日本のテニス界は最高にエキサイティングだ!

テニスマニア1

ラファエル・ナダル 海外男子トップ選手

ナダル直立20秒の動画とミュラー戦海外の反応まとめ

ナダル直立20秒の動画の紹介と、ミュラー戦の反応をまとめました。

ナダルがウィンブルドン2017にて4時間48分の試合の末、ミュラーに惜敗した。
スコアを見ただけでそのすごさが伝わってくる。
2-3(3-6, 4-6, 6-3, 6-4, 13-15)での負け。試合後の会見を見ても、非常に精神が乱れていたのが分かるが
それを考えても試合直後の態度は素晴らしい、王者の品位と言って文句のないものであります。

それでは紹介していきます。

[ad#da-1]

ナダル直立20秒の動画

ナダルが惜敗後、直立20秒の動画として、ウィンブルドンの公式ツイッターがそれを紹介しています。
観客もそれに感動して総立ちです。動画は以下。

最近、ラケット破壊の話題も多いのでわかると思いますが
テニスは非常に長い時間の孤独な闘いであり、選手へのストレスは我々が想像する以上のものであり
中には「ラケット破壊しても仕方ない」と言う人もいるほど、過酷なものであります。
破壊しない人としては、ナダルとツォンガが有名であり、観てる側はなぜ他の選手は出来ないのか、という感想を持つ人も多いのですが
ストレス過重は凡人では想像もつかないところにあることはまず理解すべきです。

その中でも負けた直後というのは、屈辱の中、理性を保つのも難しいところでありますが
今回のナダル選手の直立20秒は絶賛に値するものです。

敗戦直後のインタビューを見ても、ナダル選手は実は不安定な精神状態にあったことがすごく分かります。
ペットボトルが...

「こんな結果を望んでいなかった。今は前向きな分析をするのは難しい」
「最高の雰囲気だった。全力を尽くしたし、全てを注いだ。応援に感謝したい。応援してくれたのに申し訳ない。でも、大勢の声援を受けているのは最高の気分」

観てるだけじゃ分からないほど、ナダル選手は屈辱であり、激しい感情に襲われていたのだと思います。
それをファンを深く理解していたようです。

[ad#da-1]

海外の反応

この紳士の態度を貫いたナダルに対してファンは絶賛している。

「これはルールを守った、普通のことなのだけど素晴らしい」
「真の紳士」
「本当にすばらしい。17歳で頭角を現して以来、ずっと彼のことが好きだ」
「尊敬と賞賛を彼に」
「サインまでして、本当に紳士だ」
「尊敬する。素晴らしいスポーツマンシップ」

出典:twitter

ミュラー戦の試合の感想

「こんなナダルを見るのはつらい」
「ペットボトルで変な動作をしている...。今日はナダルらしい日ではなかったんだ」
「彼は偉大だが、誰だって運の悪い日、体調の良くない日はある。今日はそれだった」
「この試合を観たファンは最高に運が良かった」
「これまで見た中でのベストマッチだった!素晴らしい心理戦」
「でも彼はまたリベンジするでしょう。言えることは芝は彼と仲良くなかったということ」
「私は彼が大好きだ。彼は素晴らしい、素晴らしい人物だ!」

出典:youtube

このカードは筆者も注目していなくて、ナダルvsフェデラーを待っていたので見ていなかったが
非常に面白い試合だったようだ。
公式動画にいくつかあるが以下を見ても、見ごたえがある試合だったのが分かる。

今後のナダルの活躍を心待ちにしていたい。

■関連記事

ウィンブルドン2017錦織圭の放送予定一覧と主要8選手の時間

ウィンブルドン2017のドローと結果(ランキング付)最新

テニスラケット破壊王ランキング!…錦織はする?

[ad#da-1]

-ラファエル・ナダル, 海外男子トップ選手

Copyright© テニスマニア1 , 2019 All Rights Reserved.