ボクシング

井上尚弥vs井岡一翔どっちが強い?もしもの予想が盛り上がる「天心vs武尊の100倍見たい」「ゴールデンでやって」

井上尚弥選手らスターやレジェンドボクサーが参加する、2月11日のチャリティーボクシングイベント「LEGEND」。井上選手がSNSでファンにエキシビションの対戦希望を募ったところ、早速さまざまな声が集まっているようです。

目立つのは日本を代表する世界王者同士の「井上尚弥 vs 井岡一翔」。もし実現すればどっちが強いのか?試合を予想してみました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

LEGENDでは30分で結果が出るPCR検査機で観客と参加者全員に検査を実施。収益の一部からPCR検査機を各都道府県に1台寄付するそうだ!

\月4000円節約は1年で4.8万、10年で48万の節約/
1年無料締め切り間もなく・4月から新プラン 機種の壁だけ超えれば

井上尚弥vs井岡一翔どっちが強い?エキシビジョンで可能性

「LEGEND」は新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援しようというチャリティー企画。出場選手は約5000人の観客の前で「エキシビションマッチ」形式の試合を行います。現役ボクサーのほか引退した「レジェンド」たちも参加の方向だそうです。

記者会見で井上選手が「ファンの皆さんが希望するカードをSNSなどで上げてもらって、想像を膨らませたり『このカードが観たい』という意見を出してほしい」と呼びかけたところ、早速多くの「マッチメイク案」が。

「那須川天心vs井上尚弥」「禁断の井上兄弟対決」「天心vs武居由樹」といったリクエストの中でも、特に目立ったのがバンタム級二団体統一世界王者井上尚弥選手と、大晦日に「世紀の日本人対決」を制したばかりのスーパフライ級世界王者井岡一翔選手の組み合わせです。

階級差があり公式戦では実現できないものの「エキシビションなら多少の体重差は構わないだろう」という見立て。もし実現すれば一体どっちが強いのか、どんな展開が予想されるのでしょうか。

今のところ参加が決まっているのは尚弥さんと、ライトフライ級王者の京口さん、元フライ級王者木村さん、元スーパーフェザー級王者内山さん、元3階級制覇王者八重樫さんだって

井上尚弥vs井岡一翔の筆者予想

発表によると、エキシビションは「日本人限定・3分3ラウンド・勝敗なし」の試合形式で、6試合程度実施。ということは12人もの新旧レジェンドボクサーが集結するわけです。

ヘッドギアの有無やグローブの大きさなどのルール詳細は未定なものの「近くの階級のチャンピオンには一応オファーを出している」(井上選手)そうで、2~3階級違う王者同士の対戦の可能性も十分ありそう。

「お客さんもぬるいスパーリングは見たくないと思う」と井上尚弥選手が話す通り、イベントとはいえ各選手はコンディションを仕上げて本気に近い対戦を披露する意気込みです。

1階級違いの井上・井岡両王者。もし両者のエキシビションが実現すれば、どんな展開が予想され、どっちが強いのでしょうか。

井岡一翔選手は日本屈指の技巧派で有名。パワーはそれほどでないものの距離の支配、当て勘やカウンターのタイミングの取り方は極めてうまく、前戦では速さピカ一の田中恒成選手をドンピシャのカウンターで3度もダウンさせたほど。

井上尚弥選手も持ち前の猛烈な強打はもちろん、超速のジャブやワンツー、カウンター、フェイントのテクニックにも非常に長けており、もし両者が対戦すればとても見応えあるハイレベルな中~近距離でのパンチの応酬が見られそうです。

会見で木村翔が「尚弥vs井岡が見たい」と言うと、尚弥も「僕も見たいです、それ」と挙手(笑)。確かに「教科書」みたいな永久保存版の3Rになりそう
これまで凄い数のスパーをこなしてる尚弥さん。スパーなのにダウンさせたことが何度もあるっていうわね…


\月4000円節約は1年で4.8万、10年で48万の節約/
1年無料締め切り間もなく・4月から新プラン 機種の壁だけ超えれば

井上尚弥vs井岡一翔のみんなの予想まとめ

みんなの反応

やっぱり井岡より井上尚弥かな!

ネットの感想

井上尚弥対井岡は那須川vs武尊の100倍見てみたいカードだな

みんなの反応

井岡は無いな。厳重注意した者をホイホイ出したらJBCはぬるすぎる。正直見たいけど冷却期間必要だし

ネットの感想

井上尚弥と井岡とかゴールデンで流すべき!

みんなの反応

これで井岡が勝ったら~刺青問題も吹っ飛ぶやろな

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 2・11ボクシングチャリティイベント「LEGEND」のカード予想続々
  • ファン一番予想は「井上尚弥vs井岡一翔」。ハイレベル応酬確実
  • 6試合ならレジェンド12人が集結に。中谷、岩佐、拓真らも参加期待

世界的コロナ禍、日本も緊急事態下でボクシング試合が困難な中で、ファンにはとても楽しみな今回の企画。バンタム級周辺では井岡、京口選手のほか中谷潤人(フライ)、岩佐亮佑(Sバンタム)が現世界王者。元王者では井上拓真、比嘉大吾、田中恒成選手らもいます。引退した元王者を含めどんな顔ぶれが集まり、どうやって対戦を決めるのか、ルールはどうなるのかなど、興味は尽きません。

会見で京口が尚弥戦を本人に希望して「決まり!」って言ってたけど……うーむ、尚弥3試合くらいやってくれんかな…w

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2021 All Rights Reserved.