All Rights Reserved.