ボクシング

チャーロ弟vsロサリオの予想!もっと注目されていい統一戦「コロナ禍以降で最大の試合感!」

コロナ禍で試合ができない期間が長かった今年のボクシング界。ようやく再開されたボクシングマッチで、大注目の「9月26日」が徐々に近づいてきました。メインイベントの一つが「ジャーメル・チャーロ(チャーロ弟)vsジェイソン・ロサリオ」世界スーパウェルター級三団体王座統一戦です。

日本からも見逃せないビッグタイトルマッチの「チャーロ弟vsロサリオ」戦。勝敗の予想や両選手の強さまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

9月26日は双子のチャーロ兄弟同時タイトル戦!兄弟ともに相手はかなり強敵だな

チャーロ弟vsロサリオの予想・日程

「チャーロ弟」ことジャーメル選手は米テキサス州出身の30歳。オーソドックスタイプで戦績は34戦33勝(17KO)1敗です。王座を戴冠したのは16年。メイウェザーJr氏の引退により空位となったWBCスーパウェルター級王座決定戦を、ジャクソン選手と戦い8RKO勝利でものにしました。

このときは兄もIBFスーパウェルター級王者。「双子が同階級で同時王者」というボクシング史上初の快挙だったのよね!

その後ハットリー、ルビン、トラウト各選手の挑戦を退け3度防衛を重ねますが、18年にハリソン選手に判定負けしプロ初黒星で王座から陥落。しかし昨年12月、ハリソン選手との再戦では逆に11RTKO勝ちで王座に返り咲きました。今年はコロナ禍でしばらく試合が空きましたが、いきなりの「王座統一戦」というビッグマッチを迎えます。

では見逃せない「チャーロ弟vsロサリオ」戦の日程をあらためて確認しておきましょう。

■WBCスーパウェルター級王者チャーロ弟 vs WBAスーパー・IBFスーパウェルター級王者ロサリオ

・米コネティカット州で現地時間9月26日(土)、東部標準時間の19:00~

チャーロ弟は好戦的な兄とはタイプが異なり、カウンター狙いのアウトボクシングが得意な技巧派。ハンドスピードやパンチの切れ味には定評があるな

ではメディアやオッズでのこの試合の予想は現時点でどうなっているでしょうか。次項で見てみましょう。

ロサリオの強さとは?

まずは二団体統一王者のロサリオ選手の戦績から振り返りましょう。ロサリオ選手はドミニカ共和国出身、25歳の若き実力者。デビューから12戦をずっと母国のリングで戦ってきた後、17年に初めて米国に上陸。ラスベガスでギルモア選手と対戦しますが、いきなり6RTKO負けを喫します。

しかしその後は勝ちを重ねて再起し、コロナ禍前の今年1月、WBAスーパー・IBF統一王者のウィリアムズ選手に挑み、見事5Rにぐらつかせると一気に攻勢。TKO勝ちを収め2冠を一挙に手にした「シンデレラボーイ」でもあります。戦績は22戦20勝(14KO)1敗1分けです。

↓ロサリオvsウィリアムズ戦

ロサリオ選手はオーソドックスの構えから、長いリーチを生かしてじりじり間合いを詰めてくる攻防分離型。長いワンツーとフックを返してくるタイプで、前戦では積極的な攻めを見せました。

一方のチャーロ弟は、ロングレンジから鋭いジャブを放ちながら、相手の入り際に合わせた強いアッパーや右ショートで鮮烈なKOを重ねてきました。どちらも中距離を得意としているため、試合はジャブの打ち合いで互いがチャンスをうかがう展開も予想されます。

2王者とも防御にはやや難があるともいわれますが、フィジカルの強さではもっぱらチャーロ弟が上との見方。強烈なカウンターが炸裂すれば、中盤あたりにチャーロ弟が「試合を終わらせる」可能性もありそうです。ちなみに海外大手ブックメーカー「William hill」の最新オッズでは、「チャーロ弟勝利1.25倍、ロサリオ勝利3.75倍」とチャーロ選手が優位に立っています。

リングニックネーム、チャーロ弟は「アイアンマン(鉄の男)」なんだけど、ロサリオ選手はなぜか「バナナ」。バナナ??…って果物のあれ?なぜ…

チャーロ弟vsロサリオのネットの予想・反応

みんなの反応

Sウェルターはこの2人にララ、エリクソン・ルビン、トニー・ハリソン、ジャレット・ハードと激戦区!

ネットの感想

てかジャレット・ハードは今何してるんだ?チャーロ弟VSハードがSウェルターの頂上決戦だと思ってたのに

みんなの反応

チャーロ兄弟はコロナ禍以降では一番大きな試合感あるので楽しみ。井上もはよ試合してけれ

ネットの感想

うーん、でも「3冠統一」って感じじゃないですよねぇ

みんなの反応

Sウェルター級は今主役不在、ストーリーのないまま熾烈なリーグ戦やってる感が強い

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 26日に米国でチャーロ弟vsロサリオのSウェルター級3団体王座統一戦
  • ともに一度敗戦から再起してきた王者同士。カウンター狙いの攻防か
  • オッズではチャーロ弟優位。激戦区のSウェルター級統一の第一歩に

迫力ある中量級の3団体統一戦。もっと大きく注目を浴びてもよい試合な気もしますが、何となく〝地味〟なのは、二人の王者がいずれも一度敗戦を経験した「再起組」だからでしょうか。

スーパウェルター級は現状で、チャーロ、ロサリオの2王者のほか、WBA正規王者のララ、WBOのテシェイラ両選手が王座に君臨。ただそれぞれ一長一短あり絶対的存在はいないといわれます。元王者のウィリアムズ、ハード、ハリソン選手らを含め「最強決定戦線」は混沌。まずは26日の試合がその一歩となりそうです。

記者会見で「俺と兄の実力が疑問視されているのは分かっているが、俺が獅子であることをお見せしよう」とチャーロ弟が言えば、ロサリオは「では俺はハンターになろう」と応戦。好ファイトを期待したいね!

-ボクシング

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.