ボクシング

井岡一翔vsロドリゲスのテレビ放送・ネット中継情報!開始日本時間は?「『9・1東京開催』できる?」

プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔選手が、同級2位フランシスコ・ロドリゲスJr選手(メキシコ)と9月1日に東京で指名防衛戦を行うことで合意した、と米専門メディアが報じました。

「井岡一翔vsロドリゲス」戦のテレビ放送やネット中継の予定は?開始時間や試合予想もまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

これで井岡は3戦連続の指名挑戦者か。熱望する王座統一戦はなかなか遠いなぁ

井岡一翔vsロドリゲスのテレビ報道・ネット中継

昨年大晦日、日本史上初の「複数階級制覇者」同士で争われた「井岡一翔vs田中恒成」戦で、鮮烈なKO勝ちを収め世界にその実力をアピールした井岡一翔王者。

約8か月ぶりとなる次戦は、WBOによる指名挑戦者ロドリゲスJr選手との三度目の防衛戦となることが決まったようです。ではそのテレビ放送・ネット中継予定と開始時間を見てみましょう。

この半年余り、ホント大騒動の渦中にあった井岡チャンピオン。精神的ダメージが少し心配…

テレビ放送

■WBO世界スーパーフライ級タイトル防衛戦「王者・井岡一翔vsロドリゲスJr」

6月28日時点ではテレビ放送予定はまだ発表されていませんが、これまでずっと井岡選手の日本での試合はTBS系列で地上波放送されてきましたので、9月の次戦が東京開催であれば、TBS系列での生中継が有力だと思われます。

下の日刊スポーツ報道をすぐTBS公式がリツイートしてたし、これから調整に入るのかも!

ネット中継

井岡一翔vsロドリゲス戦はまだ陣営などから正式発表されておらず、テレビとともにネット中継も未確定のようです。ただTBS系列地上波でテレビ放送されれば、関係が深い動画サービス「Paravi」などでネット配信されることが期待できそうです。

テレビ、ネット中継とも発表され次第追記していきます。

井岡一翔vsロドリゲスの開始日本時間

正式発表が待たれるWBO世界スーパーフライ級タイトル防衛戦「王者・井岡一翔vsロドリゲスJr」。報道通り、9月1日に東京で開催されるとすると、開始時間は何時になりそうなのでしょうか。

開催が正式決定すればこの日のメインイベントになるのは必至。地上波放送の可能性も高いとみられますので、夕方~夜にかけて試合のゴングが鳴るのでは、と思われます。判明し次第追記します。

9月1日って平日の水曜日だけど…ゴールデンタイムにライブやってくれるかな?

井岡一翔の戦績と強さ

テレビ放送の開始時間が待ち遠しい井岡一翔vsロドリゲス戦。では両選手の戦績などを概観してみましょう。

井岡一翔選手は大阪府出身の32歳。日本人初の世界4階級制覇王者で現在、数少ない日本人P4Pランカーの一人という世界的実力者です。

戦績は26勝(15KO)2敗。詳しいプロフィールは以下をご覧下さい。

井岡一翔は強いのか?戦績と試合がつまらないと批判されることについて

Sフライ級に上がって明らかにボクシングがパワフルになり、強さが増した感じがあるな!

ロドリゲスの戦績と強さ

挑戦者のフランシスコ・ロドリゲスJr選手はメキシコ出身の27歳。ミニマム級時代2団体の統一王者で、スーパーフライ級で2階級制覇を目指しています。

戦績は23勝(15KO)4敗1分け。詳しくはこちらをどうぞ。

フランシスコ・ロドリゲスJr(ボクシング)は強いの?戦績と井岡一翔戦の予想

まだ若い選手だけど、これまでの戦績では結構な強豪とたくさん戦ってて、キャリアは豊富なんだよな

井岡一翔vsロドリゲスの予想と見どころ

ロドリゲスJr選手はスイッチヒッターで、ロングレンジも接近戦もできる器用さが特徴だといわれます。一撃のパワーパンチというより、コンビネーション主体のボクサー。ただパンチの被弾も多いのが難点との指摘もあります。

ボクシング技術では、井岡一翔王者はこの階級トップクラス。カウンターや距離の取り方は抜群です。ロドリゲス選手が、フットワークを駆使してどう井岡選手のパンチをかわせるかが鍵になりそうです。

筆者としては、試合全体を老練な井岡王者が支配し、中盤以降にカウンターやボディを効かせてダウンを奪うか、大差の判定勝ちで防衛を果たすと予想します。

気になるとすれば、色々こじれた日本でまた試合をするって点かしら。タトゥーの問題もまた蒸し返されるかもしれないし…

井岡一翔vsロドリゲスのみんなの予想

みんなの反応

井岡一翔の理詰めのキチッとしたボクシングが楽しみ。濃厚なボクシング見せて欲しい

ネットの感想

井上選手を倒せるのはノニト・ドネア選手か、井岡一翔選手だけかも

みんなの反応

年末間に合うかどうかわかりませんが、次戦をすっきり勝って統一戦に向かって欲しいですね

ネットの感想

ロドリゲス戦なぜ東京?海外でならメヒコそして世界のファンも俄然注目するのに。それだけ井岡は世界で評価が高い

みんなの反応

村田諒太が期待をかけ、井上尚弥が注目し、井岡一翔がひそかに激励している時も、…拳四朗はネコと遊んでいる(たぶん)

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 9・1、WBO世界スーパーフライ級タイトル戦「井岡一翔vsロドリゲス」
  • 米で指名挑戦者戦決定と報道。開催地が東京ならTBS系列の放送有力か
  • 井岡はJBCに謝罪や対応要求中。日本開催は問題の早期解決が前提に

次戦が内定したとはいえ、このほど記者会見に応じた井岡一翔王者は複雑な胸の内を明かしていました。濡れ衣のドーピング疑惑では「人生が終わるのではないか」とまで追い詰められたと吐露。

「次戦に影響はもちろんあった。僕自身の心境の問題。僕がそういう気持ちだと陣営も次戦に向けて動けないので難しい部分もあった」といまだ整理が付いていないと語りました。

ただ試合をやりたい気持ちは強く、「日本でやるならJBCが最低限、試合に向けて配慮してもらえる状況を作ってもらいたい」とも訴えています。

井岡側はJBCの責任を追及し再発防止を求める4項目の上申書を提出しており、JBC側がこれにどう応えるのか。次戦の日本開催実現には、陣営とJBCとの間で問題が早期決着することが前提条件ともなりそうです。

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.