日本のテニス界は最高にエキサイティングだ!

テニスマニア1

大坂なおみ

大坂なおみvsチブルコバの対戦成績と試合開始日本時間は?

大坂なおみvsチブルコバの対戦成績を確認し、本日の試合が開始される日本時間を確認しましょう。
チブルコバのこれまでの実績もまとめました。

大坂なおみvsチブルコバの対戦成績

第3シードの大坂なおみ(世界ランキング7位)とドミニカ・チブルコバ(同30位)との2回戦は
9月19日(水)17:30開始予定となっています。
また、ライブ放送予定は、WOWOWのみとなっています。

大坂なおみvsチブルコバの対戦成績は、大坂が準優勝した2016年の初戦で対戦し、
ストレート勝ちしており、大坂の1戦1勝です。

09/21/2016 08:45 大坂なおみ - チブルコバ 2 : 0 (6 : 2) (6 : 1)

>

大坂なおみvsチブルコバの東レの試合時間は?

大坂なおみvsチブルコバは東レ2回戦で日本時間19日17:30開始予定となります。(日本時間といっても日本でやるのですが)

テニスはよく時間はずれるので注意。

テニスは順番にやっているので前の試合がすごく長引いたり、雨が降ったりすると延長したりしますのでご了承を。

[ad#co-3]

ドミニカ・チブルコバとは?

チブルコバはスロバキア出身の29歳で、2004年にプロデビューしています。
今大会の1回戦では、日比野菜緒を2-1で下して、2回戦進出とした。

チブルコバは、最高位シングルス4位(2017年3月20日)で、2014年全豪オープン準優勝、の実績を持っており、
怪我から復帰後の2016年のWTAツアーファイナルで、当時の世界1位のアンゲリク・ケルバーを破って
初のビッグタイトルを獲得しているなど豊富な実績を持っています。

小柄な体格だが、パワーヒッターとしていう評価が定着しています。
思い切りのいいフォアを繰り出し、調子が良い期間には素晴らしい成績を残します。

<最近の実績と調子>
年末ランキングは2016年5位、2017年26位となっており、最近はシングルには届いていません。
2016年2月27日 アカプルコ(メキシコ)  準優勝
2016年4月10日 カトヴィツェ(ポーランド)優勝
2016年5月6日 マドリード(スペイン) 準優勝
2016年6月25日 イーストボーン(イギリス)優勝
2016年10月1日 武漢(中国) 優勝
2016年10月16日 リンツ(オーストリア) 優勝
2016年10月30日 シンガポール 優勝
2017年8月26日 ニューヘイブン(アメリカ合衆国) 準優勝
2018年2月25日 ブダペスト(ハンガリー) 準優勝
2018年5月26日 ストラスブール(フランス)準優勝

調子の良かった2016年に較べて、2017年は準優勝1回と調子を落としており、
2018年はこれまで、準優勝2回と、優勝こそないものの昨年からの復活をはかっている状況です。

グランドスラム未勝利のため、全米OPを制した大坂には激しい闘志を燃やしており、
「いい試合をしたいし、とても楽しみ」と話しており、油断できません。

[ad#co-1]

チブルコバ戦へのネットの反応

これまでとは違い、大坂選手の対戦相手は誰もが、グランドスラム勝者を負かそうと、容赦なく全力で戦おうとしてくるから、これからが大変ですね。大坂選手、頑張って、応援してます。
初戦で負けたらシャレにならんぞ、
ハードスケジュール練習不足で大丈夫かな?
しょうがない。今回もネットで試合進行確認するわ。残念残念。
初戦でチブルコバか…厳しい試合が予想されるが、持ち前のパワー溢れるショットと正確なストロークで勝ってくれ!
最初からかなり本気モードで入らないと、足元を掬われかねない。頑張れ!!
ハッキリ言ってNaomi,Are You Ready?ダゼ★

出典:ヤフコメ
全米勝利後大騒ぎしすぎたのではとの反省もあり、日本のファンは期待より、不安の方が大きそうです。

まとめ

大坂なおみvsチブルコバの対戦成績をまとめ、と試合開始の日本時間をお知らせしました。

ランキング7位で、勝って当然と思われている点と、全米勝利後のフィーバーの影響が心配な点ですが、
持ち前のパワーと最近とみに進歩したメンタルの強さで乗り切ることを確信しています。

[ad#co-3] [clink url="http://tennismania1.com/wozniacki-ohsaka-record/"] [clink url="http://tennismania1.com/osaka-naomi-ppo-draw/"] [clink url="http://tennismania1.com/serena-naze-maketa-booing/"]

-大坂なおみ

Copyright© テニスマニア1 , 2019 All Rights Reserved.