※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

MLB メジャーリーグ

24年MLB!大谷・山本のLAドジャースはチャンピオンリング獲得できる?戦力予想=「やっぱり銀河系」

いよいよ2024年の幕開けです。野球のメジャーリーグでは新シーズン、お馴染みの大谷、ダル、吉田正、鈴木誠、マエケン、菊池、千賀選手らに加え、新たに山本由伸、松井裕樹投手が移籍。さらに今永投手らも続きそうです。

日本のファンとしては楽しみ倍増ですが、さて「大谷&山本」のビッグ2補強に成功したロサンゼルス・ドジャースは、期待通りワールドシリーズを制覇してチャンピオンリングをゲットできるのか?24年シーズンの戦力を探ってみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

ダルが「大谷君も山本君もパドレスに日本人で集結してドジャースを倒したかったのに…すごく悲しい」と思わず「本音」。最大のライバルチームだもんなぁ

 

◆格闘技◆
2024年6月16日 (現地6/15)
平良 達郎  対  アレックス・ペレス戦
UFC  開催場所:
米国ラスベガス

新クイーンカジノなら
スポーツベットはもちろん、ライブカジノや、
パチンコ実機パチスロ実機も楽しめる。

\場所や時間を選ばず楽しめる/

(新)クイーンカジノに登録する

パチンコ一覧:CR牙狼FINAL・CR真・花の慶次・CRキャプテン翼・CRルパン三世・CR真・北斗の拳
パチスロ一覧:
初代北斗の拳・アナザーゴッドハーデス・押忍!番長・ミリオンゴッド神々の凱旋・初代吉宗

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジ"さんの(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

ドジャースは世界チャンピオンになれる?

北米各地に全30球団。規模も歴史もスケールが大きいメジャーリーグにあって、中でも人気・実力・伝統を兼ね備えたチームが「東のニューヨーク・ヤンキースと西のLAドジャース」だといわれます。

ナリーグのドジャースは1883年の創設で、これまでワールドシリーズ優勝7回、リーグ優勝24回、地区優勝21回を誇る超名門。毎年確実にポストシーズンに進出する文字通りの強豪球団です。

今の日米球界でNo1プレイヤーと称される大谷&山本コンビが同時加入したことで、ドジャースの実力はさらにアップが確実。二人が熱望する、20年シーズン以来の世界一の「チャンピオンリング」を獲得できるのか、戦力を探ってみました。

世界一オッズは「大谷加入」→「山本加入」でどんどん倍率が下がってる(確率上昇)みたいね!

打撃陣予想

ドジャースの野手陣は元々スターぞろいですが、大谷翔平選手が加入したことでまさにオールスター級の「銀河系打線」になりそうです。

23年シーズンのチーム得点906、249本塁打はともにメジャー2位。なんと言っても不動・恐怖の1番ムーキー・ベッツ(23年は打率.307、39本塁打、107打点)、2番フレディ・フリーマン(打率.331、29本塁打、102打点)の両MVP男が並ぶ打順は最強です。

DH専念となる「もう一人のMVP男」大谷選手(打率.304、44本塁打、95打点)が果たして2番に入るのか、3番なのか。いずれにしても「1回からMVP3人が登場」という超弩級打線となります。

さらに4番を打つのが36本塁打、105打点のマックス・マンシー選手。となると、トラウト選手が負傷欠場で「独りぼっち」となり、申告敬遠ばかりだったエンゼルス時代とは変わり、大谷選手が勝負される場面が増えるため「50本で両リーグ本塁打王」「三冠王」にも期待が高まります。

ドジャースタジアムが全30球団で2番目にHRが出やすい球場ってことも追い風よねー!

投手陣予想

スーパー破壊力の驚愕打線にくらべ、ドジャース投手陣は「やや層が薄い」「勝利は打線頼み」とも指摘されていましたが、そこはさすがの人気お金持ち球団。一気にエース級投手の補強に成功しました。

ドジャースはLAという土地柄もあって昔から人種の壁を超え黒人や外国人獲得に熱心。あと投資会社が経営してるから総年俸もMLB1位と資金力もすごいのだ

オリックスで3年連続で最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率の4冠という日本No1の山本由伸投手のほか、23年レイズで10勝を挙げたタイラー・グラスノー投手が加入。

これによりローテーションは21年に16勝を挙げたウォーカー・ビューラー投手の3人が支柱となります。25年にはここに大谷投手も加わり一層厚みが増します。

200勝、サイヤング賞3度の大エース、クレイトン・カーショー投手はFAで左肩を手術。復帰は24年夏以降とみられ、欲を言えば、23年にデビューしていきなり11勝を挙げた24歳のボビー・ミラー投手のような、若手左腕の台頭が望まれます。

救援陣では、パドレスからFAの通算165セーブの左腕ヘイダー投手に触手を伸ばしているという情報も。23年は右腕のフィリップス投手が24セーブを挙げましたが、最優秀救援投手賞を3度受賞した名クローザーのヘイダー投手が加入すれば盤石です。

ネットの声・見方

地区優勝は間違いないだろうが、WSはここぞの役者がいなければ勝ち抜けない。大谷、山本はそんな役者を期待されている
ベッツやフリーマンを取ったのは24年のためだったのでは?と勘繰りたくなる。これで駒が揃ってきたのでこれからが勝負だ
ドジャーズは破滅と背中合わせの中で巨額補強をしている。まさに背水の陣。もちろんそれを促進させた大谷も、背水の陣で戦うことになる
ドリームチームに近い球団が、これから10年前後どんなパフォーマンスを見せてくれるか、まずは見守ってみようじゃないか

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/67fb4ca2bb83b33083a13ef481c108c1e5c49a7b/comments

まとめ

要約しますと

  • 大谷&山本W大補強で銀河系軍団化のドジャース。24年にチャンピオンリング獲得は可能?
  • 打線は1~3番MVPトリオ、4番マンシーの超弩級破壊力。敬遠なくなり大谷三冠王に期待も
  • 投手も山本、グラスノーで一気に増強。救援も165セーブの名クローザー、ヘイダーに触手

-MLB, メジャーリーグ

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.