時事ニュース 男子テニス

ジョコビッチ全豪OP2022出場できない?海外の反応まとめ

プロテニスの4大大会(グランドスラム=GS)、全豪オープン2022が17日開幕します。全豪OPといえば大変得意にしているのが、男子シングルスで現世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手。しかし今回、希望しながら出場できないかもしれない「非常事態」に見舞われています。

ジョコビッチ選手はなぜ全豪出場が危ぶまれるのか。ジョコ選手と全豪OPをめぐる問題の経緯や海外の反応をまとめました。(出典:Wikipedia、各スポーツメディア)

この騒動、「コロナ問題」のはずが豪国内政局とか外交問題も絡んですごい複雑に……やや泥沼の様相ね

ジョコビッチ全豪OP2022出場できない?

セルビア出身、男子BIG3の一人でテニス界の頂点に君臨するスーパースター、ジョコビッチ選手。GSではとりわけ全豪オープンに強く、史上最多の9度もの優勝回数を誇ります。

さらに今回の2022年大会でも優勝すれば、GS4連覇と四大大会歴代単独最多となる21勝目の栄誉も手にすることに。特段怪我などの情報もなく当然全豪に出場すると思われていましたが、直前のこの時期、にわかに「ジョコビッチ欠場か?」の暗雲が垂れ込んできました。

何がどうなっているのか。問題の経緯や海外の反応などを順次見ていきましょう。

これまでの経緯

発端は今月4日、ジョコビッチ選手が全豪出場を表明したことでした。同選手は「新型コロナワクチン接種の免除を認められたため、オーストラリア・メルボルンで開かれる全豪オープンに出場します」と自身のSNSで発表しました。

ジョコは20年のインタビューで「ワクチンには反対だ」と述べてるし、その2カ月後に新型コロナに感染。表明はしてないけど、恐らくワクチン未接種と思われる

オーストラリアは世界で最も厳しいコロナ対策をとる国と言われ、全豪に関わる選手・スタッフ・観客全員にワクチン接種証明書の提出が義務付けられています。

ただ医学的理由から主催者や開催地地元のビクトリア州政府がワクチン免除を認める特例措置もあり、ジョコビッチ選手はこれに該当したと報じられました。

これに対し豪国内で「スターへの特別扱いではないか」と批判が拡大。5日、豪に到着したジョコビッチ選手は空港で足止めされ、6日になってオーストラリア国境警備隊は「同選手が入国要件を満たすための適切な証明を提出しなかったため、ビザが取り消された」と声明。連邦当局はジョコ選手に6日中に出国するよう強制退去を命じました。

国内で対立、問題複雑化

一方、免除を認めたビクトリア州政府は、二つの独立委員会が名前や国籍・年齢を伏せた免除申請の書類を審査し、医学的見地から検討したと説明。選手や関係者26人が免除を申請し、そのうち「わずか一握り」が特別に免除されたとしました。

州幹部は「特権を持つテニス選手の抜け穴ではない」「急性疾患がある人に限定」「選手名や成績で特別扱いなどあり得ない」と主張してるけど…

しかし連邦政府のモリソン首相は、全外国人は入国時に医学的な理由で接種できない証明が必要だと強調。「証明が不十分なら帰国してもらう」「誰であれ規則は規則だ」と厳しい姿勢のままです。

連邦政府の厳格さの背景には、昨年10月まで8か月以上もの世界最長の都市封鎖に耐えたメルボルン市民の苦闘や不満があるようです。またメディアでは、ビクトリア州首相と政府のモリソン首相は不仲で有名で、豪州の総選挙が近いこともあり「ジョコビッチは政治的な争いに巻き込まれた」との見方も出ています。

去年の全豪でも全選手が2週間ホテル隔離。トップ選手が不満を言うと、国民が「逆ギレするな」「入国させただけでもいいだろ」と猛反発してたっけ

法廷闘争へ…試合間に合う?

豪政府の強硬姿勢に対し、ジョコビッチ選手の弁護団は直ちに強制送還の差し止めを求める訴えを裁判所に提起。ジョコ選手はメルボルンの隔離ホテルに移送され、裁判で勝利して17日開幕の全豪OPへの出場をあくまで目指す「徹底抗戦」の構えです。

ジョコは裁判で「ホテルにテニス練習施設ある?」と聞くなど出場意欲満々。10日ごろにも裁判所の判断が示されるらしい。開幕間に合う?

またこの問題は、豪州とセルビアの外交問題にも発展しかねない情勢です。入国拒否が報じられた後、セルビアのブチッチ大統領はSNSで「セルビア中がジョコビッチ選手の味方だ」「世界一のテニスプレーヤーに対する嫌がらせを止めるよう求める」とコメントしています。

果たして、世界に波紋を広げる「全豪ジョコ出場問題」はどういう結末となるのか、しばらく目が離せません。

ワクチンを2度接種して全豪に出場するナダルさんは「豪国民のイラつきは分かる。ワクチンを打てば何の問題もなくプレーができる。ルールに反すればトラブルが生じる。そういうことだ」とコメント

ジョコビッチのビザ取り消しに海外の反応まとめ

要するに陰性なら問題ないのでは?
豪政府に対抗するにはボールが必要。ノバクにはそれがある
これは豪州政府と政治の巨大な宣伝だ。私は正義が行われると願っている
この問題、完全にオーストラリアにとって損なだけじゃないの

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Us5zjvGyM7E

まとめ

今回の記事をまとめると以下の通りです。

要約すると...

  • 全豪OP間近で世界1位ジョコが入国拒否に。書類が不備と豪連邦政府
  • ワクチン接種免除の州政府と対立。背景に国民不満や政局思惑も絡む
  • ジョコは法廷闘争に訴えあくまで出場意思。母国vs豪の外交問題に発展?

-時事ニュース, 男子テニス

Copyright© テニスマニア1 , 2022 All Rights Reserved.