ボクシング

フェリックス・ベルデホの強さ戦績は?vs中谷正義の予想まとめ

ボクシングOPBF東洋太平洋ライト級王座を11度も防衛した実力者・中谷正義選手と、プエルトリコ期待のプロスペクト、フェリックス・ベルデホ選手が現地時間の12月12日(土)、米ラスベガスで同級ノンタイトル10回戦を行います。

注目される中谷選手の現役復帰戦。相手のフェリックス・ベルデホとはどんなボクサーなのか。その強さや戦績と試合の予想をまとめました。(出典:Wikipedia、BoxRec、各スポーツメディア)

「中谷vsベルデホ」戦はメインイベントとともに12/13(日)正午頃からWOWOWで先行ライブ配信予定だよ!

フェリックス・ベルデホの強さ戦績

日本が誇るライト級の強豪ボクサー、中谷正義選手と急きょ試合が組まれたフェリックス・ベルデホ選手。その戦績や強さをまず見てみましょう。

ベルデホ選手はプエルトリコ出身の27歳。ボクシングはオーソドックスタイプで、182cmの長いリーチを持ちます。ロンドン五輪代表に選ばれたエリートアマ時代を経て12年にプロデビューし、WBOラテン王座を獲得するなど順調に勝ち星を重ねてきました。

リング通称は「El Diamante」(日本語でダイヤモンド)。ロンドン五輪ではあのロマチェンコさんと対戦して負けてるのね!

母国で将来を嘱望されるスター候補ですが、16年にバイク事故のため足を負傷するなどしてやや試合間隔が空きます。17年に一度だけ試合をして、18年に1年以上ぶりに行ったアントニオ・ロサダ戦でTKO負けを喫し、プロ初黒星となります。

その後はしっかり再起に取り組み、19年には元WBAスーパーフェザー級暫定王者のバスケス選手に判定勝利。さらに今年は1月にロハス選手を判定で下し、7月にはマデラ選手との試合で、初回に痛烈なカウンターのアッパーを決めて早々にTKO勝ちを収めるなど、強さと輝きを取り戻しています。プロ戦績は27勝(17KO)1敗です。

↓今年7月の前戦、ベルデホvsマデラ戦

では中谷正義選手との1戦はどんな展開になりそうなのか、次項で予想してみましょう。

フェリックス・ベルデホvs中谷正義の予想

戦績27勝(17KO)1敗フェリックス・ベルデホ選手と、18勝(12KO)1敗中谷正義選手。どちらもトップアマ出身で母国で成長が期待されるプロスペクト同士と、強さも状況も非常に似通った二人ですが、試合はどんな展開が予想されるのでしょうか。

ボクシングメディアなどによれば、ベルデホ選手は間合いを取ってジャブと鋭いワンツーを出してくるタイプ。中長距離から長いリーチで放つパンチには強さがあります。一方中谷選手も長い間合いのアウトボクサー。ただ間合いを詰められても思い切りワンツーを振り抜く勇気があり、接近戦でも強いパンチを打ちます。

リーチは二人共同じだけど、身長で中谷選手が7cm上回る。フィジカルではどうなのかな

互いに距離をとった戦いを得意にしているため、序盤は様子を見ながらのアウトボクシングになる可能性も。ポイントは接近しての場面でどう戦うか。ハンドスピードやパワーではベルデホ選手が上とみられているほか、中谷選手は防御に課題があるともいわれ、ジャブなどを的確にヒットされると、ポイントでもベルデホ選手優位で推移する恐れがあります。

中谷選手はビッグパンチのチャンスをうかがいながらもガードを下げず、判定をにらんで手数、アグレッシブさでで負けないよう試合を進める必要がありそうです。

https://twitter.com/DiamanteVerdejo/status/1326648294223749121

フェリックス・ベルデホvs中谷正義みんなの反応・予想は?

みんなの反応

中谷正義のベルデホ戦は、世界タイトルマッチじゃないけど激戦区ライト級だし、何より「勝てたらすごい」というチャレンジ。

ネットの感想

中谷正義の次の犠牲者はベルデホか

みんなの反応

これは勝敗が見えている世界戦より手に汗握るの間違いなし

ネットの感想

勝った方を今後のホープとして扱いたいサバイバル感ばりばりですごい面白そう

みんなの反応

ロペスと接戦した中谷に打ち負かして欲しい。中谷は再起してベルトを獲りにいって欲しい!

出典:Twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 12月12日に米ベガスで中谷正義とフェリックス・ベルデホ対戦
  • ベルデホは元五輪代表、戦績27勝1敗のプエルトリコ期待の強豪
  • 中谷に似た中長距離ヒッター。パワーや回転速度は中谷より上か

中谷選手にとってプロ初黒星で「引退決意」の導火線にもなった昨年の「テオフィモ・ロペスvs中谷」戦は、中谷選手の能力の高さを感じさせる好試合でした。

序盤から中谷選手がよく手数を出し、3R以降はロペスペースになりながらも終盤中谷選手も果敢に反撃。結果は意外な大差判定でロペス勝利となりましたが、ネットなどでは「中谷が勝っていた」との見方も少なからずあったほどです。

復帰戦の相手として、ベルデホ選手は不足のない強さ。ファン多数の声の通り「世界戦」に引けを取らない注目のマッチアップで、勝てば再び世界がぐんと近づく「隠れた名カード」といえるかもしれません。

-ボクシング
-

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.