プロ野球

フェルナンド・ロメロのメジャー成績一覧!DeNA外国人はどんな選手?

ツインズがフェルナンド・ロメロ投手の保有権をDeNAへ30万ドル(約3100万円)で売却したと報じられました。

2017年に「MLB公式プロスペクト」で71位にランクインした若手の有望選手であったフェルナンド・ロメロをツインズを手放す理由とDeNAがなぜ獲得に動いたかを見てゆきましょう。

フェルナンド・ロメロのメジャー成績一覧とDeNAはどんな特徴ある外国人選手が欲しかったのか?をまとめました。

若手の有望株をお得に確保した!

\ スポーツ選手や糖質制限する人も使いだした! /
栄養・カロリーがコントロールされた食事の宅配サービス【まごころケア食】

フェルナンド・ロメロのメジャー成績一覧

フェルナンド・ロメロはドミニカ共和国生まれの25歳で、183センチ、97キロの右腕投手です。
2011年にツインズと契約、2018年にメジャー昇格を果たし、初登板初先発初勝利をあげました。
2019年までの2年間で、26試合で3勝4敗、防御率5.17、69回2/3で63三振を奪いました。

2020年は2月に米国への入国を拒否され、キャンプに参加できず。
その後も就労ビザが発給されなかったため、メジャー登板はありませんでした。

2年間のメジャー成績の詳細一覧は次の通りです。

年度年齢チーム勝率防御率試合数登板回安打失点四球三振
201823ツインズ330.54.691155.260311945
201924ツインズ0107.07151419121118
合計340.4295.172669.279433063

フェルナンド・ロメロの特長を見てゆきます。
多種の球種を投げ分ける
直球の平均球速154キロを上回るシンカーなど多種の球種を投げ分けることが出来ます。

直球 平均154キロ
シンカー(配球の6割) 平均156.2キロ
フォーシーム 同155.4キロ
スライダー 同140.5キロの
チェンジアップ 同148.3キロ


先発・中継ぎの両方をこなせる
2018年は、先発、2019年は中継ぎとして、登板しました。防御率は必ずしも良くありませんが、奪三振に優れたものを見せています。
中継ぎに回った2019年では奪三振率は、11.57(9回投げた場合の奪三振数)と高い数値を示しています。

大化けしそうな予感がするな

ロメロ獲得のDeNAの狙い

DeNAの来季の投手事情には厳しいものがあります。

先発は10勝を挙げた大貫晋一に次ぐ6勝の井納翔一が巨人に移籍し、今季5勝に終わり、10月に左肩を手術した今永昇太や、2018年新人王の東克樹は左ひじ手術の影響が残り、来季開幕が厳しい状況です。
中継ぎもパットンが退団し、山﨑康晃も今季不調でクローザーから降格となったため、不安があります。

ここに、三振が取れて、先発中継ぎの両方をこなせるロメロ獲得の大きな意味があります。

投手出身の三浦大輔新監督がどのような采配を見せるか非常に興味がわくところです。

期待どおりに働いてくれないと大変なことに!

フェルナンド・ロメロに関する海外の評価まとめ

みんなの反応

2017年には若手の有望選手を紹介する「MLB公式プロスペクト」で71位にランクインした。

ネットの感想

チーム内でトッププロスペクト(将来有望な若手投手)の一人であった。

みんなの反応

フェルナンド・ロメロが来シーズン日本で過ごすことになった理由は、2021年に再び就労ビザを受け取れないのではないかと心配し、それがツインズの支配下からの解放を促し、横浜との署名への道を開いた。

ネットの感想

多くの可能性を秘めていたのに、残念ながらロメロとツイン両者のためにならなかった。

みんなの反応

なぜツインは以前のトップ100のプロスペクトであったフェルナンド・ロメロを放出するのか?その理由は?

出典:Twitter

今季働けなかった分を日本で爆発させて!

\ スポーツ選手や糖質制限する人も使いだした! /
栄養・カロリーがコントロールされた食事の宅配サービス【まごころケア食】

まとめ

要約すると...

  • フェルナンド・ロメロの2年間のメジャー成績では、特に奪三振率が高いことに特長がある
  • フェルナンド・ロメロは、154キロの直球と、これを超えるシンカー、フォーシーを含む4種の変化球を投げ分けることができ、先発、中継ぎどちらでもこなせそうである
  • メジャーで若手の有望株との評価であったが、米国就労ビザ問題が、来季の日本DeNA行きを後押しした

今シーズンBクラスに沈んだDeNAにとっては、三浦新監督が、フェルナンド・ロメロを先発、中継でどのように試しながら、力を発揮できる場に定着させるか監督としての手腕の見せ所となります。

フェルナンド・ロメロ投手が横浜の救世主となるか注目です。

三浦新監督の采配に注目!

-プロ野球

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.