※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

ボクシング

「タパレス戦の次」は誰と戦う?井上尚弥の2024年を大予想!

今月末、いよいよ世界のファン待望のメガバウト、ボクシング・スーパーバンタム級の世界4団体王座統一戦「井上尚弥vsマーロン・タパレス(フィリピン)」が行われます。

ただオッズは井上選手が圧倒しており、有識者の間ですら話題は早くも「その次」に。井上尚弥選手が「タパレスの次」に戦うのは誰なのか?「モンスターの2024年」を展望してみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

こないだの記者会見で、尚弥自身は第一声で「カシメロはない!」って笑ってたね。前戦が悪すぎだったし

 

◆格闘技◆
2024年6月16日 (現地6/15)
平良 達郎  対  アレックス・ペレス戦
UFC  開催場所:
米国ラスベガス

新クイーンカジノなら
スポーツベットはもちろん、ライブカジノや、
パチンコ実機パチスロ実機も楽しめる。

\場所や時間を選ばず楽しめる/

(新)クイーンカジノに登録する

パチンコ一覧:CR牙狼FINAL・CR真・花の慶次・CRキャプテン翼・CRルパン三世・CR真・北斗の拳
パチスロ一覧:
初代北斗の拳・アナザーゴッドハーデス・押忍!番長・ミリオンゴッド神々の凱旋・初代吉宗

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジ"さんの(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

タパレスの次は?井上尚弥の2024年を占う

アジア人初の世界4団体統一王者。日本人で二番目の4階級制覇王者。もうすぐここに、アジア人初・世界二人目の「二階級での4団体統一王者」の肩書が加わりそうです。

タパレス戦を控えた「軽量級史上最強ボクサー」井上尚弥選手の評価はもはやそう断言できるレベル。世界のあらゆるメディアや識者が「よほどのアクシデントがない限り」ほぼ100%、井上選手の勝利を予想しています。

というわけでファンの視線の先は早くも「尚弥の2024年」に。次の次は誰と戦うのか。その次はどうなるのか、当サイトでも占ってみました。

ちなみに最新の海外勝利オッズは「井上さん1.08倍、タパレスさん10倍」まで広がってます…

「1年はSバンタムに」…?

「スポーツに絶対はない」「終わってみなければ分からない」は普遍の常識とはいえ、井上尚弥選手に限っては、過去すべての試合でどんな専門家の予想をも上回る衝撃的勝ち方をしてきた「生ける伝説」

バンタム級以降は試合を重ねるごとにうまさや強さが増している感じですし、いまや「モンスターはこの先どこまで行くのか?」がファンの最大関心事だといえます。

最近の記者会見で、井上選手は「(タパレス戦後も)1年はSバンタムにとどまる」と語っていましたが、ボクシング専門記者らの見方を総合すると「彼が求めているのはタイトル数や防衛回数ではなく、ひたすら強い相手だけ」が結論。

ボクシング界最高権威の米リング誌パネリストでもあるライター、杉浦大介氏が最近「Web Sportiva」で海外有識者と行った座談会記事によると、「タパレス戦後、井上が満足する相手はSバンタムにはいないがメディアの統一見解のようです。

WBCはネリを挑戦者に指名しているが、日本では試合できないし、仮に戦っても一方的に「尚弥圧勝」だろうしなぁ(苦笑)

フェザー級行き決断なら

それでは2024年、もし早々に井上選手がフェザー級に上がり5階級制覇を目指すとすれば、誰が相手となりそうなのでしょうか。メディアの見方によれば、現WBO王者で「五輪金の帝王」ロベイシ・ラミレス(キューバ)、IBF王者アルベルト・ロペス(メキシコ)、WBC暫定王者の「イケメン」ブランドン・フィゲロア(米)の各王者が候補に挙がりそうです。

確かにラミレスさんはパワーも技巧も最高級で、その点フルトンさん以上かも。試合間隔も近いから一番あり得そう!

ただ前述の識者の意見では「ラミレス、ロペスあたりでも問題なく井上が打ち破るだろう」がもっぱら。ということは、仮に2024年、井上選手がフェザー級に行き2戦ほどを行うとしても、やはり来年末には「相手がいなくなる」可能性があります。

早くも2025年以降の話題

もはや世界のメディアでは「井上はスーパーフェザーでやっと歯ごたえを感じるのでは?」という見方すら出ているようです。

体重リミットが約59kgまで上がるSフェザーでは、さすがに井上選手は小柄な部類。相手の耐久性も格段に強まるため、フィジカルやパワーの面で相当苦労し、勝つのは容易ではないという声が聞かれます。

具体的には、スーパーバンタム級から徐々に上がって3階級を制覇した現WBOのSフェザー級王者ナバレッテ選手(メキシコ)らがターゲットになり得る、との予想も。

果たしてタパレス戦後、井上尚弥選手や陣営・プロモーターから今後に関してどんな発言が聞かれるのか、注目したいですね。

ネットの反応・予想

「フルトンはレベルの差を感じる事になる」と予想した米元2階級王者いわく「フェザー級にもライバルになる選手は見当たらない。Sフェザーなら苦労はする」
井上のプライムタイムは28〜32歳位か。しかしそれ程打たれていないのでもう少し伸びるかも
「井上尚弥はシュガー・レイやメイウェザーJrと同格の生ける伝説」という主旨の記事を見かけたが、誇張無くその通りだと思う
赤穂はフルトン戦で「井上はこんなに強いのか!」と驚いた。自分がスパーした手応えでは測れなかったという。つまり本当の強さはまだ誰も分からないのだ

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/405e758b7727f35a1c6c1c07f7f9c402d14b3d9d

まとめ

要約しますと

  • 月末のメガバウト「井上尚弥vsタパレス」の4団体統一戦近づく。オッズは尚弥圧勝予想
  • 世間の関心は早くも2024年。もはやSバンタムには敵なし。「次の次」はフェザー級か?
  • ラミレス、ロペス、フィゲロアら現王者が候補に。それでも「尚弥が勝つ」予想が大勢

-ボクシング

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.