格闘技

ブレイキングダウン7朝倉未来の対戦相手は誰?予想まとめ

素人・プロ入り乱れての「1分間の格闘戦」ブレイキングダウン6がこのほど大きな話題のうちに終了、そして早くも次回「ブレイキングダウン7」の参加者募集が始まっています。

来年2月に行われるというブレイキングダウン7。さらにサプライズなことに、企画のプロデューサーでもある総合格闘家・朝倉未来選手自身が「7」に参戦すると宣言しました。

ブレイキングダウン7で朝倉選手が対戦する相手は誰なのか?その予想とともに、常に周囲から賛否かまびすしい「格闘家・朝倉未来」の現況についてもまとめました。(出典:Wilipedia、各スポーツメディア)

12月にはスピンオフ企画「ブレイキングダウン6.5」も開催されるらしい!勢い止まらないなぁ

ブレイキングダウン7朝倉未来の対戦相手は誰?

回を追うごとに大きな人気と話題を集め、第6回もこれまで最高潮の関心ぶりだった感のあるブレイキングダウン。終了直後から次回ブレイキングダウン7の参加者募集が始まりました。

そしてこの「7」にはブレイキングダウン企画発案者の朝倉未来選手自らも参戦すると、同選手自身が表明。一体その相手は誰なのでしょうか。

「暴行&警察騒動」「有名格闘家批判」とか〝ケージ外〟の話題も豊富だったよね~。7の応募者は一体何人まで膨らむのかしら?

自ら出場宣言

これまで6回、常にプロデューサー、審査員長として大会の内容企画や対戦カード決定に携わってきた朝倉未来選手ですが、このほどメディア取材や自身のYouTubeチャンネルで、来年2月に予定されている『ブレイキングダウン7』への出場を明言しました。

「7」は観客5000人規模になる、って話もあるが…そんなに入るのか?!そこまで来たってことか…

相手は誰か物議

朝倉未来選手はこのほど公開されたYouTubeチャンネルで、ブレイキングダウン出場者で元プロボクシング日本ランカーの飯田将成選手と対談しながら「次2月なんですけれど、僕も出るんで」とサプライズ発言。

続いて「対戦相手、決まっているんですけれどちょっと…カットでいいですか? ××とやります。これはピーですけれど」とすでに対戦相手も決まっていると明らかにしました。

名前を聞いた飯田選手は「マジですか」と驚いた表情。その後、朝倉選手が対戦相手の具体的内容も語ったようですが、動画では全て音声が消され、視聴者には「秘密」状態に。

「未来選手の相手だけにかなりの大物」という説も出るなど、ファンの間では相手の名前をめぐって物議になっているようです。

予想まとめ

ではSNSなどで取り沙汰されている「ブレイキングダウン7での朝倉未来の相手」とは、どんなファイターなのでしょうか。

まず名前挙がっているのが、元K-1スーパーライト級王者で自身YouTuberでもある安保瑠輝也選手です。根拠は安保選手のYouTubeチャンネル。このほど「未来選手とのダーツ対決で負けた。〝Tiktokでパンツ一丁〟みたいな罰ゲームはさすがに無理なので、ブレイキングダウンに出ることで代えてもらおうかな」と語ったのです。


ほかには、ブレキングダウン6に初出場を果たした「ポーランドからの刺客」ホイナツキ・パヴェウさんではないか、との説も浮上。さらには「ズバリ、朝倉海選手との『朝倉兄弟対決』ではないか?」といった「大胆予想」もあるようです。


果たして正解は誰なのか、発表が待たれるところです。

これらの予想、動画で未来が喋った「××とやります」の名前部分がかなり短いってことも背景にありそう。短く発音できるとすれば「安保」「海」だもんね…(笑)。「ポーランド」はちょっと長い?
海さんは怪我で大晦日RIZNも危ぶまれてるけど。1分間のエキシなら大丈夫なのかな?

最近は大物とやらず批判も多いが...

ついにブレイキングダウン7へ出場を表明した朝倉未来選手。まさに「真打ち登場」といえ、それに見合う〝大物相手〟は誰なのか、大変気になるところです。

ただ朝倉未来選手自身をめぐっては、格闘技界やアンチ・シンパ双方の間で色々賛否が喧しいのも実情です。

未来選手といえば言うまでもなく、日本MMA界ではトップ級の実力ファイターで、格闘技界を牽引する大変な人気者。戦績は16勝3敗ですが、これまで主要な団体のタイトルはなく、例えば直近5試合の戦績も3勝2敗とこのところやや不調です。さらに今年に入って、いまだ公式戦ゼロ。リング上での活動といえば、9月にメイウェザーJr氏と行ったボクシングエキシビションで2RKO負けを喫したのみです。

このため今年大晦日のRIZINでビッグマッチが期待されましたが、本人は「メイウェザー戦の後遺症で頭痛が治らない」と出場を否定。そんなさ中に「ブレイキングダウンには出る」と発言したため、ファンの間では「おいおい順序違うだろ」「ちゃんとした海外強豪と試合してほしい」「応援してたのに一気に冷めた」など批判の声が目立っています。

「1分間の未来vs安保なら白熱のブレイキングダウン大将戦だね、楽しみ」「どこまでもついていきます」といった熱い支持もあるにはあるけどね……

最近は青木真也、平本蓮、武尊選手といった有名プロ格闘家からも、その試合への姿勢やブレイキングダウン企画自体へのネガティブな見方が聞かれる状況。実業家・プロデューサーとしての手腕は誰しも認める「天才肌」とはいえ、肝心の「格闘家朝倉未来」の〝目的地〟はどこなのか?一体どこへ向かうのか…?

当面、これは格闘技ファン共通の関心事であり続けそうです。

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 来年2月にブレイキングダウン7開催。早くも応募始まる。朝倉未来自身も出場表明
  • 相手は誰かSNS予想盛況。安保瑠輝也、ポーランドの刺客、弟・朝倉海らの説も浮上
  • ただ1年以上公式戦ゼロの未来には「違うだろ」「ちゃんと大物とやって」の批判も

-格闘技

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.