健康・保健

東京マラソン2020での新型コロナウイルスの影響・規制は?主催が声明!

新型コロナウイルスの感染拡大が、スポーツ界へも深刻な影響を与えつつあります。既にサッカー、スキーなど中国で開催予定の各大会が中止されるケースなどが続出。

日本国内では今のところ中止・延期といった動きは出ていませんが、春以降大きなスポーツイベントが続くこともあり、影響の広がりが懸念されます。

特にあと3週間余りに迫った「東京マラソン2020」は大丈夫なのでしょうか。新型コロナウイルスの影響について、現時点の情報をまとめました。

中国では既に感染が4万人近くに…日本人の死者も出たり、中々歯止めがかからないわね…

東京マラソン2020での新型コロナウイルスの影響に心配の声

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内スポーツ界も対応を迫られています。開幕まで半年を切った東京五輪関係団体は大会に影響が及ばないよう対策に必死。

シーズン間近のプロ野球では、キャンプでのファンサービスの際にマスク着用を義務づけたり、握手会中止、球場でのジェット風船禁止といった措置も。シーズン真っ最中のラグビーでもハイタッチイベントをやめるなどの動きが相次いでいます。

とりわけ直近で影響が懸念されるのが、3月1日に迫った東京マラソン2020。参加者3万8000人、ボランティア1万1000人、沿道には100万人以上が詰めかける一大イベントだけに、「まさか中止になんてならないよね!?」と参加者らから心配の声が上がっているようです。

東京マラソンは市民ランナーに大変人気がある大会で、一般参加の抽選倍率は毎年10倍以上。やっとの思いで当選を勝ち取り、一人2万円近い参加料を払って当日に向けて準備する参加者としては気が気ではありません。

今大会は特別な意義もあります。東京五輪男子代表の残り1枠をかけた「MGCファイナルチャレンジ」第2戦を兼ねており、日本の第一人者、大迫傑、設楽悠太選手らが最後の“大勝負”を行う場所。

中国含めたアジアからの国外エントリーも大変多いほか、今回もアフリカ、欧州勢を中心に男女計25人の世界トップ級選手を招待しています。国内で感染が急拡大すれば、大会を強行しても出場辞退者が続出するなど、混乱に陥る恐れもあります。

五輪直前だけに、各競技で最終予選などが世界で行われる時期。代表選考が混乱しなきゃいいけど…

東京マラソン主催の具体的な規制とは?

新型コロナウイルス感染拡大の影響が心配される東京マラソン2020。主催者の東京マラソン財団は、参加者らの懸念に対応してこのほど声明を発表。それによると、

・対策チームを組織して情報収集を進め、都などと共に具体的対策を検討

・その上で、現時点では開催に向けて準備を進める

・ランナーやボランティアは感染予防に努めてほしい

としています。また参加者、ボランティアは2月29日までに受け付け手続きが必要なため、その際にマスクを配布し、当日も参加者にはゴール後に再びマスクを配る予定だとのことです。

さらに、中国在住で今回来日して参加するランナーのうち、出場しなかった人たちについては、国籍に関係なく自動的に来年の大会の出場権を与えることも決定。

報道によると、中国在住の参加予定者は約1800人。日中間の航空便は運休が相次いでいるほか、政府の規制などで出国できないランナーも多いとみられ、主催者側は諸事情に配慮して、来年も出場できることを個別に通知しているそうです。

大会事務局に不参加の連絡は不要で、出場受け付けを行わなかった時点で自動的に21年大会の出場権が得られる仕組みとなっています。

ただ主催者は当初「支払った参加料、チャリティ寄付金は返還しない。また来年の大会参加の場合は別途参加料が必要としていました。

これには一部で「不可抗力なのにひどいではないか」と批判も出ていましたが、その後共催者である東京都の小池知事は、先日の記者会見で「今年の分は返還しないが、来年の分は徴収しないことも検討する」と表明したそうです。

また小池知事は「感染予防や相談窓口を周知し、体調が万全でない人は参加を見合わせるよう広報することなどを、主催者に要望している」としています。

症状がどうなのか、どのくらい怖い病気なのか、インフル程度なのか…実態がよく分からないのも疑心暗鬼を生んでいる

東京マラソン2020と新型コロナウィルス対策・みんなの反応は?

みんなの反応

東京マラソンの成否が五輪も含めた今後のイベント開催の指針になるんだろうな

ネットの感想

小池知事が東京マラソンでコロナ対策としてやりそうな事考えてみた ①マスク着用で走らせる ②選手の健康はサーモグラフィーでチェック ③アルコールを沿道・コースに散布

みんなの反応

これだけ感染が広がってるのに中止の選択肢はないのか?参加者、観戦者含め多数の人が集まる訳だろ。収束の気配も無いのに決行するの?

ネットの感想

マラソン好きには申し訳ないが、世界で2番目に新型コロナ感染者の多い日本人にも参加自粛をお願いした方がいいと思う

みんなの反応

3/1かぁ。それまでに新型コロナウイルスが終息してるといいが…。暖かくなれば沈静するとは思うけど…

出典:twitter

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

ここがポイント

  • 新型コロナウイルス拡大で東京マラソンへの影響に心配の声広がる
  • 主催側は開催前提で準備。在中国の欠場者には来年の出場権付与
  • 参加者にマスク配布や予防呼びかけ。ネットは「中止やむなし」の声も

東京マラソン2020は五輪代表選考会ということもあり、例年に増して「超高速レース」となりそうな形勢。海外勢は2連覇を狙うレゲセ選手(エチオピア)ら2時間2~4分台の記録を持つ選手が8人。ペースメーカーは2分台と、4~5分台のゴールを視野に入れた2段階を用意する念の入れようで、日本記録更新も十分ありそうです。

しかし最も重要なのは選手や参加者、観衆らの健康。主催側も「無事な開催」と「感染予防」の狭間で非常に苦慮している様子です。

他のマラソン大会やJリーグ、NPB、五輪とこれから続々大きなスポーツイベントが行われる日本国内。感染終息の兆しが見えない中、各競技関係者は東京マラソンの動向を固唾を飲んで見ているのではないでしょうか。

-健康・保健
-

Copyright© テニスマニア1 , 2020 All Rights Reserved.