時事ニュース

キューバ・ジャマイカ沖地震の現地の状況・写真・動画まとめと最近の大きな地震まとめ

M7.7というキューバ・ジャマイカ沖で大きな地震が起きました。(USGSではM7.3に訂正されている)
現地の状況・写真・動画をまとめ、わが身のものとして受け止め
危機感を持ちたいと思います。

日本も確率的に高くて、来る来ると言われてる。結局地震は予知できないことだけ分かったから準備だけはしないと

キューバ・ジャマイカ沖地震の現地の状況・写真・動画まとめ

キューバ・ジャマイカ沖地震の現地の状況・写真・動画を現地からあげられたSNS投稿のものを中心に見ていきます。
震源地は海なので、津波が心配ですが、今は0.11mの津波しか報道されていません。

それでは現地状況の写真・動画を見ていきましょう。

https://twitter.com/sottvi/status/1222262334145605634

最近世界で地震多くない?近況まとめ

M7以上の最近地震は以下

2020年01月29日04:10頃 中米キューバ M7.3
2019年11月15日01:18頃 インドネシア付近モルッカ海 M7.1
2019年07月14日18:10頃 インドネシア付近インドネシア、ハルマヘラ M7.3

出典:https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/foreign-entries/

これが多いか少ないか、2011年以降を見て判断していきます。

上記ウェザーニュースサイトの記録を数えると、
日本以外で起こったM7の数は以下。

2019年 12回
2018年 25回
2017年 13回
2016年 18回
2015年 16回
2014年 18回
2013年 17回
2013年 17回
2012年 16回

これだけを見ると2018年以外は綺麗に1年に17回前後起こっているのが分かります。

2018年は多かったんだね!

10年だけで平均を17回前後とするのは多少無理はあるとは思いますが、
10年だけを見ると、2019年は少なくなっているというのが分かります。

M7以上も、人がいるところで起こったらかなりニュースになるけど、人がいないところで起こったらみんな知らないで過ごすからねえ

なので、ニュースによって地震が多い少ないというのは感じるのですが
基本は、異常値ではないとは言えるのではないでしょうか。

M7でなくとも、直近の地震をUSGSでも見ていますが、異常値ではなく常にどこかしらで起こっていて
やはり人に被害が及ぶと大きなニュースとなり皆が知るということになります。

詳しく最近の地震を知りたい方はアメリカ地質調査の以下リンクを見るといいです。
https://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/

まとめ

現地では大変なことになっています。

日本もまたどこかに地震が来る可能性が大きいことを国も言っていますが
国は数年前に地震予測の限界を伝えました。

有名な地震予測研究者を私も追い続け蹴ましたが結局ピンポイントで当てられる人はいませんでした。
広い範囲での予想が当たってそれを強調するパターンが多く
結局地震は予想できないと結論していいと思います。

なので、国が言うように、予測に予算や時間を割くより
準備・備えに予算を割くという方向性は正しいかと思います。

そうだね...準備だね。見直したらカロリーメイトの期限が2年切れてて、水の期限も3年切れていた...

-時事ニュース

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.