ボクシング

クロフォード(ボクシング)の戦績と動画!スペンスとはいつ?

昨年末にウェルター級WBO世界王者として、3度目の防衛を果たしたクロフォード(ボクシング)の次の試合に注目が集まっています。
WBC・IBF世界王者スペンスとの統一戦は実現するのでしょうか?
クロフォードの強さを戦績と動画で見てゆきましょう。

期待したいわ!

クロフォード(ボクシング)の戦績と動画

クロフォード(ボクシング)の戦績と動画を見てゆきましょう。

戦績は無敗の37勝28KOとなります。

日付対戦相手国籍対戦相手戦績
勝 負 分
勝敗時間内容備考
382021年11月20日ショーン・ポーターアメリカ合衆国31 5 1勝利10R 1:21TKOWBO防衛5
372020年11月14日ケル・ブルックイギリス29 2 0勝利4R 1:14TKOWBO防衛4
362019年12月14日エギディウス・カラバウスカスアメリカ合衆国21 0 1勝利9R 0:44TKOWBO防衛3
352019年4月20日アミール・カーンイギリス33 4 0勝利6R 0:47TKOWBO防衛2
342018年10月13日ホセ・ベナビデスアメリカ合衆国27 0 0勝利12R 2:42TKOWBO防衛1
332018年6月9日ジェフ・ホーンオーストラリア18 0 1勝利9R 2:33TKOWBO世界ウェルター級タイトルマッチ
322017年8月19日ジュリアス・インドンゴナミビア22 0 0勝利3R 1:18KOWBA・WBC・IBF・WBO世界スーパーライト級王座統一戦

WBA王座獲得・WBC防衛3・IBF王座獲得・WBO防衛6
312017年5月20日フェリックス・ディアス ドミニカ共和国19 1 0勝利10R 3:00TKOWBC防衛2・WBO防衛5
302016年12月3日ジョン・モリーナ・ジュニア アメリカ合衆国29 6 0勝利8R 2:32TKOWBC防衛1・WBO防衛4
292016年7月23日ビクトル・ポストルウクライナ28 0 0勝利12R判定3-0WBC・WBO世界スーパーライト級王座統一戦

リングマガジン世界スーパーライト級王座決定戦

WBC王座獲得・WBO防衛3
282016年2月27日ヘンリー・ランディーアメリカ合衆国26 5 1勝利5R 2:09TKOWBO防衛2
272015年10月24日ディエリー・ジャン カナダ29 1 0勝利10R 2:30TKOWBO防衛1
262015年4月18日トーマス・ドゥローメ プエルトリコ22 1 0勝利6R 1:51TKOWBO世界スーパーライト級王座決定戦
252014年11月29日レイムンド・ベルトラン メキシコ29 6 1勝利12R判定3-0リングマガジン世界ライト級王座決定戦

WBO防衛2
242014年6月28日ユリオルキス・ガンボアキューバ23 0 0勝利9R 2:53TKOWBO防衛1
232014年3月1日リッキー・バーンズイギリス36 2 1勝利12R判定3-0WBO世界ライト級タイトルマッチ
222013年10月5日アンドレイ・キリモフ ロシア16 0 0勝利10R判定3-0
212013年6月15日アレハンドロ・サナブリア メキシコ34 1 1勝利6R 0:17TKONABO北米ライト級王座決定戦
202013年3月30日ブレイディス・プレスコットコロンビア勝利10R判定3-0
192012年11月10日シドニー・シクエイラ ブラジル勝利6R 2:47TKO
182012年9月13日ハーディ・パラデスチリ勝利4R 0:40TKO
172012年6月8日デビッド・ロデア アメリカ合衆国勝利2R 2:30KO
162012年4月14日アンドレ・ゴーゲス カナダ勝利5R 0:44KO
152011年9月10日アンヘル・リオス プエルトリコ勝利8R判定3-0
142011年7月30日デリック・カンポスアメリカ合衆国勝利2R 2:31TKO
132011年2月26日アンソニー・モーラ アメリカ合衆国勝利1R 1:58KO
122010年7月31日ロン・ボイドアメリカ合衆国勝利1R 2:28KO
112010年5月1日マーティー・ロビンス アメリカ合衆国勝利3R 0:51TKO
102009年12月19日コーリー・ソムメルヴィレ アメリカ合衆国勝利2R 1:25TKO
92009年10月31日スティーブ・マルケス アメリカ合衆国勝利1R 2:35TKO
82009年5月2日ミゲール・デルガド アメリカ合衆国勝利3R 1:02TKO
72009年3月21日ルーカス・ローダス アメリカ合衆国勝利1R 1:52KO
62009年3月7日トラビス・ハードマン アメリカ合衆国勝利4R判定3-0
52008年11月8日マイケル・ウィリアムスアメリカ合衆国勝利2R 1:14TKO
42008年8月22日アーロン・アンダーソン アメリカ合衆国勝利4R判定3-0
32008年7月26日ダーモン・アントニー アメリカ合衆国勝利4R判定3-0
22008年4月3日フィリベルト・ニエト メキシコ勝利1R 3:00TKO
12008年3月14日ブライアン・カミングスアメリカ合衆国勝利1R 0:26KOプロデビュー戦
テクニックとスピードが凄い!

クロフォードの強さとは

テレンス・クロフォード選手は、ボクシングの階級で、最も難しいといわれるウェルター級の王座に君臨するボクシング界最強の呼び声の高い選手です。
クロフォード選手の強さに迫りました。

本名テレンス・アラン・クロフォード 
通称Hunter(狙撃手)
Bud(新芽)
出身ネブラスカ州オマハ
国籍アメリカ
誕生日・年齢1987年9月28日
身長173cm
リーチ188cm
アマ戦績70戦 58勝 12敗
プロ戦績38戦 38勝 (29KO) 無敗
デビュー2008年
経験階級現・ウェルター級
ライト級
スーパーライト級
利き手
タイプスイッチヒッター
KO率75%
入場曲
その他

クロフォード選手は米ネブラスカ州オマハ生まれの31歳で、185cmの非常に長いリーチと強いフィジカルを持ち味とするスイッチヒッターです。
2020年3月最新版PFP(THE RING)では井上尚弥(26)に次ぐ、4位に挙げられています。

2008年にプロへ転向後、2014年にWBOライト級で世界王座を手にします。
スーパーライト級に階級を上げて、2015年にWBO王者となり2階級制覇を達成し、2016年にはWBC同級王者ポストル選手を判定で下し2団体統一王者となります。

さらに、2017年、スーパーライト級では史上3人目となる主要4団体王座統一に成功しました。
次いでウェルター級に移り、2018年6月、WBO王者ホーン選手を破り3階級制覇を成し遂げました。

その後も、2018/10/13に12RTKOでホセ・ベナビデス(米)を下し初防衛を、2019/04/20にアミール・カーン(英) を 6RTKOで破り2度目の防衛に成功し、2019/12/14には エギディウス・カバラウスカス(リトアニア)を9RTKOで下して3度目の防衛を果たしています。

プロ戦績は36戦36勝(27KO)無敗という他を圧倒する内容です。

クロフォードの公式動画集

アミル・カーン戦 スピードスターと言われるカーンの攻略

クロフォードvsカバラウスカス(2019/12/14)の公式動画

ショーン・ポーター戦

クロフォードのPFP

クロフォードを含むPFPは次のリンクに最新をまとめました。

最新PFPはこちら

EPSONなんかでは昔から1位。
老舗RING誌では上下しています。

どの評価でもほとんど上位につけていることが分かります。

なお、最近WBNランキングでクロフォードが7位から8位へと、井上尚弥が3位から4位と落ちているのは、WBC世界ヘビー級タイトルマッチで王座奪還を果たしたタイソン・フューリー(英国)が急浮上して3位となったことによります。

エロールスペンス戦はいつ?

WBO王者のテレンス・クロフォードは、現WBC・IBF世界王者エロール・スペンスと、ウェルター級最強の称号を二分しており、統一戦が待ち望まれるところです。。

エロール・スペンス自身も、ウェルター級最強ボクサーの決着を「2020年後半から2021年の前半に行われるべきだ」と述べています。
「彼には俺以外に残された相手がいないと思う」とも言っていますが、自分にはその前にやるべき相手が残っているそうです。

トップランク社と契約するクロフォードはESPNを舞台にしていますが、ウェルター級でWBC・IBFの王者であるエロール・スペンスJr.はFOXを主戦場にしており、興行的に統一戦の実現が困難な状況になっています。

これにより、クロフォードが自身の階級でトップファイターと戦える状況がつくれず、THE RINGのPFPで井上尚哉の後塵を拝する4位へとなった理由だと言われています。
エロールスペンス戦実現にはもう少し時間がかかりそうです。

是非実現してほしいわ!

クロフォードのみんなの評価まとめ

みんなの感想

相手がどんな上背やスタイルであろうがその相手の嫌なボクシングにスタイルを切り替えることができる。クロフォードは本当にボクシングがめちゃくちゃに巧い

ネットの反応

現代のボクシング界の中では間違いなくTOPクラス12ラウンドまでハイレベルな動きを維持出来るのがスゴイ このパンチも軽いワンツーの見せパンチからのカウンター右まで

みんなの感想

スペンスはクロフォードとやれ。クロフォードはスペンスとやれ。早くさ!

ネットの反応

ウェルター級の夜明けを願って/エロール・スペンスの復活と -クロフォード対スペンスJrってPPVで売れるのかね?でもそれしか方法はないんでしょ?

みんなの感想

ロペス、ユーリ、メイウェザー、ロマチェンコ、クロフォード。精密機械は狂わない

出典:ヤフコメ

まとめ

ココがポイント

  • クロフォードの3階級制覇と4団体統一を無傷で成し遂げた戦績一覧と動画を掲載しました
  • クロフォードはこれまでのスピードとテクニックに、ウェルター級に階級を上げたことでますます力強さを増しています
  • スペンスとの対戦は、両者が望むところではありますが、それぞれの舞台が異なるため、興行面での障害があり、実現にはもう少し時間がかかりそうです

ビッグネームとの試合がないと、PFP順位でも過小評価されているクロフォードですが、是非エロール・スペンスとの統一選を実現させて、真の王者であることを証明してもらいたいものです。

期待できそう!

-ボクシング
-,

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.