※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

格闘技

ブアカーオ戦績と強さ!現在はどうなの?

5月6日、東京で行われる総合格闘技(MMA)イベント「RIZIN.42」。注目されるカードの一つが、新旧の元K-1チャンピオン対決となるキックボクシング戦「ブアカーオ(タイ) vs 安保瑠輝也」です。

「昔の名前で出ています」なブアカーオ選手、相当久しぶりとなる日本のリング復帰ですが、現在の強さはどうなのか?「ブアカーオ戦績」と経歴をあらためてご紹介しましょう。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

もう20年近く前か。キレキレでメチャメチャ強かったブアカーオ。あの頃が懐かしい…

 

◆格闘技◆
2024年6月16日 (現地6/15)
平良 達郎  対  アレックス・ペレス戦
UFC  開催場所:
米国ラスベガス

新クイーンカジノなら
スポーツベットはもちろん、ライブカジノや、
パチンコ実機パチスロ実機も楽しめる。

\場所や時間を選ばず楽しめる/

(新)クイーンカジノに登録する

パチンコ一覧:CR牙狼FINAL・CR真・花の慶次・CRキャプテン翼・CRルパン三世・CR真・北斗の拳
パチスロ一覧:
初代北斗の拳・アナザーゴッドハーデス・押忍!番長・ミリオンゴッド神々の凱旋・初代吉宗

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジ"さんの(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

ブアカーオ戦績

2023春のRIZIN三大大会のトリを飾る「RIZIN.42」。朝倉海選手復帰戦など話題のカードが目白押しですが、ひとつ異彩を放つ目玉カードがこの「ブアカーオvs安保瑠輝也」戦です。

かつて同じK-1を舞台にチャンピオンに君臨したキック界の人気実力者同士。ただ年齢が14歳も離れてますので、一体どんな試合になるのか、「まともに成立するのか?」すら興味深いところではあります。

そんなブアカーオ選手といえば、K-1のオールドファンには忘れがたい名前。絶頂期の強さはあきれるほどでした。ブアカーオ戦績と経歴、現在の強さなどを振り返ってみましょう。

リング名「ブアカーオ」とは白蓮って意味だそうです

プロフィール

ブアカーオ・バンチャーメー(以前はブアカーオ・ポー.プラムック)選手はタイ出身で、まもなく5月で41歳になります。本名は「ソムバット・バンチャーメー」。

母国ではムエタイの強豪として数々のタイトルを獲得。ルックスの渋さも相まって今でも大変人気ある「レジェンドファイター」です。ムエタイ技である首相撲からの膝蹴りを得意としながら、K−1参戦を機にボクシング技術も向上。相手の弱点を徹底的に突く優れた戦術やパワーで一世を風靡しました。

戦績

◆ブアカーオ・バンチャーメーのプロキックボクシング戦績

276戦240勝(73KO)24敗12分

ブアカーオ選手といえば、全盛期K-1で二度もチャンピオンになったものすごい強さが特筆されます。まず2004年、K-1 WORLD MAX 2004に初出場。小比類巻貴之選手や前年優勝者の魔裟斗選手といったスター達を次々下し、いきなり初優勝を飾ります。

2006年にはK-1 WORLD MAX 2006の準々決勝で佐藤嘉洋選手をKO、決勝戦では前年の決勝で敗れたアンディ・サワー選手をKOでリベンジし史上初の二度目の王者に。

その年の「世界王者対抗戦」ではでシュートボクシング出身の宍戸大樹選手を、右ハイキックと左フックの2つだけで開始わずか15秒でKOする圧巻の強さを見せました。

K-1ではライバル達との壮絶な対戦もファンを魅了する見所でした。「カリスマ」魔裟斗選手とは1勝1敗、佐藤嘉洋選手とは2勝1敗、サワー選手とは1勝2敗と、長年名試合を繰り広げました。

ブアカーオの強さ現在は?

実に300戦近くもある「ブアカーオ戦績」。全盛期の強さはまさに圧倒的でしたが、さすがに現在は40歳を超えて往事の迫力には陰りが見えるようです。一応今も現役ということですが、主としてジム後輩たちの指導が中心で、コロナ禍もあってここ数年自身の公式戦はなし。

昨年7月にプノンペンで3年ぶりに、32勝10敗の戦績を持つベラルーシ選手(33)と公式戦を行いましたが、二人とも3R目では明らかに疲れが見えて組み合うシーンばかりとなり、ブアカーオ選手も照れもあってか首をひねって苦笑する場面が。

結局試合はブアカーオ選手の判定勝利で終わりましたが、これを見る限り5月の安保戦はかなり厳しい展開も予想されそうです。

安保は小学生のころ、当時絶頂スターで憧れのブアカーオにタイまで会いにいったとか。遂に対戦する日が来て感慨深いだろうし、またちょっと複雑な気持ちかもな…

ブアカーオのエピソード

そんな「昔は超凄かった」ブアカーオ選手ですが、最近、エキシビションでの「やり過ぎ」が日本でも話題になりました。

去年8月、タイのラジャダムナンスタジアムで、RIZIN期待の超新星「キングカズ次男」三浦孝太選手と、20歳差「親子レベル」エキシを開催。ブアカーオ選手は手加減なしに殴りまくり、「韓流ぽいイケメン」と熱狂的三浦ファンのタイ女性で埋め尽くされた会場からは「もうやめて!」「コータの顔を傷つけないで!」と黄色い絶叫が渦巻く事態になりました。

また同年10月には同スタジアムで、今度は現役時代のライバル佐藤嘉洋氏(7年前に引退)とエキシ。佐藤氏によると事前の打ち合わせ・契約を無視して、ブアカーオ選手がいきなり本気カウンターを見舞い1RKOされるまさかの展開に。後日、主催者が佐藤氏に謝罪し違約金を支払ったそうです。

なんでエキシでそんな燃えんねんw。まあ確かに40歳であのバキバキ腹筋仕上がり具合は尊敬するが…大人げないやろ(苦笑)

ブアカーオに関するQ&A

と、いい意味悪い意味で今も「タイのスーパースター」なブアカーオ選手。最後に彼のトリビアQ&Aをご紹介して終わります。

Q.タイでの人気度は?

A.2015年、大学生向け人気調査で男子スポーツ選手3位に。タイで映画出演したことも。

Q.格闘家になったきっかけは?

A.「母親を亡くし、一家の大黒柱としてファイトマネーを家族の生活費や妹の学費に充てた」と紹介する母国TVもあったが、実は比較的裕福な家庭で育ち、純粋に強くなりたいとムエタイを志したとされる。

Q.好みの女性のタイプは?

A.「日本の女優、深田恭子さん」だとかつて発言したという。

まとめ

要約しますと

  • 5月6日「RIZIN42」で安保瑠輝也と久々の公式戦を行うタイの元K-1王者ブアカーオとは?
  • 2000年代のムエタイ強豪で魔裟斗、佐藤らと何度も対戦のライバル。戦績は実に300戦近く
  • 去年三浦孝太や佐藤とのエキシではKY本気殴り(笑)。3年ぶり公式戦ではスタミナ切れ…

-格闘技

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.