ボクシング

井上尚弥vsバトラーのテレビ地上波は?最適な視聴方法!歴史的快挙4団体統一の瞬間を目撃せよ!

ボクシングのWBAスーパー、IBF、WBC世界バンタム級3団体統一王者・〝モンスター〟井上尚弥選手が、12月13日に東京・有明アリーナで、WBO世界同級王者・ポール・バトラー選手(英)と4団体王座統一戦を行うことがついに正式発表されました。

日本ボクシング史上、国内での4団体統一戦はもちろん初めて。この世界的にも「超」がつくメガバウト、「井上尚弥vsバトラー」戦の放送・配信はどこで見られるのか?テレビ地上波放送はあるのでしょうか?格闘技ファンならずとも、スポーツファンあまねく絶対必見「井上尚弥vsバトラー」戦の視聴方法をまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

バトラーさんもSNSで「ボクシング界最難度の課題に挑戦しない理由はない。人生最高の夜になるだろう」と〝武者震い〟コメントw

\ 入会&継続で1,000ポイント還元キャンペ!/

\今すぐdTV生配信で歴史的瞬間を見る! /
動画配信サービス【dTV(ディーティービー)】※商品リンクあり
※本作品の配信情報は2022年12月13日時点までのものです。
配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、
現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

井上尚弥vsバトラーのテレビ地上波は?

19年のWBSS優勝を契機に文字通り世界の頂点に登り詰め、PFP1位という日本人初どころか世界中のボクサー羨望の究極称号も手にした「モンスター」井上尚弥選手。残された目標の一つが、世界でも成し遂げたボクサーがいまだ数少ない「主要4団体王座統一」でした。いよいよそれが12月に実現しそうです。

見逃せないこの「井上尚弥vsバトラー」戦、残念ながらテレビ地上波での生中継は10月中旬時点では情報がありません。では他にはどんな視聴方法があるのでしょうか。

武尊vs天心も尚弥vsドネア2も今年大晦日のRIZINも地上波ライブなし。そういう時代ってことだよな-

井上尚弥vsバトラーの最適な視聴方法はdTV

「世紀のビッグマッチ」がたくさんありすぎて困る今年の日本ボクシング界。一年の最後に「世紀中の世紀バウト」が巡ってきた感じです。ではその「井上尚弥vsバトラー」戦の視聴方法を以下にご紹介しましょう。

100年に1度だから「世紀の~」なのに(笑)。一年間に3試合も4試合もあるなんて…!ボクシング初の有明アリーナ含めて、尚弥さんが歩く後に歴史ができてるww

dTV

最もオススメはNTTドコモが運営するネット動画サービス「dTV」です。

dTVは「フェニックスバトル」を配信するなど、このほど本格的にボクシング放送に進出。いよいよ今回、このビッグマッチを独占生配信することが決まりました。

ライブ中継だけでなく、試合にのぞむ井上尚弥選手の貴重な最新映像や、これまでのボクサーとしての軌跡を振り返る特別番組も併せて配信する予定とのことです。

嬉しいのはこの試合はPPVではなく、dTV有料会員になれば月額料金内でテレビ、スマホ、PCなどで視聴できちゃうこと。映画など他の豊富なコンテンツも楽しめて月額料金も安めですので、コスパ最高といえますね。

バトラーへはネットで『自殺行為』『たくさん稼げるな』とか揶揄が多いけど、本人いわく「そんな言葉見る必要ない」。とにかく最強の奴と戦いたいだけ。いやぁ〝漢〟だねぇ!

\ 入会&継続で1,000ポイント還元キャンペ!/

\今すぐdTV生配信で歴史的瞬間を見る! /
動画配信サービス【dTV(ディーティービー)】※商品リンクあり
※本作品の配信情報は2022年12月13日時点までのものです。
配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、
現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

ひかりTV

もう一つのライブ放送・配信メディアが、やはりNTTドコモが運営する「ひかりTV」です。こちらは衛星放送などのTVでも視聴できるサービスですが、専用チューナーが必要なことなど、視聴にはいろいろ条件があるようです。詳しくは公式サイトでご確認ください。

日本人・アジア人初の4団体統一という歴史的快挙の意味

「テレビ地上波放送はない」らしく、視聴方法はdTVなどのライブ配信のみとなる「井上尚弥vsバトラー」の4団体統一戦。あらためてこの試合がボクシング史や今の世界の中でどういう意味を持つのか考えてみましょう。

そもそもプロボクシング界にはかねてから複数の団体が林立し、それぞれが王者を認定。現在は4つの主要団体があるため、通常各階級には4人の王者が同時に存在します。場合によっては「暫定王者」「スーパー王者」なども含め5人も6人もいるケースさえあります。

このためファンの間では長年「誰が最強なのか分からない!」と不満が鬱積。こうした声を受け、近年は違う団体の王者同士が「雌雄を決する」統一戦の価値が高まり、盛んに行われるようになりました。

中でも4団体の王座全てを一人で独占する「アンディスピューテッド(絶対)王者」「階級最強・最高ボクサー」のこれ以上ない証明であり、全ての選手の憧れ。しかもそれは世界で歴史上、現在までにわずか8人しか誕生していません。国籍も欧米・メキシコばかりでアジア人や日本人はいまだゼロ

次戦で井上尚弥選手がこの称号を手にすればアジア人初の大偉業となり、また一つ「モンスター」が歴史に偉大な名を刻むことになります。ぜひその激レアな瞬間をdTVなどで目に焼き付けましょう!

「6階級王者・アジア人最強のレジェンド」パッキャオさんでさえ成し遂げてないことなのね。凄過ぎて試合見ながら涙出そう…!

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 12・13、バンタム4団体統一戦「井上尚弥vsバトラー」がついに東京開催決定
  • テレビ地上波放送はなく、ネットの「dTV」と「ひかりTV」が独占ライブ配信
  • 4団体統一王者は史上8人のみ。井上達成ならアジア人・日本人初の大偉業に

\ 入会&継続で1,000ポイント還元キャンペ!/

\今すぐdTV生配信で歴史的瞬間を見る! /
動画配信サービス【dTV(ディーティービー)】※商品リンクあり
※本作品の配信情報は2022年12月13日時点までのものです。
配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、
現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

関連

この記事を見ている人は以下の記事も見ています

井上尚弥vsバトラーのファイトマネー!配分も気になる!

-ボクシング

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.