ボクシング

井上尚弥vsマロニーの結果詳細速報【更新中】パンチ数分析・海外の反応「病院送りだって」「途中足つってたらしい」

井上尚弥vsマロニーの結果速報と海外の反応をまとめていきます!

また、具体的な採点結果と、パンチ数分析も載せますので、より詳細にこの試合の力の差が分かります。
結果を速報・更新していきます。

やっぱりの結果ではあるけど、やっぱ本人の凄さは細かく見て初めて分かる。

井上尚弥vsマロニーの結果速報

井上尚弥vsマロニーの結果は報道されているように7R2’59KO勝ち。
採点見ると、4Rだけ、2人マロニー選手につけていますが、後は井上選手がとっています。
ただし、パンチ分析の数字を見ると、4Rはジャブのヒット数だけマロニーが上回っていましたが、
パワーパンチは井上選手が上回っていました。

そして、後から分かりましたが、4Rあたりフットワークが「あれ?」と思ったのですが、足をつっていたとのこと。(コメント見直すと7R始まる前に足を叩いていたのがそうで、4Rと明言はしていなかった)

井上尚弥vsマロニーの戦績

井上尚弥の戦績
19戦19勝(16KO)無敗
27歳
3階級制覇

ジェーソン・マロニーの戦績
22戦21勝(18KO)1敗
29歳

前日までの予想・オッズ

1.083:8.25で井上尚弥

井上尚弥vsジェイソン・マロニーの予想と海外の反応まとめ「カシメロ級」「怪物も簡単じゃない相手」

前日計量の様子

観客少ないとやっぱ盛り上がりがちょっとね...。

こういう時に英語の聞き取り完璧だったらなって思う

入場

1R

井上尚弥、スピードが凄い一年ぶりの試合とは思えないくらい調子良さそう!
いい滑り出し。モロニーは左フックで応戦。
10:9で井上

2R

井上右ストレートを浴びせる。最後の左フック惜しい
10:9で井上

3R

マロニーの息が少し上がってきた、顔も左の額に傷
井上のペースで試合進む
10:9で井上

4R

マロニーだんだん後ろに下がってきてるが、井上尚弥フットワークの調子悪そうに見える。(→後で足をつっていたことが判明。ただこの時と明言はしていない。)
マロニーの左目上が赤くなる。
10:10

5R

尚弥の右ストレートがクリーンヒット。
10:9で井上

6R

井上尚弥のパンチが確実にマロニーをとらえている。
左フックカウンターでマロニーダウン。
10:8で井上

7R

右ストレートのカウンター一閃で、井上尚弥の7ラウンドKO勝利。

井上尚弥vsマロニーのパンチ数値比較

強打ヒット率、1ラウンドあたりのジャブ回数とも井上尚弥が圧倒していることが分かります。

4Rのジャブだけ、マロニーが上回ったんだね。この時井上尚弥選手は足をつっていたのかな。7R前にけっこう足を叩いていたけど

引用:http://beta.compuboxdata.com/

井上尚弥vsマロニー試合後のコメント

フィニシュのパンチは納得行くもので、カウンターの2つのパンチはガードが堅く、テクニックもあるマロニー選手に対応するため
練習を重ねてきた成果が出た。試合中の場面ごとの判断力をドネア戦で学ぶことができ、パワーアップできたと思う。
今後はドネア、カシメロ選手と機会があれば対戦したい。

準備万端だったんだ!隙がない!
マロニー選手は病院直行らしい...。だからコメントは出てないです。ちょっと心配。

翌日のモロニーのコメント。インスタでされました。

この投稿をInstagramで見る

Dared to be great, this time I fell short. I’m extremely disappointed but I’ll dust myself off and I will be back stronger and better than ever. And I will become World Champion. Thank you to my team Tony Tolj, Angelo Hyder, Don Majeski and Top Rank for giving me the opportunity. Thanks again to Angelo, Tony, Andrew and Tony Nobbs for all their help not only during this preparation but in all the years of hard work which got us here. To Jorja, thank you for supporting me every step of the way and for all the sacrifices you make for me to follow my dreams. I love you and Isla and miss you both so much. Thank you to my sponsors for your incredible support and for believing in me and allowing my to do what I love. Major Sponsor: FOREST ONE. Gold Sponsor: PPTUE- Plumbing and Pipes Trades Employees Union. Silver Sponsors: Wingman Beer, McGrath Estate Agents & Pain Away Australia. Bronze Sponsors: Bell Partners & True Health Solutions. Lastly, Thank you to all my family, friends and everyone for all of your incredible support. Sorry that I haven’t been able to get back to your messages but I appreciate you all! 2021 will be my year 🏆 #TeamMoloney 📸 @4mikeywilliams

Jason Moloney(@jasonmoloney)がシェアした投稿 -

<要約>
「偉大な選手になるために挑戦したが、今回は及ばなかった。とても失望しているが、再び立ち上がり、今まで以上に強く、いい選手になって帰って来るよ。そして、俺は世界チャンピオンになる」
「最後に、家族や友達、信じられないような支援をくれたみんなに感謝しています。返事ができなくてごめん。でも感謝してるよ」

井上尚弥vsマロニーの海外の反応


井上がハロウィンのおやつを提供、モンスターはモロニーをスライスした。


モロニーは頑張っていました。彼は確かにビッグショットを放っていたが、井上のヒットが強すぎて、あんな場にそう長くいられない。


モロニーは最初の2ラウンドは負けていた。ある瞬間には彼の大きさが問題のように見えたが、3ラウンド目に井上がクリンチをしのいで戦うことができるのを見て、その時点でモロニーにはもう何も残っていないことがわかった。

出典:twitter

まとめ

大方の予想通り、井上尚弥が7回KO勝ちというファンにとっては、たまらない試合運びで、マロニーを危なげなく仕留めました。

そのために、抜かりのない準備と、ネドア戦など1戦1戦を通して学び、成長していってる賜物だと思えます。

パワーアップした井上尚弥が、ドネアやカシメロとどのような素晴らしい戦いぶりを見せてくれるのか期待したいところです。

4団体統一を目指しているんだと思うけど、試合組むのがねえ...。

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2022 All Rights Reserved.