格闘技

サッタリの戦績!かなり強いけど対戦相手で期待される選手は?

今年6月行われたキックボクシングの一大スペシャル興行「ザ・マッチ」。日本格闘技史上有数の「世紀の一戦」といわれた「武尊vs那須川天心」が社会現象になりましたが、アンダーカードでも「この人物凄く強い!」とファンを驚かせたファイターが話題になりました。マハムード・サッタリ選手です。

全盛期のK-1を彷彿とさせるような豪快なパワーと圧巻の強さが印象的だったサッタリ選手。その戦績や経歴とは?強さの秘密を動画から探りながら、今後対戦が期待される相手も予想してみました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

朝倉海さんとのYouTubeコラボでも話題!すごく礼儀正しくて日本語も上手よね

サッタリの戦績

イラン出身の気鋭のキックボクサー、サッタリ選手。今年、K-1やザ・マッチで鮮烈な強さを見せ、一気に格闘技界の「強豪新星」として注目の的となりました。

日本のファンが「めっちゃ強い!」と目を見開きながらも、名前はまだ耳に馴染み薄いサッタリ選手。まずはそのプロフィールや戦績をご紹介していきましょう。

幼い頃見たK-1に憧れて来日。アマ時代、ムエタイやキックで100戦以上こなして王者にもなったエリートファイターなのだ

https://twitter.com/sattari_manager/status/1577223472580677632

プロフィール

マハムード・サッタリ選手のプロフィールは以下の通りです。

本名マハムード・サッタリ
通称
出身イラン
キャラジ
誕生日・年齢1991年2月22日生まれ
身長186m
リーチ210cm
プロ戦績20戦20勝0敗
12KO
デビュー2020年10月17日
階級ライトヘビー級
クルーザー級
利き手
バックバーンキックボクシング
ムエタイ
入場曲『Vicetone & Tony Igy』
Astronomia
SNSYoutube
Instagram
Twitter

戦績

マハムード・サッタリ選手のプロキックボクシング戦績は、20勝(12KO)でいまだ無敗です。一覧は以下の通りです。

日付勝敗対戦相手試合結果大会名
2022-06-19 勝利内田雄大1R 1:18 KO (左フック)THE MATCH 2022
2022-04-03 勝利谷川聖哉3R 0:17 KO (右ストレート)K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~K’FESTA.5~
【 K-1 WORLD GP 2022 K-1無差別級トーナメント決勝戦】
2022-04-03 勝利京太郎3R終了 判定 3-0K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~K’FESTA.5~
【 K-1 WORLD GP 2022 K-1無差別級トーナメント準決勝】
2022-04-03 勝利K-Jee1R 1:28 KO (左フック)K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~K’FESTA.5~
【 K-1 WORLD GP 2022 K-1無差別級トーナメント1回戦】
2021-12-18勝利ANIMAL☆KOJI1R 0:30 KO(左フック)Krush.132
【Krushクルーザー級タイトルマッチ】
2021-07-27 勝利谷川 聖哉1R 2:44 KO(右フック)Krush.127
【第2代Krushクルーザー級王座決定トーナメント 決勝】
2021-07-27勝利RUI1R 2:14 KO(右フック)Krush.127
【第2代Krushクルーザー級王座決定トーナメント 準決勝】
2021-03-21 勝利加藤久輝2R 0:26 TKO(膝とパンチ)K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~K’FESTA.4 DAY.1~
2020-11-28 勝利森謙太1R 1:43 TKO(3つのノックダウンルール)KODO - The MOVE
2020-10-17 勝利谷川 聖哉2R 2:44 TKO(右フック)Krush.118

強い!その秘密は?【動画あり】

いまだプロ戦績で無敗。Krush参戦からわずか4試合目でクルーザー級のタイトルを獲得、K-1でも参加ファイター中最軽量ながら、全3試合を圧勝する強さで無差別級トーナメントを制したサッタリ選手。

なぜこんなに強いのか、どこが強いのか。それについて、格闘技界のレジェンドや名ファイターが実際にサッタリ選手と手合わせし、実感した感想を語っていますので、その動画をご紹介しましょう。

↓キック練習で吹っ飛ぶ魔裟斗

K-1の「初代カリスマ」魔裟斗氏もサッタリ選手に惚れ込む一人。キックをガードで受ける練習を行ったところ、あまりのパワーに体が浮き上がり思わず苦笑い。練習後は腕も真っ赤になり「これまで色々な選手のを受けてきたが、彼はK-1でNo1」と感嘆していました。そして「(大柄なのに)速いしパワーがある」と実力も高評価でした。

↓同じく吹っ飛ぶ朝倉海

サッタリ選手とは大変仲良しの朝倉海選手も同じようにキック練習でよろめいていました。「これまともなら全肋骨逝く」「速い速い」とキックのパワーとスピードに驚愕。攻守交代で自身も渾身のキックを見舞いましたが、逆にサッタリ選手は微動だにせず

サッタリ選手は「凄いよ、強い」と海選手を褒めましたが、海選手は「びくともしねえじゃん…」と目が点になっていました。

深々とおじぎして「いえいえNo1なんて、凄く嬉しいです」「まだ100%じゃない」と謙虚なサッタリさん、お茶目

6月のザ・マッチでは、あのピーター・アーツ氏に弟子入りしてオランダで勝利を重ね、初代HOOST CUP日本ヘビー級王座を戴冠した内田雄大選手と対戦。わずか1R、強烈な左フックで圧倒KO勝ちしました。

「暴君」といえばアーツの代名詞だったが、今やサッタリこそ「イランの暴君」!

対戦相手で期待される選手

並み居る日本の強豪たちが揃って「強い!」と絶賛するサッタリ選手。戦績の無敗もまだまだ伸びそうですが、今後は誰との対戦が期待されるのでしょうか。

体重80kg超のサッタリ選手はK-1ではクルーザー級ですが、問題は日本では同階級の強豪を見つけるのが難しいこと。どうしてもヘビー級を含めた無差別級で戦わざるを得ない格好です。

総合格闘技までジャンルを広げれば、RIZINで活躍するスダリオ剛、シビサイ頌真、関根“シュレック”秀樹選手らが思い浮かびますが、キックルールで対戦できるかどうか。K-1であれば石井慧選手との対戦もファンの関心を集めそうです。

さらにはアジア最大の団体ONEで、現在ライトヘビー級王者のクリークリャ選手(ウクライナ)など、海外の強豪を招いての「重量級王者対決」も見てみたい試合だといえます。K-1やRIZINなどでの今後のマッチングに期待したいですね。

サッタリさんの活躍で、1990~2000年代のあの「超弩級K-1」、再来してほしいな!

サッタリの評価まとめ

規格外ですね。精神的にも素晴らしい人ですし活躍に期待します
謙虚な姿勢に心から応援したい選手!
今のK-1に相手がいないのが残念
下の階級なのに1R勝ちって、要するに実力がマッチしてないってことだろ

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/e558dd036d8f43f60ce7f75c45a89d10c3d5b2f8/comments

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • キック界で物凄い強さの重量級新星・イランのマハムード・サッタリに注目
  • 戦績20戦12KOでいまだ無敗。最軽量ながらK-1無差別級トーナメント制する
  • キックで吹き飛んだ魔裟斗・朝倉海が強さ絶賛。日本では相手少ない難点も

関連

この記事を見ている人は以下の記事も見ています

クレベル・コイケの戦績と強さ!なぜ無冠なのか?

-格闘技

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.