女子テニス

#mambamentalityの意味は?これこそが大坂なおみ全米優勝の理由だった!

#mambamentalityの意味は?
大坂なおみが全米オープン2020で優勝出来たのは、課題だったメンタルが完全に安定したからだと思われます。

2018年前は特にメンタル面が指摘されていましたが、その改善に貢献したバジンコーチを解任後、成績が少し低迷。

新しいチームでどうなるかと思われたところですが、BLMを支持し、一部日本ではかなりバッシングされ
さらにウェスト&サザンオープンで、BLMに関連し辞退を表明、その後一転し出場したけれど、決勝を怪我で辞退し
日本人からは「もう応援しない」「ファンをやめた」という声がコメントに多く見られました。

その後の全米OPでもBLMの一環としてマスクに被害者のネームを入れたもので毎回登場し
賛否ありましたが、彼女の決意、固い意志は、この「成績」にあらわれたと言えるでしょう。

最後に、彼女が勝利した後のツイッターで「#mambamentality」に関するハッシュタグのことがあり、これで優勝出来たようなニュアンスの発言がありました。

#mambamentality とは意味は何なんでしょうか?

マンバ・メンタリティ?聞いたことないな

#mambamentalityとは意味は?

#mambamentalityは、「マンバメンタリティ」と読みます。以下の大坂選手のツイートの返信にたくさんあります。

上記ユニフォームは、故コービーブライアントへの思いを表明したものと言えるでしょう。

mambamentalityは、2019年3月17日発売されたコービーの著書の題名となります。

マンバは、毒ヘビのことで、コービーの愛称が素早い動きで一噛必殺の殺傷力をもつ「ブラック・マンバ(毒ヘビ)」だったことから来ています。

つまり直訳すると、「毒ヘビのメンタル」ですが、いわゆる「コービーのメンタル」
そして日本語訳として使われている意味が

強い意志と猛烈な集中力

であります。

著書の中で以下の文言があります。

「マンバメンタリティとは、答えを見つけ出すための終わりなき冒険。
もっと上達したい、もっと知りたいという無限の好奇心。
マンバメンタリティとは、結末にこだわらずに、とにかく進み、戦うこと。
人から何と言われるか、誰かに失望されるのではないか、そんなことは一切気にせず、その瞬間だけに神経を注ぐ。
それが真のマンバメンタリティだ」

まさに今回の大坂なおみだ。
誰かに失望されるのではないか、
大坂選手は、BLMを強く主張する時、ためらいがあったはずだけど
覚悟を持って、マンバメンタリティを発揮したんだ。

コービーの強さの秘密は、才能だけではありません。
強い意志で誰より練習を積んだことです。

朝4時には起き1日に4セッションのトレーニングをしていたことは有名な話で
すべてをバスケットにささげた精神を尊敬する人が多くいます。

大坂なおみのマンバメンタリティに関するネットの反応

まとめ

以上をまとめますと

ココがポイント

  • #mambamentalityの意味は、コービーブライアントの愛称「マンバ」=毒蛇が由来で、強い意志と猛烈な集中力を意味する
  • #mambamentality の精神の中には「誰に批判・失望されても」「一切気にせずに」「常に前に進む」「この瞬間だけに全神経を集中する」と、まさに今回の大坂なおみを想起させるもの
  • 大坂なおみは今回の全米2020で毎試合後にコービーのユニフォームを着ていた

つい数年前は、ブーイングで泣いてしまうような少女だった大坂なおみ選手が、
今は、自分の主張を通し、SNSで批判の嵐にあおうが、そのメンタルが折れることはなく
まさにマンバメンタリティで、一切気にせずに「この瞬間だけに全神経を集中」し優勝を達成しました。

大人となり、歴史に名を刻む、たしかな女子テニスのトップ選手となった大坂なおみ選手の
今回の全米オープンの活躍から、非常に学ぶものがありました。

次は生涯グランドスラムを目指すという大坂選手の今後にも注目です。

-女子テニス

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.