ボクシング

堤駿斗のデビュー戦を予想!ジョン・ジェミノとは?動画や戦績まとめ

2022年7月13日、東京で開催されるボクシングのWBO世界スーパーフライ級タイトル戦「井岡一翔vsニエテス2」のアンダーカードで、「日本アマボクシング界の最高傑作」堤駿斗選手のプロデビュー戦が行われます。

相手はフィリピン人のジョン・ジェミノ選手。見逃せない「堤駿斗vsジョン・ジェミノ」の視聴方法や試合予想、ジェミノ選手の戦績や強さなどをまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

あの井上尚弥が「そのままでいいよ」と実力の凄さに折り紙を付けた「モンスター2世」堤がいよいよデビューか!

7月13日(水)Paraviなら生中継が見れると発表されました!!
※メインの井岡のみ地上波TBS中継・TVer中継しますが、アンダーカードの堤戦や、比嘉戦はテレビではなし!

\アンダー含む全試合生中継はparaviのみ!/

paraviならアマボクシング界の最高傑作「堤駿斗」デビュー戦と7月20日以降のパリサンジェルマン来日試合も生中継されるから僕は登録したよ

堤駿斗のデビュー戦まもなく

千葉県出身、習志野高校から東洋大と進みアマボクシング界のタイトルを総なめにした「アマ史上最強」の堤駿斗選手(22)。

東京五輪を目指していましたがコロナ禍の影響もあり夢がかなわず、このほどプロへ転向。いよいよファン待望のデビュー戦を迎えることになりました。

高校生で高校タイトル独占はもちろん、尚弥さん以来全日本選手権も制覇。国際大会優勝を含めタイトル獲得数は「13冠」という凄さよね

堤駿斗デビュー戦の概要

堤選手は今年4月にB級プロテストに合格。通常プロボクサーはC級(4回戦)からキャリアを開始しますが、アマでの高い実績が認められ特例で6回戦が可能なB級スタートとなりました。

さらに、余りにも実力が他の新人より抜きんでていることから、デビュー戦は「超特例」のA級(8回戦)が許可されました。ちなみに過去、同じように「A級デビュー」を果たしたのは井上尚弥、村田諒太選手ら9人しかいません。

K-1王者の武居ですらB級スタートか。ってことは那須川天心も同じなのかなぁ…

というわけで、堤選手の記念すべきデビュー戦は以下の通りとなりました。

堤駿斗 vs ジョン・ジェミノ(フェザー級、8回戦)

【日程・会場】13日(水)、東京・大田区総合体育館

この日の興行はメインイベントの「井岡vsニエテス」戦含め5試合(予備戦除く)で、17:30開始。堤選手の試合は6回戦の次の2試合目ですので、18時ごろのゴングと思われます。

この日は他にアンダーで森武蔵、比嘉大吾両選手の再起戦も組まれてるわね!


\ Paraviに登録して視聴する! /
Paravi3つのポイント

  • 月額1,017円(税込み)※2週間無料は2022/6/20で終了しました
  • TBS・テレ東を扱い満足度トップクラスの動画配信サービス
  • おすすめは、『99.9』『水曜日のダウンタウン』『それSnowManにやらせて下さい』『最愛』

視聴方法

13日の「井岡vsニエテス2」については、TBS系列で全国地上波テレビで夜9時から生中継が発表されています。

ただ前述のように「堤駿斗vsジェミノ」は18時ごろですので、テレビでのライブ放送は期待薄。7月4日時点ではネット配信などの情報もありませんが、「Paravi」などでのサービスを期待したいところです。判明し次第追記します。

森・比嘉戦とともにせめてダイジェストでも当日放送してくんないかなー?

何とか、後日の配信でもいいのでフルで見たい!「堤駿斗vsジェミノ」のデビュー戦。では次項でジェミノ選手の戦績や試合予想を見ていきましょう。

ジョン・ジェミノとは?戦績・強さ

堤駿斗選手のデビュー戦相手となるジョン・ジェミノ選手とはどんなボクサーなのでしょうか。以下に試合予想とあわせ、戦績や動画などをご紹介しましょう。

ジェミノ選手はフィリピン出身30歳のオーソドックスボクサー。09年にデビューし、戦績は23勝(13KO)13敗1分けです。

これまでフィリピン国内タイトルなどを獲得。Boxrecによると、16年にWBAスーパーバンタム級のインターコンチネンタル王座に挑みましたが、体重超過してしまい獲得ならず。

日本人相手では、18年に後楽園ホールで中澤奨選手と対戦し2回KO勝ちしています。現在は東洋太平洋フェザー級5位にランクしています。

動画

ジョン・ジェミノ選手の試合動画を2つご覧下さい。

↓17年のTugstsogt Nyambayar戦

↓21年のElnur Abduraimov戦

\アンダー含む全試合生中継はparaviのみ!/

堤駿斗vsジョン・ジェミノの予想

「堤駿斗vsジェミノ」はいきなりの8回戦と堤選手にとってはハードル高い初戦となります。マッチングに際し、陣営では堤選手に2人の候補者の動画を見せ、選ばせたとか。

堤選手は「映像を見て勝てると思ったので強い方を選んだ」と東洋太平洋ランカー・ジェミノ選手を選択。試合に向けて米ラスベガスで合宿を張り、キューバの強豪選手と何度もスパーリングするなど準備を進めてきたそうです。

ただ前述の戦績のように、ジェミノ選手は4年前、堤選手と似た「高校4冠・全日本制覇、B級デビュー」のアマエリート出身・中澤選手をわずか2Rで沈める強さで、アマ時代の相手とは別格といえるでしょう。プロでもどこまで強さを示せるか、非常に注目されます。

堤さん「簡単ではないがしっかり倒して勝ちたい」とKOに意欲。相手にとって不足なし!ね

堤駿斗デビュー戦にみんなの反応は?

天心よりも堤駿斗

引用:https://twitter.com/pukubox/status/1542768881365766145

もし同じ階級なら、天心くんがボクシング行って最初にあたる壁がこの子だと思ってる☺️

引用:https://twitter.com/cocorochannoaka/status/1539625559180816384

勝てばいきなり東洋ランク入るでしょう

引用:https://twitter.com/jack_hanmer/status/1539534211648204808

ジョン・ジェミノは強打のアップセッター。大丈夫か?

引用:https://twitter.com/pukubox/status/1536693528125812738

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 7月13日、井岡世界戦のアンダーで「モンスター2世」堤駿斗デビュー
  • アマ13冠が評価され飛び級でB級合格、史上10人目の特例A級スタート
  • ただ相手は東洋5位、中澤を2Rで下した強豪ジェミノ。ネット配信期待

\アンダー含む全試合生中継はparaviのみ!/

-ボクシング

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.