格闘技

喜多村美紀キックボクサーの戦績・強さは?ぱんちゃん璃奈戦を予想

2022年1月22日に、KNOCK OUT女子アトム級チャンピオンのぱんちゃん璃奈(27)がミニマム級(47・5キロ)に階級アップし、2階級制覇を狙います。

対戦相手となる喜多村美紀キックボクサーの戦績・強さは?ぱんちゃん璃奈戦を予想します。
ぱんちゃん璃奈は、2019年2月プロデビューして以来、12勝0敗(2KO)でBLACK女子アトム級(46・0キロ)王座を保持していましたが、返上しての戦いとなります。

プロキャリア24戦を誇る喜多村美紀は、KNOCK OUTには今年2度参戦し、1勝1敗、2月にはミネルヴァ・ライトフライ級王者sasoriと引き分けた実力者です。

KOはあるのか?

喜多村美紀キックボクサーの戦績・強さ

喜多村美紀キックボクサーの戦績・強さを見ておきましょう。

喜多村美紀(テツジム)は、広島県福山市出身1986年6月27日生れの35歳。山口県立大学にキックボクシングサークルに入り、キックに出会い、23歳で岡山県のテツジムに入会し、29歳で、プロデビューしたという遅咲きです。
身長160cm体重 ~51.0kgでプロ戦績は24戦10勝10敗4分となっています。

戦績一覧

詳細な戦績を以下に掲示します(アクセスできた17戦)。

日付結果対戦相手対戦相手国籍詳細備考
2021年8月22日(土)ERIKO日本3R判定KNOCK OUT-EX 2021 vol.3
2021年6月12日(土)梅尾メイ日本3R判定KNOCK OUT-EX vol.2
2021年2月20日(土)sasori日本3R判定ミネルヴァライトフライ級タイトルマッチ
2020年11月15日(日)真美日本3R判定NKB交戦シリーズ 
2019年9月29日(日) sasori日本3R判定GARUDA FES Vol.3
2019年7月21日(日)MISAKI日本3R判定SHOOT BOXING Girls S-cup 2019
2019年5月19日(日) 真美日本3R判定NJKF「DUEL.18」
2018年12月16日(日)聖愛日本3R判定NJKF 2018 west 4th
2018年9月8日(土)小林愛三日本3R判定KNOCK OUT 2018 OSAKA 2nd
2018年7月16日(月)寺山日葵日本3R判定RISE 126
2018年4月29日(日)Ayaka日本3R判定闘魂シリーズ ヤングファイト Z-1 CarnivaI(NKB)
2018年2月17日(土)壽美日本3R判定闘魂シリーズ VOL.1(NKB)
2017年12月23日(土)エミNFC日本3R判定BORDER-KICKBOXING(INNOVATION)
2017年10月29日(日日本3R判定ガルーダフェスVol.2(NKB
2017年9月23日(土) 佐藤“魔王”応紀日本3R判定神風シリーズ VOL.4(NKB)
2017年8月27日(日)チャン・リー日本3R判定J-FIGHT&J-GIRLS 2017
2016年5月29日(日)小林愛三日本3R判定J-FIGHT&J-GIRLS 2016 2nd

特筆すべきは
2016年5月、プロキャリア6戦目で無敗のホープ“渋谷小町”小林愛三と対戦し判定ドローとしましたが、2018年9月8日、KNOCK OUT女王となった小林愛三と再戦し判定負けを喫しています。

2021年2月20日(土)には、ミネルヴァライトフライ級タイトルマッチで、 チャンピオンsasoriに善戦するも引き分けとなりました。
sasori vs 喜多村 美紀 / sasori vs Miki Kitamura 2021.2.20NKB日本キックボクシング連盟 必勝シリーズvol.1 ミネルヴァライトフライ級タイトルマッチ(公式)

強さ

飛びぬけて硬派な大阪のテツジムで鍛え上げられた強い心を持ちます。
小林愛三との再戦では、敗れたものの、相手の攻撃を恐れずに左右のパンチを振るって前に出る。多少の技術差は、ハートで押し潰す強さを見せました。
「心技体で私は心の部分が一番強い」と本人も語っています。
技術面では、キックの強さ技の多彩さフットワークの軽さに特長があります。

女子キックがメジャーでない時代から苦労してここまで来たんだ!

喜多村美紀vsぱんちゃん璃奈の日程と予想

喜多村美紀vsぱんちゃん璃奈戦は、初代KNOCK OUT-BLACK女子ミニマム級(47.5kg)王座決定戦として開催されます(KNOCK OUT 2021 vol.5)。

2022年1月22日(土)後楽園ホール 17:00 開場 18:00 開始
3分3R(延長1R)


パンチ力に磨きをかけてきたぱんちゃん璃奈は、MIREY戦でKO勝ち、その後ベテランパンチャーともやりあって打ち負けないなど、判定の多い女子キックで、特異な存在となりつつあります。

1階級上のミニマム級で、これまで、試合経験豊富で、フットワークも良い喜多村美紀に対し、ぱんちゃん璃奈が、12連勝して来た勢いや磨きをかけたパンチでどこまで追い込めるかが勝敗の鍵を握ります。

1階級上げるとかなりの負荷では?

喜多村美紀vsぱんちゃん璃奈みんなの反応まとめ

みんなの感想

ぱんちゃんと喜多村美紀
ぱんちゃんの方がキレがある気がするな

ネットの反応

女子キックは全体的にKO少ないから見る前の期待感が薄いよなあ…
日本の女子格闘技全体に言えるけどぱんちゃん選手みたいにバチバチに身体仕上げる選手も少ない印象。

みんなの感想

(ぱんちゃんは)当初リーチを活かした前蹴り主体から、KOで倒したいとパンチ技術を上げる練習をしてMIREY戦でKO勝ち、その後古株パンチャーともやりあって打ち負けないところを見せてくれてます。
ストイックに偏見と戦い続けて本物になりつつある。新しい試合の度に期待か高まる。

ネットの反応

(ぱんちゃんの)ワクチンの金属問題の時は心配しましたが乗り越えられて安心しました。流石です

みんなの感想

(sasoriと引き分けた試合で)技の多彩さでいうと喜多村選手ですかね!
凄く二人とも素敵な試合だと思います!

出典:ヤフコメ、Youtube

ぱんちゃんはSNS発信などで話題作りが上手いね!

まとめ

要約すると...

  • 喜多村美紀の戦績詳細と強さについてまとめた
  • 経験豊富で技が多彩な喜多村美紀と1階級上げてパンチ力を磨いているぱんちゃん璃奈との戦いを予想した
  • ぱんちゃん璃奈の鍛え上げた筋力でのKOに期待する声が多い
来年は面白い試合が大勢の観客の中で見れるといいな!

-格闘技

Copyright© テニスマニア1 , 2022 All Rights Reserved.