ボクシング

井上尚弥vsバトラーのアンダーカード一覧と予想開始時間

プロボクシング界のザ・モンスター、井上尚弥選手の「バンタム級最終章」が迫りました。バンタム級主要4団体王座統一戦「WBAスーパー・IBF・WBC王者井上尚弥 vs WBO王者ポール・バトラー(英)」が、12月13日(火)、東京・有明アリーナで開催されます。

メインとなるこの世界的メガマッチはもちろん、今回は12・13のアンダーカード一覧と見どころもご紹介。開始予想時間や視聴方法もまとめました。(出典:Wilipedia、大橋ボクシングジム公式、各スポーツメディア)

大晦日の井岡統一戦も正式発表されたし、12月もボクシングが熱いぞ!

井上尚弥vsバトラーのアンダーカード一覧

これまでKOばかりの圧倒的強さで世界3階級を制覇し、いまだ負けなし。その井上尚弥選手が前々から熱望してきた「アンディスピューテッド(比類なき)王者」の称号を得る四団体王座全制覇まで、あとタイトル一つとなりました。

WBO王者バトラー選手とのこの歴史的な1戦はもちろん、この日の興行で行われるアンダーカードもファンには必見です。以下にその一覧をご紹介。それぞれのカードの見どころも見ていきましょう。

※なお試合の開始時間は11月21日現在では未定です。発表され次第追記します。

チケット販売は23日正午から!その時にはゴング時間も発表されそうね(多分夕方から21時くらいにかけて、じゃないかなぁ)

井上尚弥 vs ポール・バトラー

モンスターがずっと求めてきた4つのベルト。四冠統一王者は世界でも史上8人しか成しえていない大偉業ですが、井上選手がバトラー戦をKO勝利すると、もっと凄い称号も付随します。

それは日本・アジア人初四冠王者②王座決定戦を含めずにベルトを一つずつ獲得した初の四冠王者③4試合全部KO勝ちした初の王者。正真正銘の最強ボクサーです。試合後のPFPランキングが今から楽しみですね。

ちなみに戦績は井上選手23勝(20KO)無敗、バトラー選手34勝(15KO)2敗です。

尚弥のバトラー評は「穴がない技術の高い選手なので、お互いの駆け引きを見てほしい」!

平岡アンディ vs 誼敏虎(ジュン・ミンホ)

セミファイナルはWBOアジアパシフィック・スーパーライト級タイトルマッチです。王者の平岡アンディ選手に、WBCアジアウエルター王者の誼敏虎選手(韓国)が挑みます。

平岡選手は戦績21勝(16KO)無敗の中量級期待のボクサー。今回V4を果たせばいよいよ世界戦が視野に入ります。ジュン選手の戦績は13勝(3KO)3敗2分です。

武居由樹 vs ブルーノ・タリモ(タンザニア/豪)

セミセミファイナルはOPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチです。王者武居由樹選手は、K-1王者から転向してボクシング6戦目。全KOでの連勝記録継続なるか注目です。

対するタリモ選手はIBFスーパーフェザー級7位の世界ランカーで戦績は26勝(5KO)3敗2分です。

こちらもご参考に。
ブルーノ・タリモ(ボクシング)戦績と強さ!評価まとめ「粘り強いタフガイ」「タモリではない」

井上拓真 vs ジェイク・ボルネア(フィリピン)

55.5kg契約のノンタイトル10回戦。WBOアジアパシフィック&日本スーパーバンタム級王者井上拓真選手と、タイトルはほぼ〝無冠〟のジェイク・ボルネア選手が対戦します。

世界王者復帰を目指す拓真選手が、鮮やかな圧勝で兄尚弥選手の試合への花道をつくれるか注目です。戦績は井上拓真選手が16勝(3KO)1敗、ジェイク選手が14勝(7KO)3敗1分

こちらもご参考に。
ジェイク・ボルネアの戦績と強さ!評価まとめ

清水聡 vs ランディ・クリス・レオン(フィリピン)

OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ。王者の清水聡選手は、同学年で親しい村田諒太選手とロンドン五輪で共にメダルを獲得(清水選手は銅メダル)したベテラン36歳。

今回7度目の防衛戦として、レオン選手を迎え撃ちます。戦績は清水選手10勝(9KO)1敗、レオン選手14勝21敗5分けです。

ピーター・マクレール(英) vs 三宅寛典

スーパーバンタムのノンタイトル8回戦。マクレール選手は昨年の東京五輪に英国代表として出場、1回戦で敗れました。それだけに「東京でやり残したことがある」とプロ転向後初の再来日で燃えている様子。戦績は5勝(4KO)無敗です。

亀田和毅選手らとも対戦経験のあるベテラン34歳の三宅選手(戦績9勝・1KO・12敗2分)とどんなファイトを見せてくれるでしょうか。

視聴方法

アンダーカードもすべて見逃せない12・13「井上尚弥vsポール・バトラー」の超ビッグマッチ。ではあらためて視聴方法を確認しておきましょう。

この興行は地上波TVでの放送はなく、ネットや衛星放送での中継となります。媒体はNTTドコモ系の「dTV」と「ひかりTV」の独占です。

詳細はこちら。

井上尚弥vsバトラーのテレビ地上波は?最適な視聴方法!歴史的快挙4団体統一の瞬間を目撃せよ!

ちなみにこの日の興行、全米ではESPN+がライブ配信するんだって

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 12月13日、バンタム級4団体統一戦「3冠王者井上尚弥vsWBO王者バトラー」迫る
  • アンダーも必見の5試合。セミは平岡アンディが誼相手にアジアタイトル防衛戦
  • 武居6戦目、ロンドン五輪銅清水の各防衛戦や拓真の試合も。中継はdTVなど独占

-ボクシング

Copyright© 拳闘マニア , 2022 All Rights Reserved.