ボクシング

カネロ(アルバレス)の戦績一覧と強さの秘密!負けた試合と村田諒太との比較

通称カネロのサウル・アルバレスの戦績一覧とその強さについて
メイウェザーとの対戦から見ている私がシェアしていきます。

2020年2月現在P4P1位~3位と、媒体によってはロマチェンコ以上の評価を得ているカネロですが
村田諒太と対戦するにあたってかなり調べる人が多くなっています。

メキシコではかなり人気ですが、2018年にドーピング疑惑の過去もあり「ダークな一面があり嫌い」という人もいます。

ネリと比べたら、いろんなことがマシに思えてしまう現象に今なってるけど、実際カネロはボクシングに対してどのくらい純粋なの?

カネロ(アルバレス)の戦績一覧

通称カネロ、サウル・アルバレスの戦績一覧をまずお伝えします。
2020年2月現在、56戦53勝(35KO)1敗2分となります。
プロ転向が普通の人より早いので試合数がかなり多いです。

唯一負けたのはメイウェザー戦の判定で、
実際試合を見ると、カネロは攻撃的で善戦はしているようには見えました。
私がそれでカネロを初めて見た時はボクシングの知識があまりなかったのですが、そういう素人目線で見ると
なぜメイウェザーが勝ったのかよく分からない感じの試合でありました。

ただ思いだすと、玄人目からするとメイウェザーがかわしていて、カネロは最後まで捕まえられなかったなとも
言えると思います。youtubeでありますので興味ある人は見てみては。

メイウェザーはそういう試合が多く、ディフェンスのうまさでポイントを取って
勝つことが多いため、見た目「圧倒的にすごい!」という感じにあんまりならないことが多く
カネロとの試合もそうでした。

戦数日付勝敗時間結果内容対戦相手対戦相手の
国籍
備考
562019年11月2日勝利11RTKOセルゲイ・コバレフロシアWBO世界ライトヘビー級タイトルマッチ
552019年5月4日勝利12R判定3-0ダニエル・ジェイコブスアメリカ合衆国WBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦

WBA防衛1・WBC防衛1・IBF王座獲得
542018年12月15日勝利3R 2:38TKOロッキー・フィールディング イギリスWBA世界スーパーミドル級タイトルマッチ
532018年9月15日勝利12R判定2-0ゲンナジー・ゴロフキン カザフスタンWBAスーパー・WBC世界ミドル級タイトルマッチ

IBO王座獲得・リングマガジン王座獲得
522017年9月16日引分12R判定1-1ゲンナジー・ゴロフキン カザフスタンWBA・WBC・IBF世界ミドル級タイトルマッチ
512017年5月6日勝利12R判定3-0フリオ・セサール・チャベス・ジュニアメキシコ
502016年9月17日勝利9R 2:28KOリアム・スミスイギリスWBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
492016年5月7日勝利6R 2:37KOアミール・カーンイギリスWBC防衛1
482015年11月21日勝利12R判定3-0ミゲール・コットプエルトリコWBC世界ミドル級タイトルマッチ

WBC・リングマガジン王座獲得
472015年5月9日勝利3R 2:19KOジェームス・カークランドアメリカ合衆国
462014年7月12日勝利12R判定2-1エリスランディ・ララキューバ
452014年3月8日勝利10R 0:47TKOアルフレド・アングロメキシコ
442013年9月14日敗北12R判定0-2フロイド・メイウェザー・ジュニアアメリカ合衆国WBA・WBC世界スーパーウェルター級王座統一戦
432013年4月20日勝利12R判定3-0オースティン・トラウトアメリカ合衆国WBA・WBC世界スーパーウェルター級王座統一戦

WBA・リングマガジン王座獲得

WBC防衛6
422012年9月15日勝利5R 2:55TKOホセシート・ロペス アメリカ合衆国WBC防衛5
412012年5月5日勝利12R判定3-0シェーン・モズリー アメリカ合衆国WBC防衛4
402011年11月26日勝利5R 2:53TKOカーミット・シントロン プエルトリコWBC防衛3
392011年9月17日勝利6R 2:36TKOアルフォンソ・ゴメス メキシコWBC防衛2
382011年6月18日勝利12R 0:48TKOライアン・ローズ イギリスWBC防衛1
372011年3月5日勝利12R判定3-0マシュー・ハットン イギリスWBC世界スーパーウェルター級王座決定戦
362010年12月4日勝利12R判定3-0ラブモア・ヌドゥ オーストラリアWBCシルバー防衛2
352010年9月18日勝利6R 2:58KOカルロス・バルドミール アルゼンチンWBCシルバー防衛1
342010年7月10日勝利6R 1:23TKOルシアノ・レオネル・クエリョ アルゼンチンWBC世界スーパーウェルター級シルバー王座決定戦
332010年5月1日勝利9R 2:51TKOホセ・ミゲル・コット プエルトリコ
322010年3月6日勝利3R 0:23KOブライアン・カメチス アメリカ合衆国NABF防衛5
312009年12月5日勝利12R判定 3-0ラナルド・タイナー アメリカ合衆国NABF防衛4
302009年9月15日勝利1R 2:46TKOカルロス・レオナルド・ヘレラ アルゼンチンWBCユース防衛1
292009年8月8日勝利2R 2:33KOマラト・クゼエフ ロシアWBC世界ウェルター級ユース王座決定戦
282009年6月6日勝利9R 1:54KOジェファーソン・ルイス・ゴンカロ ブラジルNABF防衛3
272009年4月11日勝利10R 2:53TKOマイケル・ロサレス メキシコNABF防衛2
262009年2月21日勝利11R 1:36TKOユーリ・ゴンサレス ドミニカ共和国NABF防衛1・WBOラテンアメリカ王座獲得
252009年1月17日勝利1R 1:52TKOアントニオ・フィッチ メキシコNABF北米ウェルター級王座獲得
242008年12月5日勝利1R 2:30TKOラウル・ピンゾン コロンビアWBAフェデセントロ防衛2
232008年10月24日勝利10R判定 3-0ラリー・モズリー アメリカ合衆国
222008年8月2日勝利10R判定 3-0カルロス・アダン・ヘレス アルゼンチンWBAフェデセントロ防衛1
212008年6月28日勝利10R判定 3-0ミゲル・バスケス メキシコ
202008年6月6日勝利10R判定 2-1フランシスコ・ヴィラヌエバ メキシコ
192008年4月18日勝利12R 0:10TKOガブリエル・マルチネスメキシコWBAフェデセントロウェルター級王座決定戦
182008年3月14日勝利9R 2:32TKOフランシスコ・ヴィラヌエバメキシコハリスコ州王座防衛1
172008年2月22日勝利1RKOアクセル・ロドリゴ・ソリス メキシコ
162007年12月15日勝利2RTKOショーン ・ ホリーアメリカ合衆国
152007年8月31日勝利12R判定 3-0リカルド・カノ メキシコハリスコ州ウェルター級タイトルマッチ
142007年8月18日勝利10R判定 3-0クリスチャン・ソラーノ メキシコ
132007年6月1日勝利2RTKOヘスス・アベル・エルナンデスメキシコ
122007年5月19日勝利4R 1:48KOビクター・マルケスメキシコ
112007年3月30日勝利4R 2:40KOイワン・イレスカス メキシコ
102007年3月2日勝利8RTKOハビエル・マルチネスメキシコ
92006年12月8日勝利2RKOダニエル・マルチネス アメリカ合衆国
82006年9月29日勝利5R 1:20KOフランシスコ・ヴィラヌエバ メキシコ
72006年9月15日勝利2RKOクリスチャン・エルナンデス メキシコ
62006年7月21日勝利2RKOファン・エルナンデス メキシコ
52006年6月17日引分4R判定1-1ホルヘ・スアレス メキシコ
42006年2月10日勝利1RKOペドロ・ロペス メキシコ
32006年1月20日勝利4R判定2-1ミゲル・バスケスメキシコ
22005年11月26日勝利2R 2:25KOパブロ・アルバラードメキシコ
12005年10月29日勝利4RTKOアブラハム・ゴンサレス メキシコプロデビュー戦

しかし、あのP4P元1位のゴロフキンとの試合を見れば
カネロが強いということはよくわかります。
実際、判定は疑わしいとよく言われますがあのゴロフキンのパンチをあれだけ被弾しても倒れないわけですし
互角にやり合うのはどう転んでも「強い」と言えます。
その辺は数字も交えて後述していきます。

カネロ(アルバレス)のプロフィール

カネロ(アルバレス)のプロフィールを彼のSNSをシェアしながら紹介します。

この投稿をInstagramで見る

Las cosas toman tiempo.

Saul Alvarez(@canelo)がシェアした投稿 -

カネロ(アルバレス)のプロフィールを表にしてみました。

本名サントス・サウル・アルバレス・バラガン 
通称Canelo(カネロ)スペイン語で
シナモン
髪の毛の色が由来
出身メキシコ・ハリスコ州グアダラハラ本人はグアダラハラと言っているが
家族はその時
サン・アグスティンにいた
国籍メキシコ
誕生日・年齢1990年7月18日生まれ8人兄弟の一番下
8人中7人が男
身長175cm
リーチ180cm
アマ戦績記録が曖昧
・20戦ほどの戦績という人
・44勝2敗だ、という人も
若いうちにすぐにプロ転向した
プロ戦績56戦 53勝 (35KO) 1敗 1分1敗はメイウェザー判定で
1分はゴロフキン
デビュー2005年10月29日
経験階級現ミドル級
スーパーウェルター級
スーパーミドル級
ライトヘビー級

利き手
タイプオーソドックス
KO率62.5%
その他・16歳の時に女の子を授かる
・全員で2人の娘と1人の息子がいるが
全員母が違う
兄弟に3人ボクサーがいる
皆ウェルター級
・ボラモン・アルバレス
・リカルド・アルバレス
・リゴベルト・アルバレス
(一度ウェルター級暫定チャンプに)
お、思ったより身長高くないんや!

カネロ(アルバレス)は、農場の子で8人兄弟の一番下。7人は男の大家族。
13歳で初めてグローブを付けました。

この投稿をInstagramで見る

Disciplina, perseverancia y dedicación!👊🏻

Saul Alvarez(@canelo)がシェアした投稿 -

見て、ワイルダーもそうだったけど、やっぱりトップ選手は慈善活動かなりしてるね。ガンの子供たちへの支援をしているよ
https://www.instagram.com/p/BsLeUcAhS4C/

子供の写真みっけ「My boy」って言ってるからカネロの子供だね。2年前で2,3歳?

この投稿をInstagramで見る

My boy 👦🏼 ❤️ #teamcanelo

Saul Alvarez(@canelo)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

Feliz cumpleaños mi princesa ❤️

Saul Alvarez(@canelo)がシェアした投稿 -

いろいろあるとは思うけど、皆腹違いなのがちょっと気になるわ。これを考えるとワイルダーって一途だよね

カネロ(アルバレス)のドーピング疑惑

また、カネロは「ドーピングに引っ掛かったことがありダークヒーローだ」という人もいます。

これは真相は闇の中ですが、あの紳士なゴロフキンが「断罪」しております。
2018年3月5日ゴロフキンとの再戦前の抜き打ちテストでカネロはドーピングに引っ掛かり、ゴロフキンは
引き分けだっ最初の試合で「明らかに筋肉が肥大していた」「手や腕にいくつかの注射痕があるのは否定できない」と。

確かに元々メキシコボクサーは、肉が検査されないことが多いので、汚染された肉を食べたことでドーピングに引っ掛かるケースは時々あるのですが
ゴロフキンが言うように意図的なのか、気になるところであります。
この時は6か月の処分で戻り、ゴロフキンと再戦して2-0の判定勝ちとなりました。

ゴロフキンは信頼が高いから言っていることを信じたくなっちゃうけど、真相は闇なのね。
カネロは腹立たしそうに、ドーピングを否定していたけど、私には本当っぽく見えたし、かなり微量だったのよね。
実際、その他の試合を見るとちゃんと練習して、正当に技術で勝っている感じは確かにあるから、強いことには変わりないよね

かなり個人的な勝手な予想でありますが、少なくとも悪質ではないと思っております。
かなり当時はいろいろ言われましたが、しっかりとボクシングをやっていて
受け答えもしっかりしていますし
身長175㎝でライトヘビー級もしっかり勝っていて、本物と見ていいのでは...と90%くらい思っています。

その他、カネロは、キャッチウェイト(本来決められた階級制の体重制限ではなくて、その試合のためだけに契約した体重制限)での試合が多いのも彼を批判する人が多い理由のひとつです。

細かい規定をすべて把握するのは難しいのですが、多少そのへん自分らに有利にやっているのでは?と思われる疑惑が残るのです。

ルイス・ネリと比べたら全然大丈夫なボクサーだとは思っています。

カネロ(アルバレス)の強さ

カネロ(アルバレス)の強さはP4Pで多く1位になっているように、
パワー、スピード、耐久性、テクニックともトップレベルと見て間違いありません。

メイウェザーは確かに強いですが、基本的に絶対勝つためにピークの相手はスルーして、ピーク過ぎにマッチメイクという
パターンは確実に多かったです。
それに対しカネロは当時ピークといって過言ではないP4P1位のゴロフキンとやりましたし(ドーピング疑惑はあったものの)
その後のジェイコブズ、ライトヘビー級にあげてのコバレフへのKO勝ちで本物と見て間違いないと確信され
P4P1位も納得です。

ジェイコブズ戦で印象的だった、ヘッドムーブが幕之内一歩みたいにも見え
攻撃力もあるし、防御も堅い、いいボクサーであるのが分かります。

また、具体的な数字があったので紹介します。
ゴロフキンとの1回目の戦いですが、以下のような数字が出ています。

ゴロフキン:パワーパンチ703のうち218(31%)がヒット
カネロ:パワー505のうち169(34%)がヒット

つまり、手数はゴロフキンの方が多かったけど、ヒットの成功率はカネロの方が上だったということです。

再戦の数字は
ゴロフキン:ジャブ547のうち118(21.6%)がヒット
カネロ:ジャブ256のうち59(23%)がヒット

ゴロフキン:パワーパンチ332のうち116(34.9%)がヒット
カネロ:パワーパンチ366のうち143(39.1%)がヒット

ということで前回以上のヒット率で2戦目を勝利しました。

ええええ...普通の人なら1発で落ちるところをこんなにヒットしてすごいなプロって..

参考:https://bit.ly/2RHIv9J

このように見ても、カネロはゴロフキン以上の「ヒット率」を持っていることが分かります。
ゴロフキン自体、かつては「自動追跡」と言われるほど、いいところにヒットするパワーパンチの持ち主と言われてきましたから
それを上回るカネロは、やはり「目」や「当て勘」が非常にいいのが分かります。

カネロ(アルバレス)が負けた試合

カネロ(アルバレス)が負けた試合ということですが、アマ時代は前述したように、あまり記録がはっきりとありませんし
かなり若いので参考にならないでしょう。

そうなると、やはりメイウェザー戦が唯一のはっきりした負けとなります。
それについて彼は以下の動画で語っていますね。

カネロ(アルバレス)のP4P

カネロの現在のP4P。
老舗のRing誌が1位にしている時点でその凄さが分かります。
いろいろダークな噂はありますが、ジェイコブズ、コバレフを倒した時点で本物に違いないと私も思いました。

2020/1
時点でのランク
THE RING
(老舗・元祖)
2020/1/04更新
ESPN
(専門家投票制)
2019/12/18
WBN
(WorldBoxingNews)
更新日不明
2020/1中旬確認
boxingscene

更新日不明
2020/1中旬確認
1位サウル・アルバレス(29)
メキシコ
ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
サウル・アルバレス(29)
メキシコ
井上尚弥(26)
日本
2位ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
サウル・アルバレス(29)
メキシコ
3位井上尚弥(26)
日本
サウル・アルバレス(29)
メキシコ
井上尚弥(26)
日本
ワシル・ロマチェンコ(31)
ウクライナ
4位テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
井上尚弥(26)
日本
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
5位オレクサンドル・ウシク
(32)
ウクライナ
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
マニー・パッキャオ(40)
フィリピン
オレクサンドル・ウシク
(32)
ウクライナ
6位エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
オレクサンドル・ウシク
(32)
ウクライナ
ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
エロール・スペンス・ジュニア
(29)
アメリカ
7位ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
テレンス・クロフォード(31)
アメリカ
マニー・パッキャオ(40)
フィリピン
8位ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
オレクサンドル・ウシク
(32)
ウクライナ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
9位アルツール・ベテルビエフ(34)
ロシア
デオンテイ・ワイルダー(33)
アメリカ
ファン・フランシスコ・
エストラーダ(29)
メキシコ
ゲナジー・ゴロフキン
(37)
カザフスタン
10位マニー・パッキャオ(40)
フィリピン
マニー・パッキャオ(40)
フィリピン
デオンテイ・ワイルダー(33)
アメリカ
ジョシュ・テイラー(28)
イギリス
村田諒太選手は、ミドル級でも7~8位。WBNの50位にも入ってないから、対戦したらかなり厳しいよ...。日本でやるからかっこ悪いところを見せられないだけに、どう対策するのか...

カネロ(アルバレス)の主な試合(公式動画)

カネロ(アルバレス)でyoutubeに上がっている公式動画を集めました。
メイウェザーはありませんでしたが、個人的なおすすめ順でどうぞ。

まさかのライトヘビー級にあげてのコバレフ撃破。P4P1位を獲るためためだったのだろうか。

そしてゴロフキン1戦目

カネロ(アルバレス)の海外の反応・評価

みんなの感想

審判買収してる?GGG戦で110-118カネロつけたのが意味がわからない

ネットの反応

個人的には2回目もゴロフキンが勝ったと思ってる。3度目もやるべき

みんなの感想

コバレフに勝ったのは衝撃だった。判定か負けるかと思っていた

ネットの反応

カネロはゴロフキンを研究しつくした。そしてその戦いに勝った

みんなの感想

カネロのディフェンスは鉄壁。そして一発も強い。彼はビーストだ。

みんなの感想

カネロP4P1位は納得いかない。ロマより技術的に長けるわけがないだろう

ネットの反応

汚れたボクサーだ。それが1位なんてボクシング界も終わった

みんなの感想

コバレフ戦でカネロは最強を証明した。

ネットの反応

ゴロフキンは彼らのチームが汚れていると指摘している。

みんなの感想

判定ならカネロが確実に勝利する。なんかあるでしょ。

出典:twitter

カネロ(アルバレス)まとめ

以上まとめます。

ココがポイント

  • カネロは2020年2月現在、56戦53勝(35KO)1敗2分
  • コバレフ撃破でかなり評価をあげたが、それまでドーピング疑惑やキャッチウェイトなど疑惑がある
  • 老舗のRing誌も認める最強ボクサー

この最強ボクサーに村田諒太選手が対戦する可能性が濃厚ですが、
ドームでやるならかなりお金が稼げるからなのではないかと一部のファンは疑っていますね。

日本人としてはうれしいですが、カネロのメリットは何か?

やはりお金しかない。
親日だという話はありますが、どうも納得いかない部分はあります。

ただ、少しの期待はしています。村田諒太選手は頭がいいので、何かしら特別な対策で活路を見いだし
面白い試合をしてくれたらいいのですが。

-ボクシング
-,

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.