ボクシング

ゴロフキンの戦績・強さ動画付きで解説!GGGの由来と現在の評価

ゲンナジー・ゴロフキンの戦績・強さ動画付きで解説していきます。

村田諒太選手との対戦が決まった、ゴロフキンの凄さ・強さを知らない人へ
世界一分かりやすく、その恐ろしさを解説していきます

そして、現在39歳、その強さは健在なのか?その点にもふれ、GGGの真の評価について触れていきます。

いやー調べれば調べるほど凄い。ダウン経験がない異常な打たれ強さ、あらゆる角度からくる攻撃のバラエティ。
正直、村田選手の勝機はほとんどない。衰えに期待するしか...
ってところで、なんでGGGなの?由来あるの?
頑丈(G)愕然のパンチ(G)技術もすごい(G) かな?日本語だから違うw

▼ ▼ Amazonプライム会員に登録しゴロフキン戦をLive視聴する!

ゴロフキンとは?戦績は?

ゴロフキンとはどんな人物か、プロフィールと
その戦績についてみていきましょう。

プロフィール

本名ゲンナジー・ゲンナジーヴィッチ・ゴロフキン
通称GGG(トリプルG)
God of wa
出身カラガンダ州カラガンダ
国籍カザフスタン
誕生日・年齢1982年4月8日生まれ
身長179cm
リーチ178cm
アマ戦績350戦 345勝 5敗
一部報道の数字※
BoxingRecでは31勝6敗
しかし国際大会だけで
少なくとも8敗している
プロ戦績42戦 40勝 (35KO) 1敗 1分
デビュー2006年5月6日
経験階級ミドル級
ライトミドル級(アマ)
利き手
タイプオーソドックス
KO率87.5%
入場曲The White Stripes
Seven Nation Army
その他・プロアマ通じてノックダウン、
ストップ負けの経験がない
・村田諒太とスパー・合宿の経験あり
・紳士的で有名
・ロシア系の父と高麗人の母との間に生まれた
ゴロフキンのSNSは以下
https://twitter.com/GGGBoxing/status/1458979224031830020

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gennadiy Golovkin | GGG(@gggboxing)がシェアした投稿

イメージ的には攻撃もディフェンスも「鉄壁」で不死身。打たれ強すぎ。

戦績一覧

ゲンナジーゴロフキンの戦績は
アマ戦績が、350戦 345勝 5敗(一部報道の数字※しかし国際大会だけで少なくとも8敗しているので矛盾はある)
(BoxingRecでは31勝6敗と記載)

プロ戦績が、42戦 40勝 (35KO) 1敗 1分で、
プロアマを通じて、ダウン経験がないとのことです。

以下は、戦績一覧表となります。

日付勝敗時間内容対戦相手対戦相手国籍備考
442021-12-29---村田諒太日本WBAスーパー・IBF世界ミドル級王座統一戦
試合前
432020-12-18勝利7R終了RTDカミル・シェルメタポーランドIBF防衛1
422019-10-05勝利12R判定3-0セルゲイ・デレフヤンチェンコウクライナIBF・IBO世界ミドル級王座決定戦
IBF・IBO獲得
412019-06-08勝利4R 2:09KOスティーブ・ロールスカナダ
402018-09-15 敗北12R判定0-2サウル・アルバレスメキシコWBAスーパー・WBC世界ミドル級タイトルマッチ
WBAスーパー・WBC王座陥落
392018-05-05勝利2R 1:53KOバネス・マーティロスヤンアメリカ合衆国WBA防衛19・WBC防衛8
382017-09-16引分12R判定1-1サウル・アルバレスメキシコWBA防衛18・WBC防衛7・IBF防衛4
372017-03-18 勝利12R判定3-0ダニエル・ジェイコブスアメリカ合衆国WBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦
WBA防衛17・WBC防衛6・IBF防衛3
362016-09-10 勝利5R 1:52TKOケル・ブルックイギリスWBC防衛5・IBF防衛2
352016-04-23 勝利2R 2:37KOドミニク・ウェイドアメリカ合衆国WBA防衛16・WBC防衛4→正規王座認定・IBF防衛1
342015-10-17 勝利8R 1:32TKOデイビッド・レミューカナダWBA・WBC・IBF世界ミドル級王座統一戦
WBA防衛15・WBC防衛3・IBF獲得
332015-05-16勝利6R 0:45TKOウィリー・モンロー・ジュニアアメリカ合衆国WBA防衛14・WBC防衛2
322015-02-21 勝利11R 0:50TKOマーティン・マレーイギリスWBA防衛13・WBC防衛1
312014-10-18 勝利2R 1:19KOマルコ・アントニオ・ルビオメキシコWBA・WBC世界ミドル級王座統一戦
WBA防衛12・WBC暫定王座獲得
302014-07-26 勝利3R 2:47TKOダニエル・ゲールオーストラリアWBA防衛11
292014-02-01 勝利7R 1:20KOオスマヌ・アダマガーナWBA防衛10→スーパー王座認定
282013-11-02 勝利8R終了TKOカーティス・スティーブンスアメリカ合衆国WBA防衛9
272013-06-29勝利3R 1:22KOマシュー・マックリンイギリスWBA防衛8
262013-03-30勝利3R 2:44KO石田順裕(グリーンツダ)日本WBA防衛7
252013-01-19 勝利7R 2:46TKOガブリエル・ロサドアメリカ合衆国WBA防衛6
242012-09-01 勝利5R 1:11TKOグジェゴシ・プロクサポーランドWBA防衛5
232012-05-12勝利3R 1:17TKO淵上誠(八王子中屋)日本WBA防衛4
222011-12-09 勝利1R 2:17KOラジュアン・サイモンアメリカ合衆国WBA防衛3・IBO王座獲得
212011-06-17 勝利10R 1:57TKOカシム・オウマウガンダWBA防衛2
202010-12-16 勝利3R 2:44KOニルソン・タピアコロンビアWBA防衛1
192010-08-14 勝利1R 0:58KOミルトン・ヌネスコロンビアWBA世界ミドル級暫定王座決定戦→正規王座認定
182009-11-21 勝利2R 1:24KOミハイル・マカロフロシア
172009-07-11 勝利2R 2:20KOジョン・カルバリョブラジルWBOインターコンチネンタルミドル級王座決定戦
162009-04-25 勝利5R 0:59KOアンソニー・グリーンジアメリカ合衆国
152009-01-17 勝利1R 2:52TKOハビエル・アルベルト・ママニアルゼンチン
142008-11-22 勝利2R終了TKOマリク・ジアラベラルーシ
132008-06-21勝利8R判定3-0アマール・アマリアルジェリア
122008-05-10 勝利8R 0:26TKOイブラハム・シドフランス
112008-04-05 勝利8R判定3-0イアン・ガードナーカナダ
102008-02-29 勝利1R 2:04KOツェポ・マシェゴ南アフリカ共和国
92007-09-07 勝利8R判定3-0メディ・ブアドアフランス
82007-05-25 勝利5R 1:59TKOセルゲイ・コミットスキーベラルーシ
72007-02-27 勝利6R終了TKOシモン・モコエナ南アフリカ共和国
62006-12-02勝利4R 1:00KOシルバイン・ゴミスフランス
52006-10-21 勝利2R 2:28KOホルヘ・アリエル・ガルシアアルゼンチン
42006-09-19 勝利3RTKOマルティン・ククリスラトビア
32006-08-22 勝利4RTKOダニエル・ウルバンスキーポーランド
22006-07-29 勝利3R 1:10TKOシャルヘイ・ナヴァルカベラルーシ
12006-05-06勝利1R 1:28KOガボル・バログハンガリープロデビュー戦

ゴロフキンの強さ

ゴロフキンの強さについて結論を5つ言うなら以下となります。

  • 単純に言うとカネロ並み
  • ジャブの手数No.2 命中率の高さNo.1 
  • まるで自動追跡弾のような的確なパンチの当て勘
  • 多彩な角度からの攻撃。見えないところから飛んでくる恐ろしい鉄のようなパンチ
  • 「異常な打たれ強さ」カネロ含めあのミドル級のパンチを食らっても一度もダウン経験がアマプロ通じてない

単純明快に言うと、あの現在パウンドフォーパウンド1位の「カネロと互角」といえます。
それは後述する、1敗1分けのカネロとの試合を数字と動画で見ればわかります。
1分時も、ゴロフキンが勝ったのでは?と言われていますし
1敗も、非常に微妙な判定でした。

というかあれだけ打ち合いをしても両者倒れないのは、どれだけ打たれ強いのかと
脱帽したのを覚えています。

どちらも、パンチ力、当て勘がすごいと思っていましたが、
それを近くで打ち合っても倒れず最終回まで素人目でも互角、数字的にも互角で渡り合うのは
本当に人間の域を超えていると思いました。

また、よく井上尚弥選手との比較で、ラウンド平均のジャブの数や命中率がすごい、ということが言われるのですが
ジャブは試合を組み立てコントロールする上で非常に重要で、非常にボクシングの基礎から作り上げているのが分かります。

ただし、もう39歳だからね。普通は動体視力、一瞬の反応など衰えていくもの。メイウェザーはなかなか衰えなかったし、人にもよるみたい。ゴロフキンはちょっと衰えたと思うんだけどなあ、どうだろう

ゴロフキンが負けた試合

ゴロフキンが負けた試合と引き分けた試合について解説します。
ご存じ相手は現在パウンドフォーパウンド1位のサウル・アルバレス。通称カネロであります。

カネロは、もう相手がいないんじゃないか?という状態でSミドル級の4階級制覇もしてしまいました。まさに無敵状態。
そのカネロと互角、もしくはそれ以上、というのがゴロフキンであります。

カネロのあのパンチで誰もがやられていたのに、ゴロフキンはダウンしませんでしたからね。
相当、すごい骨格・筋肉であります。

動画、数字とも見てみましょう。

パンチ数分析・カネロvsゴロフキン1戦目引き分け


出典:http://beta.compuboxdata.com/

たしかにほんの少しパワーパンチがカネロが上回ってるけど、トータルパンチはゴロフキンだしなあ。まあ引き分けというのもわからなくはないけど...

パンチ数分析・カネロvsゴロフキン2戦目判定負け


出典:http://beta.compuboxdata.com/

1試合目なんか数字的にはゴロフキンが勝ってると言っていいと私は思うよ。このあたりまでパウンドフォーパウンド1位だったのよゴロフキンは。

ゴロフキンの見ておきたい公式動画集

2017年カネロ戦前

統一選のタイトルマッチ、2017年ダニエル・ジェイコブス 数少ない判定3-0


2019年にカネロも試合をして、判定3-0での勝ち。やはり判定まで持って行くあたり、ジェイコブスも本物だよ

2019年衰えたのでは?と言われた試合

vsセルゲイ・デレフヤンチェンコでは、ダウンはとったものの、かなり被弾率も高く、打たれ強いもののディフェンスに疑問を持ちましたし
「衰え」を指摘する声が目立ちました。


出典:http://beta.compuboxdata.com/

コメント見ると荒れてるね。「GGGはこの戦いに負けました!!!! これは私を怒らせた!明らかにこの戦いに負けました!(そして私はgggファンです)」「トレーナー変わってゴロフキンは弱くなった」

2020年

最新、シュルメタとの闘いです。これを見るとまだ打たれ強さ健在です。

ただし格闘技というのは相手が弱いと、勝った方が最強に見える錯覚に陥るので注意。ってもシュルメタはそこまで弱くないけどね
いやー素人コメントだけど、被弾は多くなったんじゃないかなあ。つまり反応は悪くなっていて、打たれ強さでカバーしている感じがあると思うんだけどどう?

ゴロフキンの愛称がGGGの理由

youtubeのコメントを見ても、ゴロフキンのことを、多くの人が「GGG」と呼んでいます。
トリプルGと読んでもいいし、ジージージーと読んでもいいでしょう。

これは単純に、本名の「Gennady Gennadyevich Golovkin」から来ています。

ゴロフキンの強さがわかるSNSの反応まとめ

フックのやばい角度

アッパーを絶賛する声

ジャブのすばらしさ

まとめ

ココがポイント

  • ゴロフキンの戦績は、42戦 40勝 (35KO) 1敗 1分。カネロに1敗1分けの互角の勝負をしている
  • ゴロフキンの強さは、ジャブの命中率の高さ、そこからの組み立て・コントロール。そして、多彩な角度からの攻撃バリエーションと、異常な打たれ強さ。
  • 現在のゴロフキンは39歳。2年前のデレフヤンチェンコ戦の被弾の多さから衰えを指摘し始めたが、去年のシュルメタ戦ではそれを払しょくさせる強さを見せている。ただ、昔より反応が悪い気がする。打たれ強さでそれをカバーしている感
本当はもっと書き足りないのよ。
生い立ちもすごいだって。カザフスタンってやばいからね。紛争真っただ中の中、兄弟の死と直面したりしながら
自分が10歳ではじめたボクシングに才能があると気づき、ボクシングで家族を支えようと決断し今に至る。
あんな不条理な状況で育ったのに、あんなに理知的で紳士的な人格になるなんて。そりゃファンが多いわけよ。

▼ ▼ Amazonプライム会員に登録しゴロフキン戦をLive視聴する!

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.