日本のテニス界は最高にエキサイティングだ!

テニスマニア1

時事ニュース

イギリス総選挙の為替や日本への影響は?

12月12日(日)に予定されているイギリス総選挙は為替や日本にどのような影響を及ぼすのでしょうか?
ブレグジットが進むのか、国民投票から約3年半の宙ぶらりんがさらに続くのか予断を許しません。

いったいどうなるの?心配だわ!

イギリス総選挙の為替への影響は?

イギリスの総選挙の結果が為替へどのように影響するか見てみましょう。
最大の争点はブレグジットであり、各党の勝敗、議席獲得数に大きく左右されます。

A.ジョンソン首相率いる与党 保守党が議席の過半数を獲得した場合

「過半数を確保したら、・・・1月には離脱を終わらせる」と公約していますので、EUと合意の上でのブレグジットの可能性が大きく高まります

B.野党が勝利・労働党を中心とした政権交代

労働党は、EUと再交渉したのち、「具体的な離脱案」と「残留」の選択肢で国民投票を行うとしていますが、党として、離脱について賛成とも反対とも態度を明確にしていません。
スコットランド民族党と自由民主党は離脱の停止や撤回を主張しています。

これには、EU側との再交渉や国民投票で時間を要し、宙ぶらりんの状態が続くと考えたほうがよさそうです。
今の状況では、再度の国民投票で圧倒的多数で、離脱が撤回されるとも思えず、EUとの交渉切れで、合意なき離脱の可能性も出てきます

C.与党・野党とも過半数を取れず、現在と同じく、決められない議会が続く場合

ジョンソン首相が辞任するかもしれず、だれも主導権をとらず、宙ぶらりんの状態が続き、結果として、合意なき離脱の可能性が高まります

以上からAの宙ぶらりん状態から脱し、合意あるブレグジット場合は、すでにブレグジットのデメリットは織り込み済み、ようやく事態が前に進むという意味で、ポンド高に、B,Cの宙ぶらりんが続き、さらに合意なき離脱の可能性が高まると予想される場合は、ポンド安が進むと見込まれます。

保守党が大勝すると予想されていたにも関わらず、惨敗との結果になった場合は先の離脱決定の国民投票後と同じく、大きくポンド安に振れることもあり得ます。

保守党が勝ち、EUとの合意に基づく国内法が順調に進み、1月末に離脱が実現すれば、ポンド相場は2%上昇する可能性があると予測する専門家もいます。
この場合、ポンドは円に対しても、高くなると予想されます。

一方、B,Cの場合、結果として「合意なき離脱」が高まったとみられ、ポンドが大きく値下がりすると想定されます。
従来のように円がユーロやドルより、安全だと見なされば、大きく円高になる可能性もあります。

大きく動く方が投資家としては面白い

イギリス総選挙の日本への影響は?

先に述べましたように、現状では、イギリス総選挙の結果で、ブレグジット撤回にただちになる可能性はほとんどありませんので、EUと合意したブレグジットか、宙ぶらりんの状態後の、合意なきブレグジットの可能性が高まるかのいずれかと予想されます。

B,Cの場合

・日本EUのEPAは英国には適用されないこととなります。
・英国に製造拠点を置く、製造業がホンダや日産自動車が決定したように、英国からの工場の撤退や、規模縮小を加速させます。
・短期的には、「合意なき離脱」による物流の混乱や関税・通関手続き復活などに備えた在庫の積み増しなどの対応を行います。
・金融業は、英国がEUの「単一パスポート」から去ることに対応して、すでにEU圏内に拠点の新設や増強をし、EU圏内の顧客との契約の移転などに着手しているため、大きな影響はでませんが、これらの予定を前倒しで行うことになる。
・日本経済全体にとって、EU市場は第3の大きさで、ブレグジットが世界経済に大混乱を起こさないかぎり、大きな影響はないと思われます。

Aの場合

離脱移行期間中に、様々な取り決めが英国とEUとでなされ、英国内の法整備も進むと思われるので、B,Cほど急激ではないが、最終的には同じ影響が出ると考えられます。
なお、日本EUのEPAはブレグジットの2020年12月31日までの移行期間中は、英国にも適用されます。

案外日本への影響は大きくないんだ!

イギリス総選挙海外の反応

みんなの感想

これは単なる総選挙ではありません。 「私たちの国のまさに魂が危機に陥っています。」
イギリスのユダヤ人が反ブレグジットだからという理由だけでバスから放り投げようとする人たちに対する恥です。

ネットの反応

BREXITの障害を取り除き、BREXITを完了させましょう。いまや立ち上がる時で、BREXITを進行させ、イギリス国民の総選挙の投票を尊重してください...

みんなの感想

イギリスの政治とメディアのエリートはとても腐敗しています。エリートは、英国がEUを離れることを決して許しません。私たちは常にブレグジットと重大なテロ事件を抱えており、総選挙が迫っているなど、取り掛かっていることにかかれない。

ネットの反応

ブレグジットとこの総選挙が疑う余地なく証明したことの1つは、これがいわゆる「英国デモクラシー」と「自由で開かれた報道」のため、北朝鮮がスカンディナヴィア諸国の1つのように見えるということです。

みんなの感想

イギリス人は、落ち着いた気分だと聞いています。英国のEU離脱投票以来、英国の政治の前提は、急進的な変化への欲求があるというものでした。それでも、総選挙が近づくにつれて、ムードは予想よりおとなしくなっています。
疲れた懐疑的な選挙

出典:Twitter
今回の総選挙にあの3年半前の国民投票時の高揚はありません。
宙ぶらりんにすっかり疲れた。この状態だけはなんとかしたいといったところでしょうか?

まとめ

イギリス総選挙の為替や日本経済、企業への影響をまとめました。

ココがポイント

  • 保守党が勝利すれば、ポンド高と予想
  • 予想に反して、保守党が惨敗すれば、ポンドは急激な下落と予想
  • いずれにしても日本への影響は以前ほど大きくないようにみえる

3年半の宙ぶらりん状態をこの総選挙の結果脱することになるのか、英国民ならず世界中がこれまでの決められない英国政治にうんざりしていますが、一方、ブレグジットに免疫ができて、なんとでもなるという感もしてきました。
英国のデモクラシーが大きく傷ついたというのが最大の結末ではないでしょうか?

宙ぶらりんはもういい加減にして!イギリスを尊敬してたのに!

-時事ニュース

Copyright© テニスマニア1 , 2019 All Rights Reserved.