箱根駅伝 陸上競技

箱根駅伝2020 青山学院メンバー一覧10000mタイムとその平均順位は?.

いよいよあとわずかとなった箱根駅伝2020。メンバー紹介シリーズ今回は、王座奪還なるかが注目される「大学駅伝ヒーロー」青山学院大です。

青山学院大のエントリーメンバーと10000mタイムの一覧をご紹介し、現在の大学別平均順位はどうなっているのか、注目選手は誰なのかもシェアしましょう。

【箱根トリビア1】最多連覇記録は中大の6回。4連覇は過去に青学など4校。毎年メンバーが代わる大学駅伝で連覇って凄いことだよね!

箱根駅伝2020青山学院メンバー一覧10000mタイム一覧

94回大会まで箱根4連覇という「黄金時代」を築いた青山学院大。しかし前回大会では、もの凄い追い上げを見せたもののあと一歩及ばず連覇が途切れてしまいました。96回箱根駅伝2020では挑戦者に立場を変えて2年ぶりの王座奪還を目指します

その青山学院大の本選エントリーメンバーとその10000mタイムの一覧は以下の通りです。

区間青山学院選手5000m

or10000m
ハーフ

最高記録
補欠→1区変更吉田 圭太(3)28:27.401:01:46
02区岸本 大紀(1)28:32.331:11:11
03区鈴木 塁人(4)28:31.661:01:45
04区市川 唯人(3)29:22.351:04:23
05区飯田 貴之(2)28:49.451:03:10
06区谷野 航平(4)29:36.711:04:16
07区中村 友哉(4)28:31.681:06:37
08区岩見 秀哉(3)28:49.131:03:13
09区神林 勇太(3)29:13.621:03:56
10区新号 健志(3)29:24.591:03:39
補欠吉田 祐也(4)28:42.581:03:19
補欠早田 祥也(2)29:17.871:10:43
補欠湯原 慶吾(2)28:44.991:03:41
補欠近藤 幸太郎(1)29:26.011:03:43
補欠中倉 啓敦(1)29:22.911:04:00
01区エントリー変更に宮坂 大器(1)29:10.821:04:52
【箱根トリビア2】青学は往復路1位の「完全優勝」が過去3回。全区でトップ独走した〝超完全優勝〟も1回!2020はどうなるかな?

箱根駅伝青山学院のタイムの平均順位は?

「名将原マジック」で復活を果たすことができるのか。箱根駅伝2020で「ディフェンディングチャンピオン東海大」の最大の対抗馬とみられる青山学院大の、最新の平均10000mタイムやエントリーメンバー平均タイムを、他大学と比較してみました。

最新の1万m平均タイム比較

順位大学名10000m平均タイム(上位10名、12現在)
1東海大28.39
2青山学院大
28.44
3明治大28.46
3駒澤大28.46
3東京国際大28.46
6中央学大28.51
7帝京大28.52
8順天堂大28.56
9日本大28.58
10創価大29.00
11神奈川大29.01
12日体大29.02
13東洋大29.03
14國學院大 29.03
15中央大29.04
16早稲田大29.06
17学生連合29.13
18拓殖大29.14
19法政大29.17
20国士舘大 29.32
21筑波大29.39

エントリー選手の平均タイム比較

ランキング大学名2020年
エントリー平均タイム
1青山学院大28.45.37
2東海大28.50.55
3明治大28.50.73
4駒澤大28.51.37
5帝京大28.52.21
6順天堂大28.56.12
7中央学大28.56.23
8東京国際大28.59.61
9日本大28.59.85
10神奈川大29.02.97
11日体大29.03.14
12創価大29.03.60
13東洋大29.03.76
14國學院大 29.05.98
15中央大29.07.02
16早稲田大29.07.73
17拓殖大29.17.26
18学生連合29.20.49
19法政大29.25.29
20国士舘大29.32.73
21筑波大29.40.46

データまとめサイト「箱根駅伝」によれば、新チームになった4月には上位10人平均で6位、10月には9位と順位を落とし、戦力ダウンが懸念された青山学院大も、11月以降に急速に力を回復。エントリーメンバーではついに1位に躍り出ました

「エントリーメンバータイムと箱根駅伝の総合順位には相関関係があるとされる」(原監督)だけに、本選に向けた「仕上げ力」、「本番に強い青学」の本領が発揮されつつあるといえそうです。

【箱根トリビア3】前回総合優勝した東海大は往路・復路いずれも2位。過去7校しかない珍しい記録なんだって!

青山学院の今年の特徴・エースは?

エントリーメンバーと10000mタイムの一覧や大学別順位をご紹介した今季の青山学院大。圧倒的強さを誇った青学大も、今季の当初は苦しみました。

四年間、黄金時代を牽引してきた主力の4年生が卒業し、新4年生が最上級生となったものの結果が出ず。10月の出雲駅伝では5位に沈み、温厚な原監督からさえ「今年の4年はダメ、気合いが足りない」と厳しい言葉も飛んだそうです。

しかしそこはさすがの青学。チーム力が急速に整い、11月の全日本大学駅伝では2位に。エントリーメンバーの10000mタイムでも全大学トップに仕上げてきました。

エースは10000m、ハーフマラソンでチームNo1タイムの快足・吉田圭太選手(3年)。これに続く主将の鈴木塁人選手(4年)や、下級生では飯田貴之選手(2年)、新人離れした冷静さが頼もしい岸本大紀選手(1年)らが注目されます。

特に、4人がエントリーした4年生の奮起が鍵となりそう。鈴木主将以外は箱根路を走ったことがないのが不安点ですが、原監督は恒例の作戦名「やっぱり大作戦」の通り、「やっぱり4年生は強かった。やっぱり青学は強かったと言ってもらいたい」と本番での爆発力に期待を込めています。

【箱根トリビア4】過去データでは8区までの1位2位の差が「2分未満」、9区では「1分未満」でないと、ほぼ逆転優勝は不可能!今回はどんなレースになるかな?

青山学院の箱根駅伝のみんなの反応・予想まとめ

みんなの感想

東海大連覇か?青山学院大復権か?大激戦必至!

ネットの反応

高校時代から見ていた青学の鈴木選手!!ラスト箱根駅伝いい結果残し青学2年ぶりの優勝みたいです!

みんなの感想

区間エントリー発表。東洋大学が何も隠して無いのと、青山学院の岸本くんが2区だったのには驚きました

ネットの反応

青学 2区は岸本大紀→吉田圭太もありうるかと。原采配の見せ所ですね

みんなの感想

原采配は部員ですら予想ムリゲーらしい(笑)

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ココがポイント

  • 4連覇で途切れ、復活のV奪還を目指す青学大
  • 新4年中心に不調だったがここにきて一気に急上昇
  • 不安は山区間。エース吉田らが平地で貯金できるか

29日に10区間の登録選手が発表され、青学大は「花の2区」にルーキー岸本選手を大抜擢。2年生エース飯田選手が山に挑みます。そしてチームNo1の吉田圭選手は補欠登録。状況を見て直前に往路の要所での起用が有力視されています。

箱根駅伝2020は近年にない〝戦国レース〟とみられ、青学大の原監督も「戦術駅伝」と表現。各チームの区間配置や戦略が最もポイントになりそうなだけに、号砲前から早くも「つばぜり合い」が始まっているようです。

原監督曰く青学の不安は箱根の山。最低限のビハインドで付いていけるかが優勝の行方を握りそうね!

-箱根駅伝, 陸上競技

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.