ボクシング

ジャーメル・チャーロ(弟)の戦績と強さ!4団体統一なるか?

注目マッチが続々行われて、どれも見逃せない世界のプロボクシング。今回は、まだちょっと先ではありますが、7月に予定されている「主要4団体王座統一戦」を取り上げてみましょう。

それは世界スーパーウェルター級王座統一戦「WBC.WBA.IBF王者ジャーメル・チャーロ vs WBO王者ブライアン・カスターノジャーメル・チャーロ選手の戦績や強さとは?どちらが4団体を統一しそうなのか、探ってみました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

アメリカの代表的王者チャーロ弟とアルゼンチンのカスターノとのビッグマッチだな!

ジャーメル・チャーロの戦績

現在スーパウェルター級で3団体の王者を占めているジャーメル・チャーロ選手。まずはその戦績から一覧で見てみましょう。

 日付結果記録相手タイプラウンド、時間ノート
362022-05-14勝利35-1-1ブライアン・カスタニョKO10(12)、2:22WBA(スーパー)、WBC、IBF、及びWBOライトミドル級タイトル
362021-07-17引き分け34-1-1ブライアン・カスタニョドロー(12)1-1WBA(スーパー)、WBC、IBF、及びWBOライトミドル級タイトル
352020-09-26勝利34–1ジェイソン・ロサリオKO8(12)、0:21WBCライトミドル級タイトル防衛ikusa
ウォンWBA(スーパー)、IBF、空きザ・リングライトミドル級タイトル
342019-12-21勝利33–1トニー・ハリソンTKO11(12)、2:28WBCライトミドル級タイトルを獲得
332019-06-23勝利32–1ホルヘコタKO3(12)、2:14
322018-12-22敗北31–1トニー・ハリソンUD12WBCライトミドル級タイトルタイトルマッチ
312018-06-09 勝利31–0オースティントラウトMD12WBCライトミドル級タイトル防衛戦
302017-10-14勝利30–0エリクソン・ルービンKO1(12)、2:41WBCライトミドル級タイトル防衛戦
292017-04-22 勝利29–0チャールズハトリーKO6(12)、0:32WBCライトミドル級タイトル防衛戦
282016-05-21勝利28–0ジョンジャクソンTKO8(12)、0:51WBCライトミドル級タイトルを獲得
272015-10-31勝利27–0ジョアシャンアルシンTKO6(10)、1:21
262015-03-28勝利26–0ベーンズ・マルティロシアンUD10
252014-12-13 勝利25–0ミゲルアルベルトロザノUD10
242014-05-24勝利24–0チャーリー・オタUD12
232014-01-25勝利23–0ガブリエルロサドUD10
222013-10-14 勝利22–0ホセエンジェルロドリゲスTKO10(10)、1:41
212013-06-08勝利21–0デミートリアスホプキンスUD12ウォンIBF - USBAライトミドル級タイトル
202013-01-26勝利20–0ハリージョーヨージーKO8(10)、1:09WBCコンチネンタルアメリカズライトミドル級タイトルを獲得
192012-11-24勝利19–0ダション・ジョンソンUD10
182012-06-23勝利18–0デニス・ダグリンKO5(10)、1:12
172012-03-24 勝利17–0クリスチャットマンTKO3(10)、1:22
162011-10-07勝利16–0フランシスコサンタナUD8
152011-06-17勝利15–0ラリー・スミスUD6
142010-11-12勝利14–0ルイス・グラヘダUD8
132010-08-06勝利13–0クイントンウィテカーTKO2(8)、2:44
122010-06-18 勝利12–0アダン・ムリーリョTKO1(6)、1:03
112010-03-27勝利11–0ジェラルドセザールプリエトUD8
102009-12-12勝利10–0アブドン・ロザノKO2(6)、2:11
92009-08-22勝利9–0Vito GasparyanUD6
82009-06-26 勝利8–0フェデリコフローレスジュニアTKO8(8)、0:42
72009-04-04 勝利7–0カルロスガルシアUD6
62009-02-28勝利6–0フアンセラーノUD4
52008-10-10 勝利5–0デオンナッシュUD6
42008-09-06 勝利4–0ロドリゴビジャレアルTKO4(4)、0:15
32008-06-13勝利3–0ドウェイン・ジョーンズTKO1(4)、2:36
22008-04-19勝利2–0イエス・ビジャレアルTKO3(4)、1:30
12007-12-08 勝利1–0Corey SommervilleUD4

ジャーメル・チャーロのプロフィール

まだ1度しか負けていない戦績のジャーメル・チャーロ選手。彼は大変珍しい双子の世界王者でもあります。兄のジャーモル・チャーロ選手は世界2階級制覇王者で、現WBCミドル級の王者です。ではそのプロフィールを見てみましょう。

本名ジャーメル・デアバンテ・チャー双子の弟
兄はジャモール・チャーロ
通称Iron Man
(アイアンマン)
出身テキサス州リッチモンド
国籍アメリカ合衆国
誕生日・年齢1990年5月19日生まれ
身長180cm
リーチ185cm
アマ戦績56勝8敗(米wiki記録)
4戦2勝2敗(0KO)(boxing recの記録)
プロ戦績37戦35勝(19KO)1敗1分トニー・ハリソンに判定負けしている
(後でリベンジ成功)
デビュー2007年12月8日
経験階級スーパーウェルター級
利き手
タイプオーソドックス
KO率54.2%
入場曲
その他・ジャーモールより1分若い
・高校で2人はボクシングを始める
・15歳で2005年ジュニアオリンピック銅メダル
兄弟選手や王者はボクシング界では世界に結構多いのだけど、双子で同時期に王者っていうのは珍しいわよねw

ジャーメル・チャーロの強さ

「世界初双子の同時王者」としてもボクシング界で有名なチャーロ兄弟。その弟のジャーメル・チャーロ王者ですが、ファイトスタイルは双子ながら兄とは結構違うようです。

まずチャーロ弟の特徴は破格のフィジカル。身長180cm、リーチ185cmはヘビー級並みのフレームです。その強靭な肉体から放たれるワンツーは強力で、ジャブを多用する剛腕の「技巧派アウトボクサー」

〝チャーロ兄〟ことジャーモル選手もパワフルで攻撃的ですが、弟ジャーメル選手はどちらかというとカウンターパンチャー。相手の入り際に強烈なパンチを見舞い、これまで印象的なKO勝ちを何度も成し遂げてきました。

弱点は防御の粗さと、手数がいまひとつ少ないこととされます。前に出る接近戦が持ち味のカスターノ選手に対して、どんなゲームプランで臨むのか注目されます。

ジャーメル・チャーロが負けた試合

戦績34勝(18KO)1敗ジャーメル・チャーロ選手。そのプロで喫した唯一の敗戦とは、どんな試合だったのでしょうか。

この1敗は18年12月のトニー・ハリソン選手との戦い。WBC王者として4度目の防衛戦でしたが、大変僅差の攻防となります。

ハリソン選手は正確なジャブを重ね、チャーロ選手は強烈なパンチをたびたびヒット。素人目には甲乙付けがたい内容だったものの、ジャッジは0-3でハリソン選手に軍配を上げ、チャーロ選手は王座から陥落しました。

ただWBCは即時再戦を指令、19年に再戦して、今度は上々の内容の11回TKO勝ちで王座に返り咲いたな!

ジャーメル・チャーロのP4P

中量級では代表的チャンピオンであるジャーメル・チャーロ王者の最新P4Pを以下にまとめてみました。

■ザ・リング

・スーパウェルター級 … リング王者

■ESPN

・スーパウェルター級 … 1位

■WBN

・TOP50 BOXERS … 25位

兄のジャーモルさんはWBN28位。ほぼ同じ位の強さってことかしら。二人が闘うとどっちが強いのか気になる!

ジャーメル・チャーロの主な試合(公式動画)

↓チャーロvsハリソン1。判定発表にハリソン狂喜、「ウソ!負け?」と呆然のジャーメル

↓チャーロvsハリソン2。ジャーメルが見事リベンジしコメントにも余裕が

ジャーメル・チャーロの海外の反応・評価

みんなの反応

私はチャーロ兄弟のエネルギーが大好きです。いつもお互いのためにベストを尽くして、切っても切れない二人

ネットの感想

チャーロ弟は全てを出し切った。打たれ強くないけど、タフな相手に押し続けてKOできた。素晴らしい戦いだ

みんなの反応

「俺は負けるのが好きじゃない。だからTVゲームはしないんだ」byチャーロ(笑)

ネットの感想

レフェリー「君、大丈夫か?」ハリソン「ああ、いい気分だよ」……このやり取り笑える

みんなの反応

チャーロはハードでテクニカルなコンビネーションがいい。ワールドクラスのパワーを感じる!

出典:YouTube

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 7月にSウェルター級初の4団体統一戦「チャーロ弟vsカスターノ」
  • 世界初双子の同時王者・チャーロ兄弟。弟は強打持ち味の技巧派
  • 接近戦で相手を削るカスターノにチャーロのカウンターが炸裂するか

世界的にもレアな4団体統一戦。「チャーロ弟vsカスターノ」戦はSウェルター級では史上初めて実現する頂上決戦でもあります。

比較的珍しいアルゼンチン出身王者のカスターノ選手は戦績17勝(12KO)1分け、いまだ無敗ではありますが、一撃で倒す強打者というよりも相手を削って根負けさせるタイプ。ハードパンチャーのチャーロ弟とどんな展開になるのか、楽しみです。

関連

この記事を見ている人は以下の記事も見ています

TKOとは意味は(ボクシング)?不可解判定や印象的な試合3選

-ボクシング

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.