箱根駅伝

明治大箱根駅伝の順位予想!戦力から徹底分析「富田、児玉らで『往路一桁』維持できるか鍵」

年明けの1月2、3日の両日、新春恒例「第99回東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝2023)が行われます。

出場校紹介シリーズ、今回は明治大を取り上げます。箱根駅伝2023の東京国際大の順位予想は?今チームのメンバー一覧と、戦力の徹底分析による順位予想、監督や注目選手の横顔もご紹介します。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

大晦日にRIZINを見た後は、お正月三が日のニューイヤー→箱根デス

明治大箱根駅伝メンバーの特徴

大学駅伝、いや学生長距離界最高峰の舞台といえる2023年の箱根駅伝。箱根路では伝統の古豪である明治大の駅伝メンバー一覧からまずは見ていきましょう。

メンバー一覧

選手名学年1万mベストハーフベスト出身高校備考
漆畑瑠人428.53.091.04.13鹿児島城西
小沢大輝428.20.671.02.22静岡・韮山主将
加藤大誠428.56.811.02.47鹿児島実業
櫛田佳希428.19.771.02.59福島・学法石川
下條乃將428.47.861.04.09東京実業
富田峻平428.35.411.02.10千葉・八千代松陰
杉彩文海328.39.581.03.16佐賀・鳥栖工業
斎藤拓海329.43.131.03.12千葉・市立船橋
児玉真輝328.22.271.02.43神奈川・鎌倉学園
尾崎健斗228.54.191.04.29静岡・浜松商業
新谷紘ノ介229.34.961.04.15広島・世羅
鈴木祐太229.23.461.05.23神奈川・鎌倉学園
吉川響129.01.27広島・世羅
堀颯介128.40.901.04.15宮城・仙台育英
室田安寿130.33.131.04.29宮崎日大
森下翔太130.03.721.08.06広島・世羅
明治大は早・慶・東京高師(現筑波大)とともに箱根駅伝の第一回大会から参加。駅伝競技は日本の大学でも最古の歴史があるのね

今年の特徴

前回の箱根駅伝では往路17位、復路3位で総合14位に沈んだ明治大。2年連続でシード権を逃しており、今大会は「シード権奪還」が最大の目標となります。

前回は予選会を1位で通過したにもかかわらず、本大会ではその力が出せず。今回も2位通過とシード圏内の実力は十分あります。今チームは上級生、下級生のバランスがよい構成でもあり、前回の反省を生かして「総合10位以内」死守に懸けます。

第一回から出場の老舗・明治だけに、記念すべき第100回大会(2024年)のシード権は絶対ほしいわよね

監督の特徴

明治大体育会競走部の監督は山本佑樹さんです。静岡県出身の45歳。常葉学園橘高から日本大学へ進みました。日大の2年、3年のときに箱根駅伝に出走。2年次には2区で6人抜きの快走をみせ、総合7位のシード獲得に貢献。3年次も2区で6位でした。

実業団では旭化成で活躍し、現役引退後コーチに。日大時代の師・西明治大監督に招かれて明治の長距離コーチとなり、西監督がGMに転身したことを受け、18年から競走部の監督に就任しました。

明治大駅伝部(正式名は体育会競走部)のSNS

明治大体育会競走部の公式SNSアカウントは以下の通りです。

・明治大体育会競走部インスタグラム

・なし

・明治大体育会競走部Twitter

・明治大体育会競走部公式YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/@user-pk5ro3rb7l

3大駅伝の直近の戦績

箱根総合順位箱根往路順位箱根復路順位出雲駅伝順位全日本順位
2022年14.017.03.09.0
2021年11.014.07.07.0
2020年6.05.04.03.0
箱根は過去7回制しているが、全日本は最高2位といまだ優勝なしだな

明治大箱根駅伝の注目選手

箱根駅伝のシード奪回が至上命題の明治大。箱根駅伝2023にエントリーしたメンバーのうち、注目選手を以下に順次ご紹介しましょう。

2023年

2023年箱根駅伝のエントリーメンバーから注目選手を以下挙げてみました。

富田峻平

チームエースの4年生。前回大会で7区区間2位と躍進し、今季は関東インカレ10000m5位、箱根予選会も日本人3位に入るなど、しっかりエースの役割を果たしています。

山本監督も「レースで積極的に自分から仕掛けることができるようになった」とメンタル面の成長を評価。明治大悲願のシード奪回は富田選手の双肩にかかっているともいえそうです。

児玉真輝

3年生ながら今年の箱根予選会では個人11位と力のある中心ランナー。神奈川県出身です。箱根駅伝は1年生から出走。21年大会ではいきなり1区を任され、22年は3区を走り、毎回往路の重要区間を担っているチームの中軸です。

「他校ライバルと互角のレースを」と自ら鼓舞するように、上級生となった今回は、流れを引き寄せる快走を見せたいところです。

新入生での注目選手

選手名5000mベスト出身高校備考
森下翔太13.56.12広島・世羅
堀颯介13.58.00宮城・仙台育英
高橋海童14.03.35宮城・仙台育英
井坂佳亮14.09.59茨城・水城
山本樹14.10.75千葉・専大松戸
吉川響14.10.88広島・世羅
古井康介14.22.72静岡・浜松日体
室田安寿14.33.10宮崎日大
窪田悠人14.37.22沼津東
尾ノ上一14.39.52鹿児島実業
奥野達大阪・清風

明治大箱根駅伝の順位予想

では最後に、箱根駅伝2023の明治大順位予想をお届けします。

メタランキングによる予想

当サイトでは、各大学の1万m平均タイムを参考にし、スポーツメディア各社の予想をポイント化する「メタランキング」にして箱根駅伝2023の順位をまとめ予想してみました。

明治大はメタ合計ポイントでは10点の総合9位予想。まさにシード権内ギリギリです。果たして本番ではどうなるでしょうか。

リンクはこちら。

箱根駅伝2023優勝予想メタランキング!具体的な数字で解説

筆者予想

明治大がシード権奪回を果たすには、とにかく往路で上位陣に食らいつくことが絶対条件でしょう。とりわけ1~3区の最重要区間でトップグループから離されず、ペースをつかむことが重要です。

最近の明治大は復路では比較的安定した成績を残しており、得意とするところ。まずは往路ゴール時に10位以内を確保する走りが求められます。

山本監督も「常に10番以内をキープしたい。3区が終わった時点でも往路が終わっても10番以内にいること。仮に11番以降でも10番と数秒の差でいられるのかが肝になる」と展望を語っています。

4年生たちの「後輩にシード権を是非引き継ぎたい」という、伝統の紫紺の襷をつなぐ思いは強く、筆者は期待込みで「明治大総合10位以内」を予想します。

まとめ

要約しますと

  • 来年1月2、3日の箱根駅伝2023。第1回から参加の古豪明治大メンバーをご紹介
  • 2年連続で逃したシード権奪回が至上命題。予選会は2位通過とチームは充実
  • 日大時代箱根で活躍の山本監督は「往路が鍵」。1~3区で上位キープ目指す

-箱根駅伝

Copyright© スポ観マニア , 2023 All Rights Reserved.