ボクシング

ロマゴンvsヤファイの放送がネット中継決定!日本時間と海外の反応

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級王者カリッド・ヤファイ選手(英国)と、元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス選手(ニカラグア)のタイトル戦が、今月29日、米テキサス州フリスコで行われます。

ゴンサレス選手は「ロマゴン」の愛称で日本のファンにも馴染み深い、かつての「最強王者」。再び王座に立つことはできるのか。

見逃せない「ロマゴンvsヤファイ」戦の日本での放送やネット中継情報をシェアしましょう。

ヤファイさんの愛称は「カル」。ゴンサレスさんは日本ではロマゴンだけど海外では「チョコラティート」(チョコレート)!おいしそうww

ロマゴンvsヤファイの放送がネット中継決定

「ロマゴン」ことゴンサレス選手(32)は、ニカラグア人初の4階級制覇王者で、母国の英雄です。ミニマム、ライトフライ、フライ、スーパーフライ級で王座につき、戦績は50戦48勝(40KO)2敗と、軽量級では驚異のKO率、圧倒的な勝率を誇ります。

17年にシーサケット選手に敗れるまで、圧巻のプロ46連勝。一時はPFP1位に上り詰めるなど「ボクサー最強」として名を轟かせました。

一方現王者のヤファイ選手は、英国バーミンガム出身の30歳。アマ時代には北京五輪に出場したオリンピアンです。こちらもプロ転向後は25戦無敗15KOの素晴らしい戦績。16年に王座を獲得しこれまで5度防衛を重ねています。

日本や世界のファンにとっては、あの「ロマゴン」が再び王者復帰なるかが注目される「ロマゴンvsヤファイ」戦。この試合の日程は以下の通りです。

■WBAスーパーフライ級タイトルマッチ「王者ヤファイ vs ゴンサレス」

2月29日(土)午後5時~ 米テキサス州フリスコ・フォードセンター

この試合は米国のインターネットスポーツチャンネル「DAZN」でライブ放送の予定となっています。

ちなみにこの1戦、ウェルター級ノンタイトル戦「マイキー・ガルシア vs ジェシー・バルガス」のアンダーカードだよ!

ロマゴンvsヤファイの日本時間と個人的予想

世界でも「2月の注目の1戦」に数えられる「ロマゴンvsヤファイ」タイトル戦。では日本での放送日時をご紹介するとともに、試合のオッズ&“個人的”予想をまとめてみました。

黄金期潰えたロマゴン

日本のボクシングファンにとって、2010年代には耳にしない日がなかった「ロマゴン」。常に前に出てコンビネーションを繰り出すプレッシャーファイターで、「止まらない前進」と鋭いコンビネーションを持ち味にKOを量産。

高山勝成、八重樫東ら日本が誇る王者を下し、エストラーダ、フエンテスら強豪も撃破。軽量級ボクサー憧れの存在となり、あの井上尚弥選手も一時は対戦を熱望したほどのカリスマでした。

そうそう。全盛期は「リトルゴロフキン」っていうか、爆走戦車みたいなイメージだったよなぁ…

フライ級まではそのパワーは驚異的だったのですが、いかんせん身長159cmと体格やリーチは小柄な範疇。スーパーフライ級に上げるとやや苦戦が目立つようになります。

17年についにシーサケット選手に判定負けし、プロ初黒星で王座陥落。再戦を挑んだものの今度はわずか4Rで「失神ノックアウト」という惨敗を喫し、“黄金時代”が終焉してしまいました。

(↑)今だからこそ、何だかホッコリする「レジェンド」2ショット。確かにロマゴンさんかなりミニサイズ……

苦戦続きの王者ヤファイ

追い打ちをかけるようにロマゴンは18年に膝のケガで手術し試合から長期離脱。すっかり名前が消えてしまいましたが、19年にようやく再起。昨年末に村田諒太戦の前座に登場すると2RTKOで健在ぶりをアピールし、満を持していよいよ久々の世界挑戦を迎えます。

受けて立つヤファイ選手ですが、ここ2試合の防衛戦はかなり苦戦。前々戦のイスラエル戦は「疑惑の判定勝ち」ともささやかれました。

ファイトスタイルは、サイドに動きながら打ち終わりにすぐにクリンチ。腕を絡めて相手に打たせない技巧派の「曲者王者」といわれます。

反面相手が「突進型」だと脆さが見えたり接近戦で課題があるとされ、スタミナと手数が豊富なロマゴンタイプは「相性が悪い」との見方もあります。

ちなみに最新の「bet365」オッズでは、ロマゴン2.2倍、ヤファイ1.61倍とかなりの僅差。筆者個人的には、ロマゴンもまだまだ老け込む年齢ではありませんし、ここは粘って何とか「王座復活」を遂げ、スーパーフライ級の「台風の目」になってほしいところです。

日本での「ロマゴンvsヤファイ」の放送と時間は?

というわけでファン必見の「ロマゴンvsヤファイ」戦、日本での放送予定はどうなっているのでしょうか。

DAZN USAのライブ放送があることから、恐らく日本でもDAZNが中継するとみられます。まだ番組表には掲載がありませんので、発表があり次第追記したいと思います。

なお現地の試合開始時間を日本時間に直すと、

・「ロマゴンvsヤファイ」 3月1日(日)午前8時~

となります。

ロマゴンvsヤファイの海外の反応

みんなの反応

カルは体格的には優位だが、ボクシングのレベルと経験ではチョコラティートに分があるだろう

ネットの感想

ヤファイがゴンサレスを打ち負かす絵が思い浮かばない…

みんなの反応

カルは大好きなボクサー。この試合が待ち切れない!

ネットの感想

願わくば、ゴンサレスがこの試合で勝って、エストラーダ、アンカハス、イオカかニエテスとやってほしい

みんなの反応

ローマンはクリンチの時にヤファイの頭突きに注意する必要があるぞ!

出典:YouTube

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ここがポイント

  • 29日の「ロマゴンvsヤファイ」戦が米国DAZNでネット中継決定
  • 日本でも3月1日朝にDAZNで配信見込み。注目のロマゴン王座再挑戦
  • オッズは僅差でヤファイ優位。ロマゴンは前進と手数で勝機伺う

この1戦、アマエリートのヤファイ選手は試合巧者だけに、ロマゴン選手は積極的攻めでポイントを稼ぐ試合運びが不可欠になります。気になる「パワー」が、どこまで通じるかが鍵となりそうです。

スーパーフライ級は実力王者がひしめく「戦国階級」。このほど大注目の「井岡一翔vs田中恒成」戦も実現の運びとなりましたし、ロマゴンも戦線に加われば世界的注目度が一層増しそうです。

「尚弥級怪物」と言われる恒成君がどこまで暴れるか…「vsロマゴン」とか「vsエストラーダ」とか、見たいマッチングが山ほどあるわね!!

-ボクシング
-,

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.