箱根駅伝 陸上競技

箱根駅伝2020明治大学メンバー一覧10000mタイムとその平均順位は?.

伝統校明治大学の復活はなるのでしょうか?
箱根駅伝2020での明治大学メンバー一覧を10000mタイムとともに見て、その平均順位が上位にあるにもかかわらず、なぜシード落ちとなるのかを見てみましょう。

とっても不思議?

箱根駅伝2020明治大学メンバー一覧10000mタイム一覧

箱根駅伝2020で61回目の出場となる明治大学メンバー一覧を10000mタイムとともに見てゆきましょう。

区間明治大選手5000m

or10000m
ハーフ

最高記録
01区小袖 英人(3)28:34.331:03:41
02区加藤 大誠(1)29:49.481:03:29
補欠
→3区エントリー変更
手嶋 杏丞(2)28:40.721:03:28
04区金橋 佳佑(2)29:13.201:05:24
05区鈴木 聖人(2)28:48.121:03:45
06区前田 舜平(3)29:03.351:04:20
07区三輪 軌道(4)28:53.361:03:35
08区酒井 耀史(3)29:30.901:03:43
09区村上 純大(3)28:58.161:04:47
10区坂井 大我(3)29:33.401:04:42
03区
→エントリー変更
小澤 大輝(1)29:10.821:04:55
補欠阿部 弘輝(4)27:56.451:02:16
補欠河村 一輝(4)29:09.901:04:04
補欠長倉 奨美(3)29:12.111:05:15
補欠櫛田 佳希(1)29:40.171:04:41
補欠杉本 龍陽(1)29:46.451:05:19

4年生が3名と極端に少なく、28分台以下の5名のうち、3年生が2名、1年生が1名を占める若いチーム構成となっています。

箱根経験者は6名と2018年予選落ちした割には、ある程度いるチームです。

実力あるのに惜しいな!

箱根駅伝明治大学のタイムの平均順位は?

順位大学名10000m平均タイム(上位10名、12現在)
1東海大28.39
2青山学院大
28.44
3明治大28.46
3駒澤大28.46
3東京国際大28.46
6中央学大28.51
7帝京大28.52
8順天堂大28.56
9日本大28.58
10創価大29.00
11神奈川大29.01
12日体大29.02
13東洋大29.03
14國學院大 29.03
15中央大29.04
16早稲田大29.06
17学生連合29.13
18拓殖大29.14
19法政大29.17
20国士舘大 29.32
21筑波大29.39
東海大、青山学院大につぐ3位で、駒澤大と並んでいます。
ランキング大学名2020年
エントリー平均タイム
1青山学院大28.45.37
2東海大28.50.55
3明治大28.50.73
4駒澤大28.51.37
5帝京大28.52.21
6順天堂大28.56.12
7中央学大28.56.23
8東京国際大28.59.61
9日本大28.59.85
10神奈川大29.02.97
11日体大29.03.14
12創価大29.03.60
13東洋大29.03.76
14國學院大 29.05.98
15中央大29.07.02
16早稲田大29.07.73
17拓殖大29.17.26
18学生連合29.20.49
19法政大29.25.29
20国士舘大29.32.73
21筑波大29.40.46
エントリー10名でも。青山学院大、東海大に次ぐ3位となっており、各選手の実力はトップクラスです。

ところが、近年の明治大の箱根での結果を見ますと、次のようになります。
第95回(2019年) 17位
第94回(2018年) 予選会13位で本戦出場を逃す
第93回(2017年) 18位
第92回(2016年) 14位
第91回(2015年) 4位

西弘美監督の下で、2005年に14年ぶりに箱根駅伝の舞台に返り咲き、以降2009年に総合8位で43年ぶりにシード権を獲得、2012年には49年ぶりに総合3位となるなど強豪校復活を遂げたと言われていました。

その後、2015年に4位という成績を収めるものの、それ以降は毎回予選落ち、2018年に至っては、予選会13位と本選出場も逃す惨憺たる結果となりました。

今年の実力が例年に比べて飛躍的に高いのでシード権獲得は安心というわけにはゆきません。

2018年7月18日の上位10名平均ランキングでも東海大、青山学院大、東洋大に次ぐ4位に位置していましたが、2019年の箱根は17位でシード権にはるかに届きませんでした。

10000mの各選手の実力とのこの落差はどこから来ているのでしょう。

2018年の予選会13位では、主力選手が転倒して棄権するなど、「明治は(本番に)弱い」と言われてきました。

2019年の予選会も、坂口裕之主将(4年)を欠き、2、3年生主体で臨んだが、4位で本戦出場を勝ち取りました。
ただ、弱さが克服できたかどうかは2020年でシード権獲得できるまでわかりません。

10000mより、ハーフでの実力は他大学に比べ落ちる
ハーフでは10000mと同時期の比較で、東海大、駒澤大、帝京大、青学大、東洋大に次ぐ6位となっています。

主力を故障で欠く場合が多い
2019年も坂口裕之主将など4年生を怪我などで欠いています。
練習のやりすぎなのか、体のメンテが十分でないのでしょうか?
また、怪我が十分癒えていないのに、無理して出場し、結果的に全体の足を引っ張ったというケースもままありました。

本番でアクシデント
2018年予選会のように、本番でのアクシデントが多すぎる気はします。
脱水症状で本来の実力が出なかったとかチームの体質に、過度に緊張する雰囲気があるのでしょうか?

区間配置に問題がある
最近の本戦での各区での結果をみますと次のようになります。

第93回(2017年)  18位 区間10位以内がいない
第95回(2019年)  17位 区間10位以内3名

各区間で10位以内は半分にも満たなければ、全体で、10位以内に入ることは不可能です。
選手の実力が発揮できていないのか、適切な区間配置がなされておらず、他校の戦略的な配置に翻弄されているのか?
対応を考え、根本的に戦略を見直す必要があります。

2017年にコーチに就任後、2018年から駅伝監督を務める山本佑樹監督にはぜひこの壁を打ち破ってもらいたいものです。

明治大学の今年の特徴・エースは?

エースは主将阿部弘輝(4年)ですが、夏に股関節と腸腰筋を故障し、11月23日の10000m記録挑戦競技会で、ようやく実戦復帰を果たしたものの、まだ本調子とまでは行っていません。
とはいうものの、今大会のエントリー日本人選手の中で10000mの最速タイムを持ち、国際大会を含めその経験はチームにとっても大きな財産です。

ついで注目は、3年生ながらエース格の小袖英人です。

昨年チーム2番手の実績を持ち、初めて7区で箱根に出場したものの、結果は低血糖になって失速18位とシード権圏外としてしまいました。

それだけにリベンジに燃える小袖は、7区5月の関東インカレでは10000mで8位入賞。全日本大学駅伝・関東選考会(10000m)では自己ベストをマークしました。
ただ、箱根予選会は脱水症状になり117位と力を出しきれませんでした。
たびたびのアクシデントが懸念点です

その他、上級生が全般に不振の中で、小袖英人を追って、手嶋杏丞(2年) 、鈴木聖人(2年)など下級生が自己ベストを出すなど、進境著しいものがあります。

この辺りが、トラブルなく、本来の実力を発揮すれば、5年ぶりのシード権獲得が確実となり、名門復活への足掛かりができると思われます。

若手に期待ね!小袖くん頑張って!

明治大学の箱根駅伝のみんなの反応・予想まとめ

みんなの感想

中島、佐々木がエントリー漏れ、エース阿部もどれだけ調子を戻せるか未知数
小袖、鈴木、手嶋で1区、2区、4区を担う事になるだろうね

ネットの反応

前回は小袖のブレーキも痛かったが、それ以上にアンカー坂口の失速に失望やったね。せっかく10位と30秒弱で繋いでもらってるのにひどかった。

みんなの感想

(阿部選手は)仮に希望がかなった場合には、1区の歴代8位の記録であると同時に明治大学記録でもある、2016年大会で横手健さんが出した「1時間01分44秒」の更新を狙ってほしいですね。

ネットの反応

明治のランナー、実力はあるんだろうけど、大会本番やロードになると異常に弱い。全くの期待ハズレな結果ばかり。いったいどういう練習してるの?と指導者に聞きたくなる。

みんなの感想

そこそこいい選手が入学はしてるけど最近あまり良くないですね

出典:ヤフコメ
箱根本番を心配する声が多いようです。
今年こそトラブルなく、実力を発揮できるか?

まとめ

ココがポイント

  • 10000mタイムとトップ10名の平均順位は東海大、青山学院大につぐ3位
  • 上級生が怪我などで不振の中小袖英人(3年)を中心に、2年生が伸びてきている
  • 復活はトラブルなく本番にベストの陣容で臨めるかにかかっている

復活後の2度目の落ち込みからの再復活をはかる名門明治大学の鍵を握るのは、実力を本番でいかに発揮するかにかかっています。
下級生の盛り上がりで、本番に弱いというジンクスを吹き飛ばしてほしいところです。

はらはらするアクシデントはこりごりよ!

-箱根駅伝, 陸上競技

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.