箱根駅伝 陸上競技

箱根駅伝2020駒澤大学メンバー一覧10000mタイムとその平均順位は?.

箱根駅伝2020の5強の一角を担う駒澤大学のメンバー一覧を10000mタイムとともに見てゆき、上位10名の平均順位は、各大学と比較してどの位置にあるかを調べました。
さらにゴールデンルーキーなど注目選手に的を当てて、今年の駒澤大学の特徴をまとめました。

大物ルーキーの走りを見たい!

箱根駅伝2020 駒澤大学メンバー一覧10000mタイム一覧

箱根駅伝2020 駒澤大学登録メンバー16名の10000mタイム一覧を見てみましょう。

区間駒澤大選手5000m

or10000m
ハーフ

最高記録
01区中村 大聖(4)28:31.651:01:51
02区山下 一貴(4)28:31.891:02:36
補欠
→3区エントリー変更
田澤 廉(1)28:13.21
補欠
→4区エントリー変更
小島 海斗(3)29:39.911:02:15
05区伊東 颯汰(3)28:34.911:02:47
06区中村 大成(4)28:31.821:02:24
07区小野 恵崇(1)29:13.23
08区加藤 淳(3)28:36.591:03:04
09区神戸 駿介(3)29:28.021:02:56
10区山野 力(1)14:17.591:03:14
03区
→エントリー変更
大坪 桂一郎(4)30:10.341:02:17
04区
→エントリー変更
佃 康平(2)30:18.541:04:47
補欠小林 歩(3)14:02.211:02:25
補欠石川 拓慎(2)29:12.491:03:07
補欠酒井 亮太(1)14:03.521:04:14
補欠皆木 晴(1)30:56.01

1年生田澤廉(れん)が、10000mで28‘13“2で、ダントツのトップであり、さらに、28‘30“前後の選手が、中村大成(4)、山下一貴(4)、中村大聖(4)、伊東颯汰(3)、加藤淳(3)など4年生、3年生で6名もそろっていることが分かります。

粒ぞろいの陣容だ!

箱根駅伝駒澤大学のタイムの平均順位は?

順位大学名10000m平均タイム(上位10名、12現在)
1東海大28.39
2青山学院大
28.44
3明治大28.46
3駒澤大28.46
3東京国際大28.46
6中央学大28.51
7帝京大28.52
8順天堂大28.56
9日本大28.58
10創価大29.00
11神奈川大29.01
12日体大29.02
13東洋大29.03
14國學院大 29.03
15中央大29.04
16早稲田大29.06
17学生連合29.13
18拓殖大29.14
19法政大29.17
20国士舘大 29.32
21筑波大29.39
 (11月10日時点でのトップ10の平均ランキング10位まで)
10000mで4位、さらにハーフでは東海大の62‘37“5に次ぐ62’48”1と11“差の2位となっています。

駒澤大学は箱根駅伝で6回の優勝を誇り、平成の常勝軍団と称されてきました。
2012年から2016年まででも、2位または3位と常に優勝を狙える位置に君臨していました。
しかし、エースを故障で欠いた2017年に9位となると、リベンジを狙った2018年には12位とまさかのシード落ちをしてしまいました。

ここからの復活をかけて昨年は4位とその足掛かりをつかみ、今年もその勢いをつなげて3位以内を目標とし、数年後の優勝を目論んでいます。

駒澤大学の今年の特徴・エースは?

なんといっても、1年生ながら、将来のエース、日本を代表する選手になると衆目が一致するのが、田澤廉です。
https://www.instagram.com/p/B5WZXzPJszM/
2000年11月11日生まれ、青森県出身の19歳で、5000mで高校1年歴代3位、高校2年歴代5位という記録を持つなど、高校時代から注目されていました。

2019年4月駒澤大学入学後も、5月の関東インカレ5000mで日本人2位の7位入賞、9月の日体大長距離競技会5000mで、13分41秒82のU20日本歴代10位の自己ベストを出しました。

さらに、10月の出雲駅伝は3区で東洋大学の相澤晃(4年)に次ぐ区間2位、11月の全日本大学駅伝では青山学院大学の吉田圭太(3年)らを上回り、7区で区間賞を獲得するなどゴールデンルーキーの名にふさわしい活躍をしています。

田澤廉の働きもあり、駒澤大学は、出雲2位全日本3位と平成の常勝軍団がよみがえりつつありますが、もちろん中心となり、数々の経験を積んできた4年生の中村大聖山下一貴がチームの柱です。

メンバーの特徴を生かした区間配置をどうするかが難しいところですが、そこは、1995年以来駒澤大学を平成の常勝軍団に育て上げた大八木弘明監督の手腕の見せ所になると思います。

粒ぞろいだけに難しいのかも?

駒澤大学の箱根駅伝のみんなの反応・予想まとめ

みんなの感想

駒澤にしては久々に優勝を狙える位置にいるから4年生の走りはより重要になる。

ネットの反応

田澤、W中村、山下は安定している。優勝するには彼らが区間1〜5位の走りは必要。
あと、5区を走ると見られる伊東もキー。

みんなの感想

今年の駒澤は本当に不気味な存在。その他優勝争いは青学、東海、国学院あたりだと思う。

ネットの反応

(田澤選手は)出雲→全日本→八王子ディスタンスと、短期間でものすごい勢いで大エースへと進化している。もしかしたら八王子から箱根への1か月ちょっとで相澤選手を凌駕しているかもしれない、なんて勝手に期待しております。

みんなの感想

1位青学大 2位駒澤 3位東洋大 4位東海大 5位東京国際大 6位國學院大。青学、駒澤は大砲がいないけど粒が揃ってる。

出典:ヤフコメ
駒澤にかなり期待できるとのコメントが多く、田澤廉の一段の飛躍もありかとの声も聞こえます。

まとめ

ココがポイント

  • 箱根駅伝駒澤大学のタイムの平均順位は4位です
  • ゴールデンルーキーで将来のエースの田澤廉の初めての箱根が注目される
  • 目標の3位以内は中村大聖、山下一貴、田澤廉ら特長ある選手をどう配置するか大八木弘明監督の手腕にかかっている

今年の駒澤大学は優勝を狙える不気味な存在と見られています。
そのポイントとなる田澤廉がどの区間を担い、箱根デビューをどんな走りで答えるのか非常に興味津々といったところです。

是非応援したいわ!

-箱根駅伝, 陸上競技

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.