※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

MLB メジャーリーグ

MLB防御率ランキング2023どこで見れる?日本人が絶好調!

MLBが開幕してまもなく1か月。WBC優勝の原動力となりMVPを獲得した大谷翔平選手は、シーズンでも絶好調です。

特に投手としての成績が圧巻。4月23日現在で防御率がMLBトップの安定度です。他の日本人投手はどうなのか。MLBの防御率ランキング2023のシェアの仕方を今回ご紹介しましょう。(出典:Wikipedia、MLB公式、スポーツメディアなど)

今季からのピッチコムやピッチクロックにも順応してるし、やることなすこと天才的。もはや「神レベル」だよねぇ~

 

◆格闘技◆
2024年6月2日 (現地6/1)
平良 達郎  対  ジョシュア・ヴァン戦
UFC
 フライ級マッチ

新クイーンカジノなら
スポーツベットはもちろん、ライブカジノや、
パチンコ実機パチスロ実機も楽しめる。

\場所や時間を選ばず楽しめる/

(新)クイーンカジノに登録する

パチンコ一覧:CR牙狼FINAL・CR真・花の慶次・CRキャプテン翼・CRルパン三世・CR真・北斗の拳
パチスロ一覧:
初代北斗の拳・アナザーゴッドハーデス・押忍!番長・ミリオンゴッド神々の凱旋・初代吉宗

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジ"さんの(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

MLB防御率ランキング2023どこで見れる?

今季も開幕から投打二刀流フル回転中の大谷翔平選手。まずは4月23日までのスタッツを見てみましょう。

【投手大谷】

・5試合先発、3勝0敗防御率0.64奪三振38WHIP0.82

【打者大谷】

・21試合出場、打率.266、本塁打5、打点13、OPS.825

今季これまではとりわけ投手成績が絶好調。なな何と防御率が「0.64」で、MLB全30球団の規定投球回を満たした投手中トップ。投手の主要タイトル3部門でメジャー1位になるかもしれない最高、抜群の出来です。

米メディアによると「シーズン最初に先発登板した5試合としては、最低10イニングを投げた先発投手のうち、1893年にマウンドが現在の距離に動かされて以降では最少」なんだって!!細かすぎ(笑)。よく調べるぅ

では他の日本人投手はどうなのか。そもそもどうやったら最新の「MLB防御率ランキング2023」を常時チェックできるのか、以下に見ていきましょう。

2023年日本人が絶好調

4月23日現在、メジャーでプレーする日本人投手たちは、大谷投手以外もなかなか好調な選手が目立ちます。

パドレスのダルビッシュ有投手は4試合に先発し1勝2敗ですが、防御率は3.00と安定。今季から移籍したメッツの千賀滉大投手も4試合先発で3勝無敗、防御率は4.29。ブルージェイズの菊池雄星投手も4試合登板で無傷の3勝、防御率は3.80とまずまずです。

怪我から復帰したツインズの前田健太投手は3連敗と勝ち星には恵まれていませんが、防御率4.15でこれからの挽回が期待されます。

問題はアスレチックスの藤浪晋太郎投手だけやで……。初登板から全4連敗、防御率14.40。これからどうなんねん……日本帰ってこれるんやろか

MLB防御率が見れるリンク

MLBの選手スタッツは、米国のさまざまな有名サイトで膨大なデータが無料公開されていて、「数字大好きな野球オタク」には天国なのですが、中でもやはり一番更新が早くて見やすく、信頼性も高いのは〝本家本元〟MLBの公式サイトでしょう。

MLB防御率ランキング2023は以下のリンクから参照できます。

MLB公式サイトの防御率ランキング

主な選手の過去防御率

もはや「魔球」レベルに進化している「驚愕変化スイーパー」を軸に、100マイルの剛速球、スライダー、スプリット、カッター、そして時には目先を翻弄する緩いカーブも織り交ぜ、バッタバッタと三振の山を築く大谷翔平投手。

本人が認めるように、今季はコンディションが過去最高レベルに良いようです。このまま好調を維持して、日本人初のサイヤング賞はじめ、多くの投手タイトル獲得、そして何より大谷選手悲願の「ポストシーズン登板&打席」を実現してほしいものです。

最後に参考情報として以下、主なメジャー日本人先発投手の過去の防御率成績をまとめましたので、ご覧ください。

「Wシリーズ優勝の胴上げ投手がクローザー大谷!」なーんてWBCの感動ドラマ再現を、こうなりゃ見たいよな!
今季、打者でもレッドソックス吉田正尚さんやカブス鈴木誠也さんもかなり好調そう。もちろん「打者大谷」さんもww。これからも楽しみ

大谷翔平

【日ハム時代(5年)】

・85試合登板、計543イニング … 2.52

【MLB通算(5年)】

・68試合登板、計377.2イニング … 2.79

千賀滉大

【ソフトバンク時代(11年)】

・224試合登板、計1089イニング … 2.59

ダルビッシュ

【日ハム時代(7年)】

・168試合登板、計1268.1イニング … 1.99

【MLB通算(11年)】

・246試合登板、計1512イニング … 3.49

大谷・千賀の防御率に関するみんなの反応

藤浪投手でさえこうなってしまうメジャーはレベルが高すぎますね。その中でも活躍している大谷、千賀、ダルビッシュ選手などはとんでもないレベルなのかと…

引用:https://twitter.com/online777com/status/1649953367911989248

千賀は求道者ぽいのでなんとかNYで成功してほしいなぁ。実力もあるはず。あとはケガかな

引用:https://twitter.com/momohiki_den/status/1650121492288651270

千賀くんのゴーストフォーク + 大谷くんのスイーパー = ゴーストスイーパー みたいな?

引用:https://twitter.com/Gyakuyaku/status/1649950332259287042

今年の野球でワイに元気をくれるのは大谷と杉本と千賀だけだよ...今のところ

引用:https://twitter.com/Kai_CycJokeEXT/status/1650293139733897216

まとめ

要約しますと

  • MLB大谷翔平が5試合先発でメジャートップの防御率0.64。ほぼほぼ打たれず「無双状態」
  • 米メディア驚愕。投手タイトル独占、初CY賞へまっしぐら。ランキングはMLB公式推奨
  • 千賀、ダル、菊池ら他の日本投手も好調。過去成績でもこれら投手のハイレベルさ証明

-MLB, メジャーリーグ

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.