ボクシング

カネロvsカラム・スミス戦の予想とファイトマネーは?

パウンド・フォー・パウンド1位のカネロがWBA世界スーパーミドル級スーパー王者のカラム・スミスと12月19日(土=現地時間、場所は未発表)に対戦すると発表されました。

カネロvsカラム・スミス戦の結果を予想し、ファイトマネーの額を推定しました。

コロナ禍後のカネロ復帰戦としてベストの組み合わせだと期待の声が多いようです。

すごいファイトマネーなんだろな

カネロvsカラム・スミスの予想

カネロvsカラム・スミス戦の予想をしてみましょう。

カラム・スミスの強みは、
・190cmを超える長身で、リーチも197cmと長く、カネロとそれぞれ19cmもの差があり、上背を生かして、懐が深い。
・左フックと右のクロスカウンターを得意としており、このパンチでのKOが多く、ボディーブローが正確で相手のディフェンスを崩すこともできる。
・どんな状況でもガードを下げず、守りが崩れることがほとんどない。
という点にあります。

一方、パウンド・フォー・パウンド(PFP)1位で世界最強との言われるカネロの強みは、

・凄いパワーの攻撃的なボクシング(パンチとカウンターが同等)
・相手のジャブ、ストレートをダッキングで、ボディーをバックステップやスウェーでかわす芸術的なまでのディフェンス力
など、パワー・スピード、テクニック・耐久性がトップレベルにある万能ボクサーです。

カラム・スミスは、小柄で接近戦得意のジョン・ライダーとの最新の試合に大苦戦したところを見ると、カネロが、いくら小柄でも、得意な接近戦に持ち込めば、ジョン・ライダー以上のパワーとテクニックで優位に立つのではと予想されます。

判定にまでもつれることなく、カネロのKO勝ちと予想します

 

この投稿をInstagramで見る

 

Callum Smith(@callumsmith23)がシェアした投稿

ブランクの1年あまりをどう過ごしたかがポイント

カネロvsカラム・スミスのファイトマネー(推定)

カネロvsカラム・スミスのファイトマネーを推定してみましょう。

サウル〝カネロ〟アルバレス(メキシコ)のファイトマネーについては、かなり情報があります。

日時勝敗対戦相手ファイトマネー(1$:110円計算)備考
2020年12月19日カラム・スミス(イギリス)WBA世界スーパーミドル級王座統一戦
2019年11月2日勝利セルゲイ・コバレフ(ロシア)3500万ドル(38.5億円)WBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ
2019年5月4日勝利ダニエル・ジェイコブス(アメリカ合衆国)3500万ドル(38.5億円)WBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦
2018年12月15日勝利ロッキー・フィールディング(イギリス)3500万ドル(38.5億円)WBA世界スーパーミドル級タイトルマッチ
2018年9月15日勝利ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)500万ドル+PPV(60億円)WBAスーパー・WBC世界ミドル級タイトルマッチ

2018年10月17日に、カネロは、契約を交わしていたHBOのボクシング撤退に伴い、DAZNと5年11試合3億6500万ドル(約410億円)の巨額の配信契約を結びました。

これ以降の、第1戦ロッキー・フィールディング(イギリス)、 第2戦ダニエル・ジェイコブス(アメリカ合衆国)、第3戦セルゲイ・コバレフ(ロシア)では、毎試合3500万ドル(約38.5億円)を得ていると報じられています。

ところが、2020年7月25日、DAZNが新型コロナウイルスの影響やカネロがゴロフキンとの第3戦目を拒否してきたことに対する不満から、カネロにファイトマネーの大幅な減額を迫るなどの紛争が生じました。

これに対し、カネロはDAZNや彼をこれまでプロモートしてきたゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)などを相手取り、複数の契約違反を理由に訴訟を起こしました。

特に対戦相手の選定の際、三者それぞれの契約の解釈に齟齬があったのが、原因のようです。

損害賠償額が最低でも2億8000万ドル(約296億8560万円)に上るとも言われており、裁判の長期化が予想されていました。

ところが一転して、11/6カネロ側がカネロのフリーエージェント宣言を行い、GBPとの契約解消し、DAZNとの関係もなくなることになりました。
訴訟は一応和解となった模様です。

そして、フリーエージェント宣言後の最初の試合として組まれたのが、11/17にカネロがSNSで発表した12/19のカネロvsカラム・スミス戦という訳です。

年内のリング復帰を切望したカネロが決断したのか、和解内容に含まれていたのか、米国ではDAZNが中継することになっています。

カラム・スミスのこれまでのファイトマネーの情報はかなり古い試合以外ほとんどありません。

しかし、今回の試合発表の前に、カラム・スミスはカネロのオファーを2度断ったと言われています。

2020/2/14の記事
カネロが、5月2日(日本時間3日)に米・ラスベガスで予定する次戦は、WBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英)に正式オファーが送られたが、スミスはそれを断りました。

2020/7/22 の記事
9月12日(日本時間13日)のDAZN放映興行でリング復帰を目指したカネロが、カラム・スミスに500万ドル(約5億3400万円)で対戦オファーを出したが、スミスの希望額は600万ドル(約6億4080万円)と報じられましたが、これは、成立しなかった模様です。

いずれもカネロのフリーエージェント宣言前のことです。

今回の試合のファイトマネーもこれが参考になると思われます。

以上これまでの経緯から、

カネロのファイトマネーは、これまでの1試合3500万ドル(約36.8億円)を切ることはないと思われます。

一方のカラム・スミスはオファーを受けたからには、600万ドル(約6億3000万円)を上回ることが約束されたのであろうと推測されます(現在の為替:1ドル=105円として)。

両者とも納得の組み合わせね

カネロvsカラム・スミスのみんなの予想

カラムスミスはカネロにとって相当な難関と、、、。カラムスミスの試合ちゃんとみてみよー。 まあPFPトップを文句なしで語るんならKOやねー。
カラムスミスVSカネロアルバレス 予想ボディ攻めでカネロのKO勝ち
スミスは最近のカネロの対戦者の中では一番強くてやりにくいと思うね 兄リアム・スミスがカネロにKO負けしてるから敵討ち的な要素もあって面白いね!
カラム・スミスの試合をちゃんと観た。意外に接近戦も上手いし、カウンターも打てる。 あの遠い距離からのカウンターは厄介だと思う。 カネロは苦戦しそうだ
カラム スミス強いから楽しみです。 WBSSでも勝負強さも打たれ強さも見せました。 カネロを捌ききれるとは思えませんが、たえれたら判定勝ちもあるかもしれません。 ズバリ予想は6回にボディでカネロのKO勝ちです

出典:ヤフコメ

予想は各人各様ね!

まとめ

要約すると...

  • 接近戦で、カネロがカラム・スミスをKOで仕留めると予想する
  • ファイトマネーはそれぞれカネロ3500万ドル(約36.8億円)、カラム・スミス600万ドル(約6億3000万円)を超えると推定する
  • ネットの勝敗予想は真っ二つに割れているが、近年でベストの組み合わせであることに異論はないようだ
試合開始が待ち遠しい!

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.