ボクシング

パウンドフォーパウンド(P4P)ボクシングランキング最新2022年6月!井上1位は?京口・チャーロも気になる

2022年もほぼ半分が過ぎようとしています。世界のプロボクシング界ではビッグマッチが続々行われ、日本でも「村田vsGGG」「井上尚弥vsドネア2」で大盛り上がりでした。

ではこの結果、全階級最強ランキング「パウンドフォーパウンド(P4P)」はどう変化したでしょうか。井上選手は1位になったのか??

5つの世界主要ボクシングメディアが発表している最新2022年6月のP4Pを、比較一覧表で一挙ご紹介します。(出典:Wikipedia、各PFPサイト)

GGG、スペンス完勝、井上尚弥秒殺圧勝!!さてP4Pはどう変わったかな?尚弥、日本人初1位か??
6月10日についにリング誌が更新!!!!

パウンドフォーパウンド最新2022年6月ランキング・リング誌

パウンドフォーパウンド最新6月のプロボクシングランキング、まずは老舗である米リング誌の10傑から見てみましょう。

※2022年6月10日付更新ランキングです(後述する比較表の中にも入っています)。

引用:https://www.ringtv.com/ratings/?weightclass=251

・1位:井上尚弥(日本)

・2位:オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)

・3位:テレンス・クロフォード(アメリカ)

・4位:エロール・スペンスJr(アメリカ)

・5位:ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)

・6位:サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)

・7位:ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

・8位:ディミトリー・ビボル(ロシア)

・9位:ジョシュ・テイラー(英国)

・10位:ジャーメル・チャーロ(アメリカ)

5月初旬と比べると9位までは変動なし。5月中旬に4団体統一を果たしたチャーロ弟が新たにランクインしたね!
6月7日の尚弥さんの超速激勝が反映されたら、何位に上がるかしら?

パウンドフォーパウンド6月5誌比較

「全体最強ボクシングランキング」のパウンドフォーパウンドは、老舗で最も権威あるのが前述のリング誌ですが、他の海外専門メディアも独自方式でランク付けしています。

ザ・リング(リング誌)、ESPN、WBN、ボクシングシーン.com、DAZNの5つのメディアが公表しているP4Pトップ10を比較してみましょう。

2022/6/11
時点でのランク
THE RING
(老舗・元祖)
2022/6/4更新
ESPN
(専門家投票制)
2022/6/10
WBN
(WorldBoxingNews)
2022/6以降
DAZN
2022/6/7
boxingscene
2022/6/22
1位井上尚弥(29)
日本
テレンス・クロフォード(34)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(35)
ウクライナ
オレクサンドル・ウシク
(35)
ウクライナ
井上尚弥(29)
日本
2位オレクサンドル・ウシク
(35)
ウクライナ
井上尚弥(29)
日本
井上尚弥(29)
日本
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(35)
ウクライナ
3位テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
エロール・スペンス・ジュニア
(31)
アメリカ
サウル・アルバレス(31)
メキシコ
井上尚弥(29)
日本
エロール・スペンス・ジュニア
(32)
アメリカ
4位エロール・スペンス・ジュニア
(32)
アメリカ
サウル・アルバレス(31)
メキシコ
エロール・スペンス・ジュニア
(31)
アメリカ
サウル・アルバレス(31)
メキシコ
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
5位ファン・フランシスコ・
エストラーダ(32)
メキシコ
タイソン・フューリー (33)
イギリス
タイソン・フューリー (33)
イギリス
エロール・スペンス・ジュニア
(32)
アメリカ
サウル・アルバレス(31)
メキシコ
6位サウル・アルバレス(31)
メキシコ
オレクサンドル・ウシク
(35)
ウクライナ
テレンス・クロフォード(33)
アメリカ
ディミトリー・ビボル(32)
ロシア
ディミトリー・ビボル(32)
ロシア
7位ワシル・ロマチェンコ(34)
ウクライナ
ワシル・ロマチェンコ(34)
ウクライナ
ディミトリー・ビボル(32)
ロシア
ステファン・フルトンJr(27)
アメリカ
ジャーメル・チャーロ(32)アメリカ
8位ディミトリー・ビボル(32)
ロシア
ディミトリー・ビボル(32)
ロシア
デビン・ヘイニー(23)
アメリカ
デビン・ヘイニー(23)
アメリカ
タイソン・フューリー (33)
イギリス
9位ジョシュ・テイラー(31)
イギリス
シャークル・スティーブンソン(25)
アメリカ
ローマン・ゴンザレス(34)
ニカラグア
シャークル・スティーブンソン(25)
アメリカ
シャークル・スティーブンソン(25)
アメリカ
10位ジャーメル・チャーロ(32)アメリカデビン・ヘイニー(23)
アメリカ
ガーボンタ・デービス(27)
アメリカ
ジャーメル・チャーロ(32)アメリカステファン・フルトンJr(27)
アメリカ

パウンドフォーパウンド6月50傑(World Boxing News)

「World Boxing News」(WBN)だけはパウンドフォーパウンドを50位まで発表しています。11位以下はご覧の通りです。

WBNP4P
11位以降
選手名
11位ガーボンタ・デービス(27)
アメリカ
12位ワシル・ロマチェンコ(34)
ウクライナ
13位ファン・フランシスコ・
エストラーダ(32)
メキシコ
14位シャークル・スティーブンソン(25)
アメリカ
15位ゲンナジ・ゴロフキン
(40)
カザフスタン
16位井岡一翔(32)
日本
17位ジャック・カットラル(28)イギリス
18位アルツール・ベテルビエフ(35)
ロシア
19位ステファン・フルトンJr(27)
アメリカ
20位ジョージ・カンボソスJr (28)
オーストラリア
21位テオフィモ・ロペス(24)
アメリカ

22位田中恒成(26)
日本
23位ノニト・ドネア(40)
フィリピン
24位レオ・サンタ・クルス(31)
メキシコ
25位シーサケット・ソー・ルンヴィサイ(34)
タイ
26位アンソニー・ジョシュア(29)
イギリス
27位デオンテイ・ワイルダー (35)
アメリカ
28位ジャーモール・チャーロ(31)
アメリカ
29位
ホセ・ラミレス(29)
アメリカ

30位エマニュエル・ナバレッテ(27)
メキシコ
31位
ジョシュ・テイラー(31)
イギリス
32位デビッド・ベナビデス(25)
アメリカ
33位レジス・プログレイス(31)
アメリカ
34位ワンヘン・ミナヨーティン(35)
タイ
35位デメトリアス・アンドラーデ(32)
アメリカ
36位アンディ・ルイス・ジュニア(30)
メキシコ・アメリカ

37位キース・サーマン(32)
アメリカ
38位ジョンリル・カシメロ(32)
フィリピン
39位ヒルベルト・ラミレス(30)
メキシコ
40位マイリス・ブリエディス(36)
41位ハイメ・ムンギア(25)
メキシコ
42位ムロジョン・アフマダリエフ(29)
ウズベキスタン
43位ヘルウィン・アンカハス (27)
フィリピン
44位ホセ・ロドリゲス(32)
メキシコ
45位マーク・マグサヨ(26)
フィリピン
46位京口紘人(27)
日本
47位ジョー・スミス・ジュニア(32)
アメリカ
48位カラム・スミス(32)
イギリス
49位ブライアン・カスターノ(32)
アルゼンチン
50位ホセ・セペダ(32)
アメリカ
尚弥さんの試合を反映したのはESPNとDAZNとWBN。ESPNは1位と僅差の2位にとどまったわね>6/10リング誌ついに更新!ついに日本人の偉業が達成されたわ!
WBNはウシクに次いで2位。DAZNでもカネロを越して3位にランクアップしたけど、1位はならずか…と思ったら...
最も権威あるリング誌が珍しく6/4更新後すぐに6/10に更新しモンスターがボクシングのキングオブキングに!!!!!!

パウンドフォーパウンド入りの日本人

上記のランキングでご紹介したうち、6月のPFP入り日本人は以下の通りとなります。

井上尚弥:リング誌1位、ESPN2位、WBN2位、ボクシングシーン3位、DAZN3位

・井岡一翔:WBN16位

・田中恒成:WBN22位

・京口紘人:WBN46位

井上の全メディアトップ3って、それだけでも凄いことなんだけど!

PFP(パウンドフォーパウンド)同士の最新の試合

最新6月のパウンドフォーパウンド・ボクシングランキングに名前を連ねている世界屈指の強豪ボクサーたち。仮にそのP4Pランカー同士が戦えば、「仮想が現実に」なるわけですが、では近く行われる〝見逃し厳禁〟P4P対決や、P4Pランカーが登場する試合予定を見ていきましょう。

6月11日/京口紘人vsベルムデス

ライトフライ級のWBA団体内王座統一戦。WBAスーパー王者の京口選手が敵地メキシコに乗り込んで正規王者ベルムデス選手と雌雄を決します。

この試合はDAZNで日本時間の11日正午頃からライブ配信されるよ!!
\ DAZNに登録してライブ視聴する!/
  DAZN3つのポイント
  • 2022/2/22から初月無料なしで3000円
  • サッカーファン+プロ野球ファンなら迷いなくDAZN!!
  • その他おすすめは、・やべっちチャンネル・時々ボクシングで絶対見たいカード・F1・女子テニス

6月19日/ベテルビエフvsスミスJr

先日ビボル王者がカネロ選手を劇的に下したライトヘビー級で、別の必見3団体統一戦がNYで行われます。KO率100%の超強豪、WBA・IBF王者アルツール・ベテルビエフ選手と、WBO王者ジョー・スミスJr選手のメガマッチです。

こちらはWOWOWオンデマンドで19日午前11時頃からライブ配信ね!

6月29日/橋詰将義vs田中恒成

世界戦ではありませんが、日本が誇るP4Pの一人、田中選手がWBOアジア・スーパーフライ級タイトルに挑みます。現OPBF・WBOアジア太平洋スーパーフライ級の橋詰将義王者に、元世界3階級王者田中選手が意地を見せるでしょうか。

NTTのひかりTVでライブ。フェニックスバトル89のメインイベントだね

7月13日/井岡一翔vsニエテス2

WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔選手が、元世界王者で最初の対決では惜敗したドニー・ニエテス選手と「リベンジ防衛戦」を東京で行います。

最近では珍しく(!)こちらは夜9時からTBS系列地上波TV生放送!

22年あるかもしれないビッグファイト

このほか、22年に実施が期待されるP4P級の大きなボクシングマッチを予想してみました。

◆ウシク vs ジョシュア2

WBAスーパー・IBF・WBO3団体のヘビー級王者で、3メディアのP4P1位に君臨するウシク選手が、昨年の初対戦で敗れたジョシュア元王者と再戦を行うと報じられています。

報道では7月23日、中東サウジアラビアでの開催の方向だそうです。

◆井上尚弥 vs バトラー

バンタム級3団体を統一した我らがモンスター、井上尚弥選手が目指すのはあと一つのWBOのベルト。WBO王者ポール・バトラー選手(英)の「10月にも日本で試合できる」との前向きなコメントも報じられています。果たして日本初の「4団体統一戦」が実現するでしょうか。

そしてその次のターゲットは、DAZN7位にアップしたSバンタム2冠王者フルトンだ!

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • パウンドフォーパウンド6月の最新ランキングを5メディア一挙掲載
  • ドネアを秒殺した井上尚弥はランクアップも、各メディア2位が最高
  • 老舗リング誌はドネア2戦反映前。日本人初のP4P1位に高まる期待!>6/10更新されついに!

-ボクシング

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.