箱根駅伝

大東文化大箱根駅伝の順位予想!戦力から徹底分析「切り札ワンジルを何区に投入するかが鍵」

年明けの1月2、3日の両日、新春恒例「第99回東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝2023)が行われます。

出場校紹介シリーズ、今回は大東文化大を取り上げます。箱根駅伝2023の大東文化大の順位予想は?今チームのメンバー一覧をお示しするとともに、戦力の徹底分析&監督と注目選手の横顔をまとめました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

2023年の三が日、東京―箱根間はお天気どうかなぁ

大東文化大箱根駅伝メンバーの特徴

大学駅伝、いや学生長距離界最高峰の舞台といえる2023年の箱根駅伝。強豪の名声復活を期し、久々に出場する大東文化大の駅伝メンバー一覧からまずは見ていきましょう。

メンバー一覧

選手名学年1万mベストハーフベスト出身高校備考
大野陽人4.028.35.921.03.12山形・九里学園
金田龍心4.029.04.041.04.08宮城・仙台育英
木山凌4.028.35.471.04.27愛媛・松山商業
塩田祥梧4.029.28.881.04.29大分東明
谷口辰熙4.028.46.521.03.56滋賀・比叡山主将
佐竹勇樹3.030.00.231.06.11滋賀・比叡山
久保田徹3.028.29.751.03.15埼玉・聖望学園
菊地駿介3.029.00.451.03.27宮城・仙台育英
ピータ―・ワンジル2.028.25.201.02.02宮城・仙台育英全日本1区1位
西川千青2.028.58.981.05.20福岡・九州国際大付属
中沢優希2.029.26.451.07.05宮城・仙台育英
佐々木真人2.029.25.33東京・大東大一
小田恭平2.029.05.571.06.20茨城・水戸葵陵
大谷章紘2.028.49.421.04.54茨城・水城
入浜輝大1.028.44.621.03.53長崎・瓊浦
小野翔太郎1.029.34.65埼玉・武蔵越生
55年前に創部して51回の出場。90年には史上初の大学駅伝3冠を果たすなど長く黄金時代を謳歌した大東文化大。輝きを取り戻せるかしら

今年の特徴

かつて学生駅伝界で際立つ強さを誇った名門・大東文化大ですが、ここ数年は「大学史上最悪の低迷期」。箱根駅伝も前回までなんと三年連続で予選落ちが続いていましたが、ついに今年の予選会ではトップ通過で4年ぶりに本選出場を勝ち取りました。

箱根駅伝は過去4回総合優勝。全日本は四連覇したときもあったのよね~

というわけで今チームは、関東学生連合で出走した4年生の大野選手を除き、メンバー全員が初めての箱根路。「実戦経験」はないものの、ダークホースとして虎視眈々と上位進出を狙っている、気になる存在です。

監督の特徴

大東文化大陸上競技部の男子長距離ブロック監督は、真名子圭さんです。三重県出身の44歳。大東文化大OBで、大学当時は箱根駅伝に4年連続で出場。4年時には10区で区間賞を獲得しています。

実業団のHondaに進み、現役引退後は郷里三重県での高校教員を経て、12年に仙台育英高に赴任。ここで陸上競技部長距離男子の監督としてチームを強化し、19年、全国高校駅伝優勝に導き、屈指の強豪校に育て上げた手腕で有名です。

母校の縁で仙台育英監督時代から大東文化大とは合同練習を行い、自身も近年の低迷ぶりが気になっていたそうですが、指導力を見込まれて今年4月に大東文化大監督に招請

選手たちの心をつかんで立て直しに尽力し、いきなり就任半年あまりで予選会1位突破での箱根駅伝復帰を成し遂げました。

https://twitter.com/theanswerc2/status/1607171990359789568

大東文化駅伝部(正式名・陸上競技部男子長距離ブロック)のSNS

大東文化大男子長距離ブロックの公式SNSアカウントは以下の通りです。

・大東文化大男子長距離ブロックインスタグラム

https://www.instagram.com/daitobunka_ekiden/

・大東文化大男子長距離ブロックTwitter

・大東文化大長距離YouTube

なし

3大駅伝の直近の戦績

箱根総合順位箱根往路順位箱根復路順位出雲駅伝順位全日本順位
2022年14.0
2021年
2020年
今年は箱根予選会は抜群だったのだが、全日本は惨敗。うーん、どうしちゃったかなぁ?

大東文化大箱根駅伝の注目選手

名門復活なるか、大東文化大。では初出場となる箱根駅伝2023エントリーメンバーのうち、注目選手を以下に順次ご紹介しましょう。

2023年

2023年箱根駅伝のエントリーメンバーから、エース格の注目選手2人を挙げてみました。

ピーター・ワンジル

ケニア出身の2年生。5000m、1万mともにチームトップのタイムを持つスピードスターとして、強豪高校・仙台育英から入学しました。

ところが1年目はスランプに陥り、昨年の箱根駅伝予選会ではチーム最下位に。重圧やストレスに悩む彼を救ったのが、高校時代の師である真名子新監督でした。

「先生大好き。お陰でタイム良い」(本人)と、〝真名子マジック〟でみるみる実力が復活し今年の予選会では全体5位と大貢献。全日本でも1区で区間賞を取る活躍でした。初めて挑む箱根本選でも区間賞を目指します。

久保田徹

もう一人のチームエースである3年生。全日本大学駅伝では二年連続で4区を担当しました。12月29日に発表された箱根駅伝本選での区間エントリーでは、監督が最も重視する1区に抜擢され、期待の大きさがうかがえます。

人生初の箱根路で「人生ベストの走り」を見せられるか、注目です。

心が通じる、頼れる指導者が来るとこうも変わるのか!!人間って不思議なものだよな…

新入生での注目選手

選手名5000mベスト出身高校備考
入浜輝大14.11.41長崎・瓊浦
渡邉駿太朗14.15.30宮城・仙台育英
佐藤祥樹14.16.86秋田工業
戸田優真14.28.05福島・学法石川
照井海翔14.29.84岩手・一関学院
上野隼弥14.34.05埼玉・花咲徳栄
小野翔太郎14.35.86埼玉・武蔵越生
五十嵐優貴14.36.06山形・酒田南
阪東巧翔14.44.00福岡・九州国際大付属
松島康太14.54.61群馬・吾妻中央
赤星龍舞14.55.01埼玉栄
松本雄大15.01.46滋賀・草津東

大東文化大箱根駅伝の順位予想

では最後に、箱根駅伝2023の大東文化大順位予想をお届けします。

メタランキングによる予想

当サイトでは、各大学の1万m平均タイムを参考にし、スポーツメディア各社の予想をポイント化する「メタランキング」にして箱根駅伝2023の順位をまとめ予想してみました。

大東文化大はメタの合計ポイントでは2点で、全体12位。このままではシード権は厳しい位置ですが、1万mのチーム平均タイムでは上位グループに属しています。

リンクはこちら。

箱根駅伝2023優勝予想メタランキング!具体的な数字で解説

筆者予想

ダークホースで真の実力も未知数な部分がある今シーズンの大東文化大。真名子監督も「駒澤、青学、國學院、順大あたりとの差は歴然で、どうあがこうがこの4校には勝てない」ときっぱり。

ただ「ピースがはまった」時の力は予選会で証明されており、レース運び次第では総合でシード圏内もあり得ると考えます。

気になるのは14位に低迷した秋の全日本大学駅伝での惨敗。しかし真名子監督は「むしろ楽観が消え、危機感が生まれてよかったかもしれない」と前向きです。

区間エントリーでは切り札のエース、ワンジル選手を補欠に〝温存〟。「彼をゲームチェンジャーとして7区で使えたら」と監督は戦術構想を語っています。ワンジル選手が仮に7区に出走し、区間賞レベルの爆発力を出せば、復路で一気に順位を一桁に上げる可能性も十分。

そこまでの往路・6区でどう我慢のレースをするかが鍵となりそうです。

まとめ

要約しますと

  • 来年1月2、3日の箱根駅伝2023。4年ぶり出場のかつての名門大東文化大をご紹介
  • 3年連続予選落ちも今年予選トップ通過で急復活。シード権狙うダークホース
  • 仙台育英の名将・真名子新監督就任でチーム一変。教え子ワンジルの爆発が鍵

-箱根駅伝

Copyright© スポ観マニア , 2023 All Rights Reserved.