※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

ボクシング

アンディ・クルスの戦績と強さ!ライト級トップ戦線にいつ食い込む?

2021年の東京五輪金メダルなど、アマチュアボクシングで国際大会の金メダルを独占してきた無敵王者・アンディ・クルス選手(キューバ)が、7月にプロデビューすると報道されています。

参戦するのは世界的な超激戦区、ライト級と目されており、さらに王者戦線が混沌とする可能性も。今回はそんな「大物新人」アンディ・クルス選手の戦績や強さ、特徴などをシェアしましょう。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

ウクライナのロマチェンコや同郷キューバのロベイシ・ラミレスみたいな、アマのスーパースターがまたプロ入りだ!

 

◆格闘技◆
2024年6月16日 (現地6/15)
平良 達郎  対  アレックス・ペレス戦
UFC  開催場所:
米国ラスベガス

新クイーンカジノなら
スポーツベットはもちろん、ライブカジノや、
パチンコ実機パチスロ実機も楽しめる。

\場所や時間を選ばず楽しめる/

(新)クイーンカジノに登録する

パチンコ一覧:CR牙狼FINAL・CR真・花の慶次・CRキャプテン翼・CRルパン三世・CR真・北斗の拳
パチスロ一覧:
初代北斗の拳・アナザーゴッドハーデス・押忍!番長・ミリオンゴッド神々の凱旋・初代吉宗

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジ"さんの(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

アンディ・クルスの戦績

米リングマガジンなどの報道によると、アンディ・クルス選手はこのほど、大物プロモーター・エディ・ハーン氏率いる米マッチルームボクシングと長期プロモーション契約を締結。7月にライト級でプロデビュー戦が行われる見通しとのことです。

プロになろうと、一度「共産主義なのでプロ禁止」の母国から亡命しようとして失敗。二度目に何とか成功した説もw。007の映画みたい

このニュース、プロボクシング界やファンを大いにざわめかせているようですが、クルス選手とはどんな強さや戦績なのか、以下に見ていきましょう。

プロフィール

アンディ・クルス選手のプロフィールは以下の通りです。

項目 情報
本名 アンディ・クルス・ゴメス(Andy Cruz Gómez)
通称 不明
国籍 キューバ
誕生日・年齢 1995年12月(27歳)
身長 168cm
リーチ 不明
アマ戦績 140勝9敗
プロ戦績 なし
デビュー 2023年(見込み)
経験階級 ライト級、ライトウェルター級
タイプ オーソドックス
KO率 不明
入場曲 不明

戦績

アンディ・クルス選手はまだプロデビュー前ですので、プロ戦績はありません。今後追記していきます。

クルスの強さとは?

アマでは約150戦してわずか9敗という凄い戦績のアンディ・クルス選手。強さは国際大会の実績で証明されています。2021年の東京五輪ではライト級で金メダルを獲得。世界選手権では17年、19年、21年と三度も金メダル。パンアメリカン大会でも二度金メダルを獲得しています。

契約したハーン氏は「これが我々の過去最高のサインになるかもしれない。彼は別格だ」と手放しで賞賛。デヴィン・ヘイニー、ガーボンタ・デービス、シャクール・スティーブンソンといった現在のライト級スターチャンピオンたちと伍する実力だと強調しています。

ただ海外ウェブメディア「ボクシングニュース24」(https://www.boxingnews24.com/2023/05/eddie-hearn-wants-andy-cruz-to-fight-keyshawn-davis-in-debut-in-july/)は以下のようにちょっと辛口評です。

・パンチが軽い。一見デビン・ヘイニーのようなファイトスタイルだがクリンチはうまくない。

・パンチを出すたびにアウトステップする。ボクサーというよりフェンサーのようだ。

・アマでポイントを獲得するには適しているがプロのスタイルとはいえない。このままでは退屈な試合になる。

キーション・デービス以上

クルス選手の豊富なアマ戦績で、特徴的な相手がいます。アメリカのキーション・デービス選手(24)です。デービス選手は昨年、マッチルームのライバルであるトップランク社と契約して一足早くプロデビューしています。

クルス選手とはアマ時代4回も対戦してなんと全敗。しかも内容も実に「痛恨」です。2019年のパンアメリカン大会決勝では、1-4で敗れ銀メダル。同年の世界選手権決勝でまた当たりましたが、0-5で敗れまたも銀メダル

さらに21年の東京五輪でも再び決勝でクルス選手と対峙。しかしリベンジはならず1-4で敗れ、三たび悔しい銀メダルに終わりました。

うーん。巡り合わせというのかな。絶対王者に阻まれてどうしても金がとれない「シルバーコレクター」って、どの競技にもいるのよね~

そんなデービス選手ですがプロ入り後は快進撃中。デビュー戦以降7連勝でうち5度KO勝ちしています。現在、Boxrecのライト級では35位にランク。ちなみにアマ戦績は80勝13敗です。

プロモーターのハーン氏は「クルスのデビュー戦で5度目の『vsデービス』が実現すれば面白い」と話しているそうですが、果たしてクルス選手の相手は誰になるのか。いきなり「デビューから10回戦」ともいわれるその内容とともに注目されます。

前述の「ボクシングニュース24」は「キーションの方がプロ向き。だからTRはクルスとの契約を見送ったのだ」とも。何か恨みでもあるんかい!(苦笑)

アンディ・クルスの評価まとめ

個人的にはシャクール、デービス、ロマチェンコ、ヘイニーの順で強いと思うけどプロに順応したらアンディクルスが1番かもしれない。それくらい期待できる選手🥊

引用:https://twitter.com/ptishihara/status/1656695313275686912

そういやロマチェンコも10回戦デビューだったわ

引用:https://twitter.com/shiba_box1109/status/1656772341991608320

普通アマトップ→プロ世界チャンプは2年で育てて…というけど、1年後にはトップ戦線にいるなぁ。たぶん

引用:https://twitter.com/satoshiiida6/status/1656370738675474432

ライト級マジで激アツやんけ。わしの強さ予想だと今はロマ>デービス>シャクール>ヘイニー>キーショーン>ライアンかなぁ

引用:https://twitter.com/kuronyaro/status/1655972794763706369

まとめ

要約しますと

  • 東京五輪など金メダル総なめのアマ強豪アンディ・クルス(キューバ)が7月プロデビュー
  • 27歳、アマ140勝9敗。昨年プロ入りのキーションに4戦全勝。キーション銀メダルばかり
  • 強豪世界王者ひしめく激戦区ライト級でまたライバル出現か。いきなり10回戦スタートへ

-ボクシング

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.