サッカー

岡山学芸館サッカー部なぜ強いのか?優勝した3つの理由

2023年全国高校サッカーで、事前の優勝候補予想には、ほとんど上がっていなかった岡山学芸館が、岡山勢として初の優勝を飾りました。

岡山学芸館サッカー部なぜ強いのか?優勝した3つの理由を挙げてゆきます。

だれも予想してなかったみたい!

岡山学芸館サッカー部なぜ強いのか?

岡山学芸館サッカー部なぜ強いのか?を順次見て行きましょう。

2023年全国高校サッカーで初の優勝

全国高校サッカー選手権決勝で、岡山学芸館が東山(京都)に3対1で勝利し、全国3883校の頂点となる岡山県勢初の制覇を成し遂げました。
強豪東山高校(京都)、神村学園、國學院久我山など強豪を破って勝ち上がりました。

特に、堅い守備・巧みなパスワークが光りました。

下馬評は岡山学芸館の優勝の声皆無

事前予想サイトを、4つ確認しましたが、優勝候補の本命は、インターハイでベスト4に進出した昌平高校米子北高校、強豪の青森山田高校履正社高校前橋育英高校などで、岡山学芸館は対抗にも穴にも挙げられておらず、あるサイトの投票では、0票となるほどでした。
わずかに、あるサイトで、注目選手として、今井拓人選手が挙がっているのみでした。

ところが、準決勝を前に優勝候補と挙げられていた昌平高校、米子北高校、青森山田高校、履正社高校、前橋育英高校がことごとく敗退してしまいました。

この段階でも、まだ優勝は東山などとして、岡山学芸館の優勝予想はありませんでした。
それほど、今回の優勝は、全国の高校サッカーファンにも、予想もできない結果だったと言えます。

ユース候補選手はなし

U-18日本代表候補トレーニングキャンプのメンバー(6.18-22)で見ますと、各クラブのユース選手以外では、以下のように、強豪校から選出されており、岡山学芸館の選手は一人も入っていません。

GK
中村 圭佑 (静岡学園高)
DF
行德 瑛 (静岡学園高)
MF
阪田 澪哉 (東山高)
荒井 悠汰 (昌平高)
徳永 涼 (前橋育英高)
寺裏 剣 (静岡学園高)
都築 駿太 (流通経済大学付属柏高)

今井拓人選手も入ってないなんて!

岡山学芸館が優勝した3つの理由

指導者

2003年からコーチ、2008年から監督として、岡山学芸館サッカー部を1から育ててきたのが高原良明監督(43歳)です。吉谷剛コーチ(43歳)とともに荒れていたサッカー部を立て直し、全国レベルで、インターハイBEST8など上位に定着できるようになりました。
そこに、今年から、名将平清孝氏がゼネラルアドバイザーとして、加わり、これまで、あと1歩勝きれなかったチームを脱皮させ、今回の大きな成果に繋げました。

攻撃サッカー

相手のプレスをはがす
連動したプレスで、ボールを奪いゴールを目指す
チームコンセプトである縦に速いボールポゼッション
選手たちが主体性を発揮し、自ら考え、スピーディーな閃きを大切にプレーする
という岡山学芸館サッカーの特長が、指導者・選手一体となって完成に近づきました。

設備

全国レベルに踏み出してゆくのと並行して、瀬戸内サッカー場(サッカー部専用の人工芝グラウンド)設置や瀬戸内占春寮を建設し、設備面でのバックアップをタイミングよく行った。
これらの要因が重なり、岡山学芸館目指す有力選手も増え、相乗効果を挙げました。

年度全国インターハイ全国高校サッカー選手権指導者設備
2003高原良明コーチ、吉谷剛氏
2008高原良明監督就任
2012初出場 BEST16瀬戸内サッカー場(サッカー部専用の人工芝グラウンド)設置
2015出場
2016出場 BEST32初出場 
2017出場 BEST16瀬戸内占春寮を建設
2018出場 BEST16
2019出場 
2021出場 BEST8出場 BEST32
2022出場 BEST8優勝平清孝氏がゼネラルアドバイザー就任
日本のサッカー界に新風を吹きこんでほしい

岡山学芸館サッカー部全国制覇にみんなの反応は?

みんなの感想

監督かコーチか判らないが戦術もすばらしかったと思う。準決勝に相手のパススピードが遅い事とパス相手が絞れる事を見抜いてパスカットを成功させていた場面が多々あった。
相手攻撃の芽をつむし、カウンターが効果的になる。

ネットの反応

決して本命ではなかったが、優勝に相応しい素晴らしいサッカーでした。

みんなの感想

前は16年前に、作陽高校の準優勝が最高だった...岡山県勢で初めての優勝🥳🥳🥳
試合観てたけど、泣きました😭😭😭
何か岡山盛り上がってきた〜〜〜😊😊😊

ネットの反応

粘り強いディフェンスや多彩な攻撃からのゴール、最後まで諦めずにプレーする姿は圧巻でした‼️
感動する試合をありがとうございました✨

みんなの感想

東山高校も素晴らしいチームでした。
そして、岡山学芸館高校は攻撃的なサッカーを最後まで貫いた上での優勝。嬉しすぎます‼️感動をありがとうございました‼️

出典:ヤフコメ、ツイッター

まとめ

要約すると...

  • 岡山学芸館サッカー部のここまでの歩みを振り返った
  • 年々強くなり、ついに優勝を飾るに至った3つの理由を挙げた
  • 戦前や準決勝前でも岡山学芸館が優勝するとの予想ほとんどなかった
これだからサッカーは面白いんだ!

関連

この記事を見ている人は以下の記事も見ています

-サッカー

Copyright© スポ観マニア , 2023 All Rights Reserved.