ボクシング

ドネアvsウバーリの予想と日程まとめ「尚弥戦レベルならドネア」「引き出し多いウバーリ」

コロナ禍でしばらく「止まっていた」ボクシング界も徐々に動き始めたようです。WBC世界バンタム級王者ノルディーヌ・ウバーリ選手(フランス)と、元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア選手(フィリピン)のタイトル戦が、12月に決まりました。

日本のファンにも馴染み深いバンタム級でも大注目の1戦「ドネアvsウバーリ」。その勝敗予想や試合のポイントなどをまとめてみました。(出典:Wikipedia、ボクシングメディアなど)

「井上尚弥vsカシメロ」戦と並ぶもう一つの頂上決戦!いよいよ尚弥選手が目指す階級統一へ一歩だな!

ドネアvsウバーリの予想とポイント

どちらも日本ファンにはすっかりお馴染みではありますが、まずはドネア、ウバーリ両選手の経歴をごく簡単に振り返りましょう。ドネア選手は37歳のベテラン。フライ級からフェザー級まで5階級を制覇したボクシング史に残る名王者で母国フィリピンでは英雄的存在です。

WBSSに参戦し昨年秋の決勝で井上尚弥選手とWBA・IBFタイトル統一戦で激突。歴史に刻まれる激闘の12Rを井上選手が勝ち抜いたのは、まだ記憶に新しいところです。戦績は46戦40勝(26KO)6敗。

一方のウバーリ選手はモロッコにルーツを持つフランス人で、33歳。昨秋、WBC世界バンタム級暫定王者で尚弥選手の実弟の井上拓真選手と王座統一戦を行い、判定勝ちで2度目の防衛に成功。今回が3度目の防衛戦になります。戦績は17戦全勝12KO。

ウバーリ選手の2度目の防衛後、WBCでは王者の指名試合挑戦者決定戦を、元IBF王者のロドリゲス選手と元WBC王者ネリ選手との間で行う予定でした。ところがネリ選手が体重超過となり中止に。WBCはあらためて、現ランキング1位のドネア選手を指名挑戦者に決めた経緯があります。

強打者同士の壮絶打撃戦予想も

ではドネアvsウバーリ戦の予想はどうでしょうか。詳しいファンのブログなどによれば、かなりのハードパンチャー同士、非常に噛み合った好試合になるとの声が多く聞かれます。

ウバーリ選手は拓真戦で見せたように、間合いを詰めて左ストレートを思い切り強振してくるタイプ。中間距離が得意でガードの上からでも左ストレートを振り抜き、ボディブローも左右ともに強力。

一方ドネア選手も尚弥戦で証明された通り、「フィリピンの閃光」の必殺左フックは健在。芸術的ともいわれる左のカウンターのキレ、パワフルな左右フック、豊富なスタミナは37歳とはまったく思えません。

真正面からの壮絶な打ち合いになれば、老練なドネア選手の渾身カウンターが炸裂し「王者KO負け」の可能性もあり得ますが、そこはアマ経験も豊富な試合巧者・ウバーリ選手。ファンの間では、互いが警戒して距離をとり僅差判定にもつれるといった見方もあるようです。

ドネアは百戦錬磨だからポイントもきっちり稼ぐかも!ドネア勝利なら次戦はなな何と、「尚弥vsドネア2」になるかも!!展開激アツww

ドネアvsウバーリの試合日程

非常に競った打ち合いや好ファイトが予想される「ドネアvsウバーリ」戦。ではあらためて、必見のこのタイトルマッチの日程を確認しておきましょう。

このほど中継する米メディアとプロモート会社は、WBCバンタム級王者ウバーリ選手の3度目の防衛戦「ドネアvsウバーリ」を、現地時間の12月12日、米コネチカット州で開催すると発表しました。

この試合、前述のような経緯から当初は5月に行われる予定でしたが、正式発表される前にコロナ禍で延期に。米国ではいまだコロナの感染拡大が続いていることから、12月のタイトル戦も無観客試合となる見通しです。

日本での放送予定などは今のところ未定ですが、BSの生中継やネットライブ配信をぜひとも期待したいですね!

コンディションによってはウバーリKO勝利の可能性も十分では?となると次戦は「尚弥vsウバーリ」で因縁の「弟の敵討ち決戦」になるわねww

ドネアvsウバーリのネットの予想まとめ

みんなの反応

ウーバーリ確かに巧くて良い選手だけど、12ラウンドドネアを捌き切れるかは怪しい

ネットの感想

拓真戦を見る限りウバーリは割とパワー頼みな印象だった。ドネアが井上尚弥戦くらい仕上げてくれば問題ないと思うが

みんなの反応

ドネアに勝って欲しいが、尚弥と闘った時のあの鬼気迫るようなモチベーションは保てるのかな。勝つも負けるもそれ次第のような気がする

ネットの感想

ウバーリはアマエリート出身だし、引き出しの多さになるかなぁとは思う。ドネアが仕留めれなかったら判定勝利もあるかも

みんなの反応

ドネアの閃光カウンターがまた見られるか、ウーバーリの強靭なフィジカルで消耗戦になるか楽しみ!

出典:ヤフコメ欄

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • コロナ明け再始動でWBCバンタム級王者ウバーリvsドネア戦が12月決定
  • 強打の実力派同士。パワー・技術あるウバーリ対ドネア「閃光左フック」
  • 僅差の判定予想も。井上尚弥の次戦相手がどちらになるかも大注目に

ボクシング界では「誰が一番強いの?」とにわかに分からないほど実力者がひしめく「黄金階級」はいくつかありますが、バンタム級は間違いなくその筆頭格。今やPFP・No1ともいわれる超絶パンチャー・井上尚弥WBA&IBF統一王者を中心に、WBO王者カシメロ、WBC王者ウバーリというアグレッシブな実力派揃い。

そこにドネア選手という「生けるレジェンド」、「実力悪童」ネリ選手といった人気ボクサーが絡み、世界が今後の展開を注目しています。日本のファンとしては早いうちにぜひ、尚弥選手が彼らをなぎ倒して階級を統一する場面を見たいものです。

カシメロさんはファイトマネーで揉めてる説もあるけど……早く尚弥戦決まらないかしら!

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.