※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

ボクシング

平岡アンディ vs セバスチャン・ディアスの予想!世界戦に進むには圧勝が条件に!

12月26日、世界スーパーバンタム級4団体王座統一戦「井上尚弥 vs タパレス」というメガマッチが東京で行われますが、アンダーカードも見応えあるラインナップが揃いました。

今回はその一つである、日本中量級の期待のボクサー、現スーパーライト級世界ランカーの平岡アンディ選手と、メキシコのセバスチャン・ディアス選手の試合予想や概要をお届けしましょう。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

リング通称はアンディさんが「Da Blade」。鋭い刃って意味かな?ディアスさんは「処刑人」ね

 

◆格闘技◆
2024年6月2日 (現地6/1)
平良 達郎  対  ジョシュア・ヴァン戦
UFC
 フライ級マッチ

新クイーンカジノなら
スポーツベットはもちろん、ライブカジノや、
パチンコ実機パチスロ実機も楽しめる。

\場所や時間を選ばず楽しめる/

(新)クイーンカジノに登録する

パチンコ一覧:CR牙狼FINAL・CR真・花の慶次・CRキャプテン翼・CRルパン三世・CR真・北斗の拳
パチスロ一覧:
初代北斗の拳・アナザーゴッドハーデス・押忍!番長・ミリオンゴッド神々の凱旋・初代吉宗

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジ"さんの(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

平岡アンディvsセバスチャン・ディアスの予想

世界大注目の4団体統一戦「井上vsタパレス」を主催する大橋ボクシングジムによると、この日は全7試合を予定。第5試合に設定されているのが、中量級のノンタイトル戦「平岡アンディ vs セバスチャン・ディアス」です。

その概要や試合予想を以下に見ていきましょう。

概要と放送予定

◆ノンタイトル8回戦(契約体重未定)「IBF世界スーパーライト級10位・平岡アンディ vs セバスチャン・ディアス

【日程】12月26日

【会場】東京・有明アリーナ

【ライブ配信】NTTドコモの動画サービス「Lemino」で無料ライブが行われるか、詳細は公式サイトをご確認ください。

試合予想

まずは二人の戦績などからご紹介しましょう。平岡アンディ選手は神奈川県出身の27歳。スタイルはサウスポーです。父がガーナ人、母が日本人。

プロでの経歴は順調です。東日本新人王、初代日本スーパーライト級ユース王座を獲得。21年にはWBOアジアパシフィック・日本スーパーライト級王者となり、4度防衛を果たして返上しました。米ラスベガスでの試合経験もあり、米大手プロモーター・トップランクと契約しています。戦績は22勝(17KO)と、いまだ負けなしです。

4歳からボクシングを始めて、小学生の頃にはボクシング少年として「さんまのSUPERからくりTV」に出演したことでも有名ね

相手のディアス選手はメキシコ出身の29歳でやはりサウスポー。13年にデビューして主にメキシコ人との対戦を重ね、主な地域タイトルはないようです。戦績は18勝(6KO)3敗1分け。

さてこの試合ですが、正直、データ上もあまりにも格差が大きいように感じます。Boxrecによると、世界上位ランカーでもあるアンディ選手はスーパーライト級で全体19位にランク。一方のディアス選手はスーパーフェザー級で全選手中443位です。

来年には海外などでの世界戦を目指すとするなら、アンディ選手はこの1戦、圧倒的な実力を見せてKOし、世界にアピールする必要があります。完勝と同時に、世界上位ランカーとしての態度やスポーツマンシップも試されるリングともなりそうです。

なんでこういうマッチングになったのか……今年、IBF上位のエルガシェフとの指名挑戦者戦が破談になったのも遠因なのかな?

ネットの予想・反応

やっぱりこの階級はアメリカに拠点移した方がいい。アンディがこのまま年齢を重ねていくのがもったいない
平岡アンディは、本当の強豪と対峙した時に通用しないような気がしてならない
アンディ選手は一度も世界的強豪との対戦がないですよね。軽量級なら世界王座獲得も夢ではない実力と実績ですが
ライト級からウェルター級は化け物ぞろいの層の厚いクラス。せめてBoxRec30位以内の選手と試合して欲しかった

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/d8a0d5797674d49ed4aad5155fa6a3b09317d92b/comments

まとめ

要約しますと

  • 12月26日「井上vsタパレス」のアンダーで第5試合「平岡アンディvsセバスチャン・ディアス」
  • スーパーライト級でアジア王者を防衛してきたアンディの世界前哨戦。戦績は22戦いまだ無敗
  • メキシカンのディアスはかなり格下でタイトルもなし。アンディには圧倒的勝利が必須の1戦

-ボクシング

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.