箱根駅伝 陸上競技

箱根駅伝2020國學院メンバー一覧10000mタイムとその平均順位は?.

箱根駅伝2020を4年連続13回目となる國學院が3位を目指して走ります。
メンバー一覧を10000mタイムとともに見て、前回7位からの押し上げの可能性について探ってゆきましょう。

上昇気流に乗っているのは確かね

箱根駅伝2020 國學院メンバー一覧10000mタイム一覧

まず、箱根駅伝2020 國學院メンバー一覧10000mタイム一覧を見てゆきます。

区間
(70分前まで
変更の可能性あり)
國學院選手5000m

or10000m
ハーフ

最高記録
補欠
→1区エントリー変更
藤木 宏太(2)28:46.411:02:17
02区土方 英和(4)28:44.281:02:02
03区青木 祐人(4)28:44.011:04:14
補欠
→4区エントリー変更
中西 大翔(1)29:34.811:03:59
05区浦野 雄平(4)28:25.451:02:02
06区島﨑 慎愛(2)28:46.831:05:23
07区木付 琳(2)29:38.64
08区河東 寛大(3)29:43.891:03:29
09区中西 唯翔(1)29:31.191:07:10
10区高嶌 凌也(3)29:38.941:03:52
01区
→エントリー変更
川崎 康生(1)29:55.611:03:58
補欠茂原 大悟(4)29:27.841:04:01
04区田川 良昌(3)29:55.621:04:05
補欠臼井 健太(3)29:30.961:03:47
補欠藤村 遼河(3)29:28.021:03:25
補欠殿地 琢朗(2)29:43.641:04:11

強豪5校の一角に挙げられるようになった國學院は今大会「往路優勝」と「総合3位以内」と高い目標を掲げて「歴史を変える挑戦」に邁進しています。

主力を担う10000m 28分台は、浦野雄平(4)、土方英和(4)、青木祐人(4)、島﨑慎愛(2)、藤木宏太(2)と5名にのぼり、しかも島﨑慎愛を除く4名が昨年3位となった箱根往路の経験者という強力メンバーです。

往路で十分優勝を狙える位置にあると言えます。

View this post on Instagram

. 【第96回箱根駅伝壮行会】  本日、渋谷キャンパスにて第96回東京箱根間往復大学駅伝競走の壮行会が開催されました!  平日にもかかわらず、沢山の方々が足を運んでくださりました!ありがとうございました!  また、キャラメルパンチの石井さんが國學院大學陸上競技部公式応援ソング『カギリナイミライ』を歌って下さりました!  前田監督からのコメントでもあったように、第95回大会が終了したその日から往路優勝・総合3位を目標に掲げてぶれずにここまでやってきました。1月2日、3日は、全員で往路優勝・総合3位を掴みにいきます!  #歴史を変える挑戦 #國學院大學 #svolme #箱根駅伝 #駅伝 #三大駅伝 #残り20日 #壮行会 #第96回 #往路優勝 #総合3位 #渋谷キャンパス #キャラメルパンチ #公式応援ソング #カギリナイミライ

A post shared by 國學院大學陸上競技部 (@kokudai_ekiden) on


任せることができるメンバーなのは確か

箱根駅伝國學院のタイムの平均順位は?

順位大学名10000m平均タイム(上位10名、12現在)
1東海大28.39
2青山学院大
28.44
3明治大28.46
3駒澤大28.46
3東京国際大28.46
6中央学大28.51
7帝京大28.52
8順天堂大28.56
9日本大28.58
10創価大29.00
11神奈川大29.01
12日体大29.02
13東洋大29.03
14國學院大 29.03
15中央大29.04
16早稲田大29.06
17学生連合29.13
18拓殖大29.14
19法政大29.17
20国士舘大 29.32
21筑波大29.39
10000mタイムの平均順位は14位と思ったほど高くありません
ハーフでも結果は同じく14位ですので、結局28分台の5名と後に続く5名の差が大きく、平均すると足を引っ張った結果によるものと思われます。

國學院の今年の特徴・エースは?

前田康弘監督(41歳)が2009年8月に監督に昇格して以降、着々とレベルアップを図っており、特に2018年にOBでもある山口祥太(34歳)コーチが就任して以降これに弾みがついています。

2011年以降の國學院の三大駅伝の経過を見てみましょう。

箱根駅伝(総合)出雲駅伝全日本駅伝
2008予選落ち出場権獲得ならず
2009
予選落ち出場権獲得ならず
2010
予選落ち出場権獲得ならず
20111011出場権獲得ならず
20121010出場権獲得ならず
201314出場権獲得ならず
201417出場権獲得ならず
20151415
2016予選落ち9
20171611
2018146
2019717
出場資格なし、予選落ちを繰り返していたのが、2018年の全日本駅伝6位で覚醒します
それ以降、2018年箱根駅伝総合7位、出雲駅伝優勝、全日本駅伝7位と見違えるほどの強さを発揮し、強豪5校の仲間入りを果たしました。

エースは前回5区を区間新記録で走った浦野雄平です。


往路は、これを往路3位経験者の土方 英和青木祐人藤木 宏太の3名で支えることで、もう1枚加えて往路を、優勝を狙える盤石な体制にすると思えます。

問題は復路ですが、島崎慎愛が28分台と育ってきており、これを軸にも上尾ハーフで結果を出した藤村遼河河東寛大を組み合わせ、往路での貯金の目減りをできるだけ防いで、総合3位以内に持ち込みたいところです。

一昔前とえらい違い!

國學院の箱根駅伝のみんなの反応・予想まとめ

みんなの感想

國學院は、柏原時代の東洋のようなレースができればいいけど、山区間で後続を離せなければ、復路で逆転されるだろう。

ネットの反応

國學院大學のここまでを見て4年生と藤木選手はやはり安定して走ってるんだけども中西兄弟が1年生の中でもかなり力があって凄いと思いました

みんなの感想

あくまで目標は総合3位
それを達成できる可能性は十分にある。
確かに層は薄いが、5パーセントくらい総合優勝の可能性はあるんじゃないかと思っている。

ネットの反応

復路の選手のレベルが気になる。
9番手、10番手のレベルが、青山、東洋、駒澤との差があるか。

みんなの感想

復路が弱すぎるが日体大みたいな例もある

出典:ヤフコメ
今回で、昨年以上の飛躍を期待していますが、やはり心配は層の薄さからくる復路での落ち込みです。

まとめ

ココがポイント

  • メンバーは28分台5名、前回の箱根経験者4名という往路に配置すれば盤石となる選手がそろっている
  • 上位10人の10000mタイム平均順位は14位と5強の一角にしては意外に低い
  • 往路でどれだけ稼ぎ、復路で落ちを最小限にとどめるかが目標の総合3位の鍵をにぎっている

國學院は昨年6月以降伸び盛りのチームですが、主力5選手とそれに続く層の差がかなり大きく、これをどう埋めるかが、今回の目標達成の鍵を握ります。
今年の出雲駅伝以降ベテラン、若手で、箱根の復路を任せられる選手がどれだけ増えたかと区間配置をどうするか監督コーチの腕が試されます。

期待に応えてほしいわ!

-箱根駅伝, 陸上競技

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.