※この記事はプロモーション(広告)を含みます。

ボクシング

井岡一翔の次戦相手にジョン・ラミレス浮上! WBAが対戦指令か!?エストラーダどうなる?

昨年大晦日、見事初防衛戦をKO勝利で飾った、ボクシング世界4階級制覇王者で現WBAスーパーフライ級世界チャンピオン井岡一翔選手。ファンの間では「いよいよ次は悲願の王座統一戦か?」と期待が膨らみますが、その次戦をめぐって意外な動きが浮上しているようです。

というのも、最近海外メディアで「WBAが井岡王者にジョン・ラミレスとの防衛戦を指令した」と報じられたのです。ラミレスって誰?井岡一翔王者はラミレス戦の指令を受けるのか?その場合、井岡選手熱望の「vsWBC王者エストラーダ」はどうなるの? 色々沸いてくる疑問を整理してみました。(出典:Wikipedia、スポーツメディアなど)

昨年合意直前で頓挫したという「井岡vsエストラーダ」。エストラーダ本人はやりたがっていたとも言うけど、ホントかなぁ?本音は「負けそうだから嫌」だったりしてww

 

◆格闘技◆
2024年6月16日 (現地6/15)
平良 達郎  対  アレックス・ペレス戦
UFC  開催場所:
米国ラスベガス

新クイーンカジノなら
スポーツベットはもちろん、ライブカジノや、
パチンコ実機パチスロ実機も楽しめる。

\場所や時間を選ばず楽しめる/

(新)クイーンカジノに登録する

パチンコ一覧:CR牙狼FINAL・CR真・花の慶次・CRキャプテン翼・CRルパン三世・CR真・北斗の拳
パチスロ一覧:
初代北斗の拳・アナザーゴッドハーデス・押忍!番長・ミリオンゴッド神々の凱旋・初代吉宗

※(新)クイーンカジノの登録は簡単ですが、登録の方法の詳細を知りたい方は"チェリカジ"さんの(新)クイーンカジノの登録方法 や 入金不要ボーナスの貰い方 やパチンコ機種一覧、とパチスロ機種一覧を参考にして下さいね。

 

WBAが井岡一翔にJ・ラミレス戦指令!?

昨年末、井上尚弥選手に続いて鮮やかな7回KO勝ちを見せ、世界戦勝利数の日本記録を22とさらに更新した井岡一翔選手。試合後はあらためて、以前から悲願の現WBC世界スーパーフライ級王者ファン・フランシスコ・エストラーダ選手(メキシコ)との統一戦をやりたいと強調していました。

ところが最近の報道によると、このほどWBAが井岡チャンピオンに対し、挑戦権を持つラミレス選手との対戦を指令したとのこと。ラミレス選手は昨秋の王座挑戦者決定戦で豪快に4RKO勝ち「次はイオカだ!」と燃えているとか。30日間の交渉期間中に合意できないと入札になり、その場合報酬分配は井岡選手75%、ラミレス選手25%になるとも伝えられています。

果たして井岡王者は指名戦を受けるのか? それとも、またまた王座を返上してまでエストラーダ戦を模索するのか? というか、エストラーダ陣営は本当に井岡戦やる気あるのか??

何とも混沌とする井岡選手の次戦ですが、現状の動向を探ってみましょう。

ジョン・ラミレスとは?

井岡一翔王者との対戦指令が報じられたジョン・ラミレス選手は27歳米国人。ただ、生まれは両親の故郷と思われるホンジュラスの貧しい家庭だったそうです。アマチュアボクシングを経て20代前半にようやくプロデビュー。このため戦績は少ないものの、13勝(9KO)といまだ負けなしです。

これまで地域タイトルだけで世界戦経験はなし。実力未知数ながら、前戦ではバティスタ選手を早々KOに下す強さでついに世界挑戦権を獲得しました。

アグレッシブでパンチの回転が速く、約7割の高いKO率を誇りながらも、アマ仕込みなのかブロッキングなどの防御もなかなかたくみ。小柄ですが非常に筋肉質で体幹や耐久性は強く、直近3戦で2試合10ラウンドを戦い抜いて勝っています。米国では期待される若手の軽量級ホープといえそうです。

体中に彫○物だらけ。顔つきやファイトスタイルもあのWBAライト級王者デービスさんにそっくりだって、米国ファンには話題なんだって

エストラーダはどうなった?

もし実現すれば、世界屈指の技巧派といわれる井岡一翔選手と、気鋭のパンチャー・ラミレス選手とならばなかなか見応えある攻防が期待されます。

ただ井岡選手自身の視線はやはりエストラーダ王者にある様子。スポーツ紙によると、昨年大晦日の試合前に、井岡陣営関係者が来日したエストラーダ選手のマネジャーで、前戦相手のトレーナーを務めていたカバジェロ氏と話し合い、1月に再び交渉する約束をしたのだそうです。

井岡選手も「24年は率直にエストラーダと一番戦いたいし、他団体のチャンピオンともしたい」と統一戦の願望を口にしていました。

ただ、昨年行われたエストラーダ側との対戦交渉はファイトマネーの額で折り合わず流れたとされています。しかも、試合間隔が空いているエストラーダ選手は2月にバンタム級に上げてノンタイトル戦を予定しているとの情報も。「25年までにバンタムに行く」という陣営の意向も伝えられています。

井岡陣営関係者は「ノンタイトル戦は大したことない金でやるのに(こちらには)ふっかけてくる(笑)。5~7月にはエストラーダ戦実現を目指すが、次できなかったら多分もうできない」と話しているそうで、正直、本当にお金がネックなのかどうか、エストラーダ側の「本気度」に疑問符が付く印象も拭えません。

井岡はベテランらしく「自分の思い通りにいくことばかりじゃない。与えられた選択肢の中で突き進んでいくしかない」と冷静。結局ラミレス戦を受けることになるのかもな!

ネットの反応

やっぱ井岡の綺麗なボクシング大好き!
実に丁寧なボクシング。お箸の持ち方が綺麗な人にリスペクトするのと似てて、大変な努力を積み重ねてきたのだと思われる
エストラーダ戦を年内になんとか実現させて欲しい

出典:YouTube

まとめ

要約しますと

  • 昨年大晦日に見事KO勝利で防衛に成功した井岡一翔王者。次戦相手をWBAが指令したとの報道
  • 挑戦者は同級1位の若手ジョン・ラミレス(米)。昨秋豪快KOで挑戦権獲得のデービス似ホープ
  • 井岡はエストラーダ戦熱望も本人は2月にバンタムに上げる説が。井岡は達観し指名戦受理か?

-ボクシング

Copyright© スポ観マニア , 2024 All Rights Reserved.