ボクシング

亀田興毅vs那須川天心どっちが勝った?動画が限定公開!ボクシングで花咲く?

6月に行われた格闘技史上屈指の名勝負「武尊vs那須川天心」。この試合で歴史的な勝利を収め〝神童〟那須川選手はキックボクシングを引退、ボクシングの道へ転進します。

正味8年間のキック時代を無敗で終え、文字通り最強だった那須川天心選手は、少年時代からボクシングセンスの凄さも高く評価されてきました。

それが証明された一端が、19年に行われた「亀田興毅vs那須川天心」のボクシング企画。このマッチどっちが勝った?ABEMAプレミアムで限定公開中の「亀田vs天心」動画から、「ボクサー天心」の才能をあらためて紐解いてみました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

6月のメガマッチ以降音無しの天心。ボクシングデビューはいつになるのかなぁ

\ 今すぐAbemaに登録してライブ視聴する! /
見逃した番組や人気作品が見放題【ABEMA】

亀田興毅vs那須川天心どっちが勝った?

19年6月、AbemaTV(現ABEMA)の特別企画『1000万円シリーズスペシャルマッチ』として、キック界最強の那須川天心選手と、元ボクシング世界三階級制覇王者の亀田興毅氏が「ボクシングで戦ったらどっちが強い?」とリングで拳を交えました。

試合は「3分3回・58.5kg契約、12オンスグローブ、ヘッドギア着用のボクシングルール」という条件。判定はなく、「亀田氏が那須川選手をKOすれば1000万円獲得」という内容のエキシビションでした。

それではこの1戦どっちが勝ったのか。結論的に言うと、亀田氏は最後まで天心選手をKOできず1000万円獲得はなりませんでした

3R終わっても判定はないから、KO以外では勝ち負けはつかなかったのね

では簡単に試合経過を振り返ってみましょう。同じサウスポーの二人。1R目は互いに様子をうかがいながらも、天心選手が得意の鋭いジャブで先制攻撃。1R中盤には天心選手のアッパー、フックで亀田氏がぐらつく場面も。

2R目は天心選手がさらにギアを上げ、完全に距離を把握したのかカウンター、ボディを織り交ぜた攻撃で亀田氏を追い詰めます。

そして3Rは二人共ヘッドギアを外しての「本気モード」に突入!一挙に会場のざわめきも最高潮に!

最終3Rのゴングが鳴ると、亀田氏は意を決したように天心選手の攻撃をものともせず前進。激しく二人のパンチが交錯し、そしてついに……。

続く感動&手に汗握るクライマックスの模様は、ぜひABEMAプレミアムの完全試合動画でお楽しみください!!

\ Abemaに登録してライブ視聴する! / 250×250
 abema4つのポイント
  • 初登録14日間無料、その後月額960円(税込み)
  • MLB 主に日本人選手試合・カタールW杯全64試合放送!・「倒したら1000万円企画」「極楽とんぼ加藤が愛人懇願迫真演技の神回」
  • さらに恋愛リアリティーショーが超充実『オオカミくんには騙されない』
  • a●女優も招いた他では出来ないバラエティ・お笑いABCグランプリ・【THE MATCH』の見逃し配信も人気

亀田興毅vs那須川天心Abemaで限定公開!いつまで?

ABEMA1000万円特別企画「亀田興毅vs那須川天心」。「どっちが勝った?どんな試合だった?」かはぜひ、今だけ期間限定のABEMAプレミアム動画でご覧頂きたいと思います。

ちなみにこの試合の限定公開の期間は、ABEMAによると「8月3日まで」の約1か月だそうです。

ところでABEMAによりますと、今回の限定公開は「亀田vs天心」戦だけではありません。今回「ABEMA大人気企画 1000万円シリーズ 禁断バトルが期間限定復活と題し、ABEMAの代名詞ともいえる話題の「1000万円シリーズ」全5戦を、今後特別編集版で毎週月曜日に順次配信するそうです!

では、あらためて過去の「1000万円企画」とはどんな内容だったのかおさらいしておきましょう。

◆「亀田興毅に勝ったら1000万円」

17年、ABEMA開設1周年記念企画として、元プロボクサー亀田興毅氏に素人がボクシングで勝てば賞金1000万円を贈呈する、という異色の格闘技番組が配信されました。これが記念すべき第一弾です。

挑戦者の中にはアウトサイダー経験者もいたけど、結果は亀田さんが4連勝。しかも3戦はKO勝利だったわね

◆「朝青龍を押し出したら1000万円」

同じ17年の大晦日、シリーズ第二弾として制作されたのがこの特番。引退した第68代横綱朝青龍氏に素人腕自慢らが挑み、土俵から押し出したら1000万円もらえる内容。結果は朝青龍氏が8連勝し1000万円を死守しました。

VIPチャレンジャーにボブ・サップや琴光喜も登場したよね

◆「亀田大毅に勝ったらお年玉1000万円」

18年配信のシリーズ第三弾。亀田三兄弟の元世界王者・亀田大毅氏が登場し、兄と同様にボクシングで負けたら「お年玉1000万円」を獲得できる企画。視聴者投票で選ばれた全国の腕自慢5人の挑戦を退け、大毅氏が見事1000万円を守りました。

◆「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」

19年、ABEMA3周年記念企画としてシリーズ第四弾を制作。過去3作と違い現役最強格闘家の那須川天心選手が主役とあって、賛否が湧き起こり大きな話題となりました。

https://twitter.com/ABEMA/status/1546147665645535232

◆「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」

21年配信のシリーズ第五弾。人気実力総合格闘家・朝倉未来選手と、選ばれた腕自慢たちがストリートファイトで連続対決する内容。結果は未来選手の圧勝でしたが、路上風のセットや私服で戦う様子などが〝リアルかつ斬新〟とネットが沸騰しました。

今話題の「ブレイキングダウン」につながる、未来選手の「ガチンコ喧嘩企画」の走りでもあったわね

\ 今すぐAbemaに登録してライブ視聴する! /
見逃した番組や人気作品が見放題【ABEMA】

亀田興毅vs那須川天心、識者の見解は?

さてABEMAプレミアムの期間限定配信企画、その第一回の「亀田興毅vs那須川天心」ボクシングマッチについて、プロボクサーや業界の識者はどう見たのか、もう一度振り返ってみましょう。

・亀田興毅氏
「(天心君は)度胸もあるし目もいいし勘もいい、スピードもある。ボクシングの能力がすごく高い

・木村悠氏(元WBC世界ライトフライ級王者)
「あくまで今回の試合は本番のルールとは違うが、天心のポテンシャルの高さを感じさせた

・薬師寺保栄氏(元WBC世界バンタム級王者)
→当初試合を解説する予定だったものの、JBCからライセンスルールに抵触するとの指摘を受け出演を辞退。

・花形進氏(試合当時の日本プロボクシング協会会長)
正直いい感情は持っていない。私たちはボクシングを始める若い人を増やしたいと考えているが、こういう企画がボクシング人口を増やすことにつながるとは思わない

このように格闘技やボクシング界には賛否も渦巻いたようですが、少なくとも今年中にもデビューが期待される那須川選手のボクサーとしての資質が非常に高いことだけは、明らかになったといえそうですね。

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • ABEMAプレミアムで今「亀田興毅vs那須川天心」戦を期間限定フル配信中
  • 「亀田が天心をKOしたら1000万円」のエキシ。結果は「天心KOならず」!
  • このほか順次、朝青龍・朝倉未来らの「伝説1000万円シリーズ」を放送

\ 今すぐAbemaに登録してライブ視聴する! /
見逃した番組や人気作品が見放題【ABEMA】

-ボクシング

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.