男子テニス

メルボルンの山火事の影響の本当のところは?全豪オープンテニスは大丈夫か現地の写真を探してみた

プロテニスの今シーズンが始まり、4大大会(グランドスラム)第1戦となる全豪オープンテニスも、20日にオーストラリアのメルボルンで本戦が開幕します。

しかしオーストラリアといえば、気になるのは長期間続く大規模な山火事の影響

今年の全豪オープンテニスは無事に開催できるのでしょうか。メルボルンでの山火事の影響は現状どうなのか、現地の写真や動画を探してみました。

コアラの食料ユーカリには油分が多いから、群生している豪では火の回りを早めたとも言われてる…だからコアラ自体の被害も大きかったんだね

メルボルンの山火事の影響の本当のところは?現地写真は?

昨年、我らが大坂なおみ選手が見事初優勝し、GS連覇という快挙に沸いた全豪オープンテニス。今年も大坂選手はじめ、世界のトッププロの熱戦が期待されます。

ただ今年の一番の心配は、長引くオーストラリアの大規模な山火事の影響です。豪では夏が近づく昨年9月ごろから、高温と乾燥のため大陸東部や南東部で大規模な山火事が発生。被害は拡大し続け、焼失面積は北海道より広い1000万㌶に達し、昨年来で25人以上が死亡、数万匹ものコアラが焼死したといわれます。

山火事の影響は全豪オープンテニスが開催されるヴィクトリア州・メルボルンにも到達。煙による大気汚染や、健康被害などが懸念されています。

では最新のメルボルンでの山火事による影響はどうなのでしょうか。現地からのツイートによると、やはり上空はまだ煙が多い状態のようです。

↓15日、機内から見たメルボルン上空

ただ「天の恵み」というべきか、このところ豪南東部は雨天の傾向。15日にもところによって土砂降りのような豪雨があり、メルボルン市内も雨と風のおかげでやや小康状態となった様子です。

↓大雨が降る15日のメルボルン市内

最近のBBCニュースは、「山火事で荒廃した豪南東部の一部に、大いに必要な雨が到来した。火災鎮火にはより多くの降雨が必要だが、この雨は多くの地域で歓迎すべき猶予をもたらした。嵐もメルボルンでの煙の拡散にも役立っている」と伝えています。

↓ヴィクトリア州関連のニュース動画

https://www.bbc.com/news/av/embed/p080jy5g/51135384

被害が大きいニューサウスウェールズ州や、メルボルンのあるヴィクトリア州政府のサイトによれば、17日時点では大気汚染の程度も「呼吸器疾患などがある人は屋外活動を減らすように」といったレベルの警告に落ち着きつつあるようです。

完全鎮火には相当な大雨が必要なんだって。でも豪雨続きでも新たな災害になってしまうし…悩ましいよね

全豪オープンテニスは本当に大丈夫か?

このところの降雨で、やや山火事の影響が落ち着きつつある豪メルボルン市内。では、同市内の「メルボルンパーク」でまもなく本戦が始まる全豪オープンテニスの実施には問題はないのでしょうか。

全豪オープンテニスでは既に14日から予選がスタート。しかしこの日は煙霧により試合開始が遅れたほか、暑さと大気汚染の影響で、試合中にリードしていたヤクポビッチ選手(スロベニア)が、咳が止まらず棄権する事態まで起きました。

連日の試合遅延に加え、選手棄権という“実害”が発生したこともあり、予選出場選手の間では「中止かインドアで行うべきだ」「シード選手はもっと発言すべきだ」といった不満の声も上がったようです。

ただ15日には雨が降って大気汚染がいったん流されたことから、その後は予定通り進行。大会は2月2日までの予定ですが、地元メディアによると、主催者テニス・オーストラリアのクレイグ・ティリーCEOは「私たちにとって初めての経験。大気の状態を監視しながら専門家の意見も聞いて対応する」と、状況を注視しつつ進めていく考えを示しています。

地元キリオス選手の呼びかけでBIG4、セレーナ、大坂選手らも参加して始めた被災者救済募金は、豪ドルで約3億6700万円に達したそうだよ!

https://twitter.com/AustralianOpen/status/1217378578188447745

メルボルンの現地の反応まとめ

みんなの反応

メルボルンにいますが今のところ問題無さそう。けど天気良くなったらBush Fireの警告が出てきた

ネットの感想

今日のメルボルンは夕方からめちゃくちゃな天気で、大雨と雷です。ショッピングセンターも雨漏りしていました。案の定松岡さんメルボルンにいなかったんですね…

みんなの反応

来週のメルボルンの天気予報見てみた。マジかっ!ずっと天気が悪いじゃない。私ってホント雨女なのねトホホ。でも、今年のオーストラリアでは歓迎されるわね

ネットの感想

雨が降って風向きも変わってメルボルンの空気の状態はずいぶん良くなりました。あしたは全豪OPのキッズテニスデー。楽しみ

みんなの反応

メルボルンの天気は「1日に四季がある」言われる様に変化が激しいのです…

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ここがポイント

  • 全豪OPテニスの実施に影響が心配される豪の大規模な山火事
  • 開催地メルボルンでは煙霧ひどく、予選選手棄権などの事態も
  • 最近は大雨続きで火災や煙霧も小康状態。本戦は予定通りの方向

今年の全豪OP、最も注目なのは第3シードの大坂なおみ選手が女子シングルスで2連覇を達成できるか、です。先日の抽選会の結果、大坂選手は1回戦で世界ランキング59位のブズコバ選手(チェコ)との顔合わせに。

同じドローの山にはソフィア・ケニン、セリーナ・ウィリアムズ選手(ともに米国)ら強豪が控えており、再び厳しい戦いが始まります。

ケガのため男子の錦織選手は欠場ですが、土居美咲、西岡良仁選手らの活躍にも期待したいところ。まずは災害の影響が最低限に収まり、問題なく試合が進むことを祈りたいものです。

無事に大会が終えられれば、それは豪国民にとってもよいことなんだなと願いたいよね!

関連

-男子テニス
-

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.