ボクシング

チャーロの戦績と強さ!村田とやるならどっちが勝つか?

新型コロナ感染はいまだ収束とはほど遠い状況ですが、「感染防止と経済活動の両立」を図ろうと、多くの国ではスポーツが再始動し、ボクシング界でも「本場」の米国などで無観客による試合が開催され始めました。

そうなると気になるのは、昨年来タイトル戦が〝凍結〟している日本の王者たち。例えばWBA世界ミドル級王者村田諒太選手の次戦はどうなるのでしょうか。

実力王者が居並ぶミドル級で、中でも強豪の一人がWBC王者ジャーモール・チャーロ選手(チャーロ兄)。仮に村田選手とチャーロ選手の統一戦があれば、どっちが強いのか?二人の戦績などから探ってみましょう。(出典:Wikipedia、各スポーツ紙など)

チャーロは双子兄弟だから、日本では「チャーロ兄」「チャーロ弟」の呼称が馴染んでるかな。それにしても世界的に兄弟ボクサーって多いんだなw

チャーロの戦績と強さ

「村田とチャーロ兄、戦うとどっちが強い?」を探る前に、まずはチャーロ選手の戦績と強さを調べてみました。

ジャーモール・チャーロ選手は米テキサス州出身の30歳、オーソドックス型ボクサー。弟ジャーメル選手とは双子で、のちに史上初の「同階級で双子の同時王者」というボクシング史の歴史を刻む、超強豪双子ボクサーでもあります。

08年にプロデビュー。15年にIBFスーパーウェルター級王者バンドレイジ選手をわずか3Rで沈めKOで世界王座につきます。

16年のウィリアムズ戦まで三度防衛を重ねたのち、17年にミドル級に階級を転向。同年7月、WBCミドル級1位ヘイランド選手との挑戦者決定戦に4RTKO勝ちを収めます。18年にセンテノJr選手との同級暫定王座決定戦で、またもわずか2RKO勝ちし、二階級制覇に成功します。

昨年、WBCの正規王者カネロ・アルバレス選手が「フランチャイズ王者」に昇格したことから、チャーロ兄が正規王者に認定。昨年6月の二度目の防衛戦に勝ったのが直近最後の試合です。戦績は29戦全勝(21KO)という相当なKO率の高さと強さを誇っています。

後ほどご紹介する試合動画からも見られるとおり、恵まれた体格から放つワンツーと撃ち下ろすような右ストレート、鋭いジャブやアッパーが武器。1Rから連打で攻めまくる好戦的なタイプでKOを量産する「無敗王者」です。

チャーロ兄弟は双子の上にファーストネームも似てるから文章では見分けるのが難しい!でも弟は技巧派。ファイトスタイルが全然違う双子ってのも面白いわね

↓17年のヘイランド戦までのチャーロ兄KO集

チャーロvs村田やるならどっちが強い?

180cm以上の長身・リーチと分厚い肉体から繰り出す重いパンチで攻め続け、KOの山を築くチャーロ兄王者。実力者がそろうミドル級でも屈指の強豪と目されますが、ではミドル級王者の一角を占める「日本・アジア中量級のスター」、我らが村田諒太選手とはどっちが強いのでしょうか。

団体や階級が多数分かれるボクシングでは「どっちが強いの?」の比較は永遠のテーマですが、それを解決しようという昔からの先人の試みが「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」です。世界のボクシングメディアが議論して認定している「仮想最強ランキング」PFPの最新版(4日現在)で、チャーロ兄選手と村田選手を比較してみましょう。

■ザ・リング

【ミドル級】チャーロ兄 3位、村田諒太 5位

■ワールド・ボクシング・ニュース

【PFP TOP50】チャーロ兄 39位

【ミドル級】チャーロ兄 3位 (村田はランク外) 

ええーっ!!WBNはトップ5に四団体正規王者の村田を入れてないのか!WBA暫定王者ユーバンクJrは4位なのに。どういうわけだっ(怒)

30歳と体力、技術的に脂が最も乗っている時期のチャーロ兄選手に対し、村田諒太選手は既に34歳。戦績的にも、金メダリストというアマエリートからの転向でもありプロでは18戦16勝(13KO)2敗とやや見劣りします。

村田選手のファイトスタイルは馬力満点・攻防分離のフィジカルファイター。ガードをがっちり固めて前に出て、強いコンビネーションを返すのが得意の形。パワーでは欧米の強豪にも負けない強さがあるといわれますが、防御やフットワークには難点があり、技巧派相手では苦戦が目立ちます。

チャーロ兄選手は前に出る似たタイプだけに、噛み合った打ち合いも期待されますが、チャーロ選手が武器とする強烈なストレートやアッパーに村田選手がまず耐えられるかが、試合では鍵になるかもしれません。

↓最近の村田トレーニング風景

チャーロの最新ネットの評価

みんなの反応

チャーロ兄にはもっとスポットライトが当たってもいいと思うが

ネットの感想

チャーロももう30だからね。早目にビッグマッチ観たいけど、興行価値高い選手たちはチャーロに興味を示してないらしい

みんなの反応

これから個人的にアツいビッグマッチ連発やん チャーロ兄VSデレビャンチェンコ チャーロ弟VSロサリオ ロマチェンコVSロペス サンタクルスVSデービス

ネットの感想

個人的にはカネロとのマッチアップ希望するところ

みんなの反応

チャーロ兄弟も今は追われる立場か!

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • ボクシングの試合再開も、村田諒太の次戦はいまだ具体化せず
  • 仮にミドル級王者チャーロ兄と統一戦ならどっちが強いのか予想
  • 好戦的強打者・高KO率のチャーロ兄。似たタイプだが村田劣勢?

昨年12月、再奪取した王座の初防衛に成功した村田選手。コロナのため早半年以上試合がない状態が続いていますが、この間にはいろいろな水面下の動きがありました。当初、メディアでは「5月にさいたまでカネロvs村田のタイトル戦がある」とまことしやかに報じられましたが、これはメキシコの祝日にあたる同時期の試合と近く結局見送りに。

カネロ選手は、5月に米ラスベガスでサンダース選手とスーパーミドル級王座統一戦に臨む方向になったものの、これもコロナ禍で延期。今度はカネロ選手が9月に因縁の相手・元王者ゴロフキン選手と戦い、さらに12月には村田戦が行われると噂されました。

ただ各国で大規模な観客入り興行の見通しが立たない限り、ビッグマッチの成立は難しい状況。「とにかく村田さんの試合が早く見たい!」とファンが気をもむ状態はまだ続きそうです。

村田の帝拳ジム会長は「12月のカネロ戦」を認めてるらしいけど、本当はどうなるのか……この情勢じゃなかなか見えてこないな

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.